ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?

「FX友の会 in 東京 2012」レポート(1)
安定的に勝てる人は安定的に負けている!?

2012年06月25日(月)12:04公開 (2012年06月25日(月)12:04更新)
ザイFX!編集部

一時4万円超えの「日経平均」や「NYダウ」、最高値更新の「金(ゴールド)」を少額から取引できる【CFD口座】を比較!

■今年も大盛況の「FX友の会」へ潜入!

 2012年6月9日(土)、シトシトと雨の降る中、東京新宿の某貸会議室で「FX友の会 in 東京 2012」が開催されました。

 ちなみに、昨年も雨でしたが…

【参考記事】
「FX友の会 in 東京 2011」レポート(1)ユーロをものすごくネガティブに見ている!

 さっそく会場に潜入!

 どど~ん! と来場者数は、140名くらい。雨などものともせず多くの参加者が集っていました。

 「FX友の会」世話人の奈那子さんいわく、会場の都合上、定員超の申込みを100名分ほど、泣く泣くお断りすることになったそうです。

 それにしても、すばらしい盛況ぶり! 開催ごとに参加希望者は増加しています。

■ところで「FX友の会」ってどんな会?

 冒頭、挨拶に立たれた「FX友の会」世話人の奈那子さんと“塾長”こと酒匂隆雄さんの第一声でなごやかにスタートした「FX友の会 in 東京 2012」。

 ところで、「FX友の会」って何? という方のために、少し「FX友の会」のはじまりについて紹介しましょう。

 「FX友の会」は、世話人の奈那子さんや“塾長”こと酒匂さんらが大好きなワインを堪能しながら、トレードやその他もろもろについて語り合うためにはじめた「オフ会」が発端

 奈那子さんの呼びかけで次第にその輪が大きくなり、現在の規模にいたったそうです。

【参考記事】
「FX友の会」世話人の奈那子さんに聞く(1)「一晩で300万円の大損」を乗り越えて…

 発端が「オフ会」ですから、会費は、講師も参加者もみ~んな自腹

 出席者は、ウン億円トレーダーや伝説のディーラー、南は沖縄在住者から北は北海道在住者、初心者や上級者、老若男女が入り乱れてさまざま。

 年齢、職業、居住地、トレードの経験値も異なる人たちが、「FX」という共通項をもとに、ともに学び合い、交流を深めるために集い合うのが「FX友の会」なんです。

 講師であっても参加者と気軽にコミュニケーションを取り、参加者同士もワキアイアイ。

 個人トレーダーが、たった1人でマーケットと向き合うのは、なかなか大変(汗)、かつ孤独な作業(涙)

 マーケットに泣き、マーケットに喜んだ経験を持つもの同士、それぞれの立場を越えて、想いを気軽に共有でき、さまざまな情報交換をしながらトレード仲間を増やしていける!

 これが「FX友の会」の大きな魅力と言えます。

■「FX友の会 in 東京 2012」のスケジュール

 さて、肝心の「FX友の会 in 東京 2012」では、いったいどんなことが行われていたのか、さっそく紹介しましょう!

 まず、前半で、特別講師によるセミナーが開催され、夜はフフフ懇親会が開催されるというもの。

フフフな懇親会後に、フフフフな二次会(?)やフフフフフな三次会(?)も開催されたようですが…

 「FX友の会 in 東京 2012」の大まかなスケジュールは以下のとおり。


1.専業トレーダー生活・考え方を視点転換でこんなにも収益UP
・ 個人投資家代表選手 おばらっちさん

初心者の為のオプション取引講座
・ 荻野金男さん 西原宏一さん
・ 司会:大橋ひろこさん

金融占星術 星の流れのようにスマートに波に乗ろう
・ 山中康司さん
・ 司会 : 叶内文子さん

みんなのボリンジャー楽しいFXのススメと為替落語
・ 佐野 裕さん

為替座談会と質疑応答色々
・ 酒匂さん 西原さん バカラ村さん 山中さん
・ 司会 : 奈那子さん はんぞさん

懇親会


 開会が午後1時で、懇親会が終了したのが午後9時頃。どうです? 大満足のたっぷりまる1日です。

 実際には、当日の会場のテンションを見極めつつ、少し内容が変更されたものもありましたが、全般的にとても興味深いお話でした。

 すべてお伝えすることが難しいため、ここではその一部を厳選してお届けします。

■トレードは、基本的に負けるもの!?

 はじめに登壇されたのは、専業トレーダーの「おばらっち」さん。

 順張りの短期トレードを得意とする「おばらっち」さんが、「『テクニカル』から『テクニ勘』へ 視点変更のススメ2」と題し、自身のトレード手法や考え方について、語ってくださいました。

 ちなみに、“テクニ勘(かん)”というのは、JFX社長・小林芳彦さんが使われている言葉だそうです。

【参考記事】
JFX・小林芳彦社長に聞く(1)「短期売買方針」がメチャ当たるって本当?

 意外にも、FXをはじめてまだ3年というおばらっちさんが、今回のセミナーで一貫して訴えていたのが、「基本的にトレードは負けるもの」ということ。

 これがわかるようになって、勝てるようになったんだそうです。いったいなぜ、おばらっちさんは、このように考えるようになったのでしょうか?

■安定的に利益を上げたいなら、確実な損切りを!

 安定的に利益を上げたいのは、みんな同じですが、なかなかうまくはいかないものですよね。

 実は、おばらっちさんもFXをはじめた当初は、ビギナーズラックのあと取引量を増やしたものの、損切りができずに大きく負けてしまったことがあるそうな…

「安定的に利益を上げているトレーダーは、みんな安定的に負けている」と言うおばらっちさん。

 手痛い洗礼を受けてからは、「基本的にトレードは負けるもの」という考え方をベースに、「トレードで大儲けは考えない」、さらに「トレードは確率論」という信念を掲げ、一定の取引ルールで、きちんと損切りをし、安定的に利益を上げることができるトレーダーになったそうです。

 おばらっちさんの信念を見習い、きちんと損切りをしながら、安定して利益を上げられるトレーダーを目指していきましょう。

■相場は心理戦だ! 「テクニ勘」を身につけよう

 さらに、これまでテクニカル分析に軸足を置いて、トレードに取り組んできたおばらっちさんは、今回の講演のテーマにもなっている「テクニ勘」の重要性について語っていました。

 相場は心理戦! ということで、テクニカル指標だけを見て、マーケットを見た気になってはいけない! と力説。

 チャートを見ながら、市場参加者の心の内を想像し、テクニカル分析の知識とあわせて「テクニ勘」を養っていくことが大切なんだそうです。

 このほかにも、負けている人の傾向として、「損切の幅が小さすぎること」「個々のトレード結果にとらわれすぎること」「トレードを反省し過ぎること」「上手に勝つことばかり考えていること」などを列挙。

 資金が底を尽き、選択の余地なくマーケットから退場! とならず、長く安定的に利益を上げていくためのヒントが、多く含まれているお話でしたよ!

「FX友の会 in 東京 2012」レポート(2)オプション取引の情報がFXに活かせる?」へつづく)

(取材・文/ザイFX!編集部・向井友代 撮影/和田佳久)

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
メキシコペソ比較 トルコリラスワップポイントランキング バイナリーオプション比較
メキシコペソ比較 トルコリラスワップポイントランキング バイナリーオプション比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る