ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ユーロはまた往って来い
でも今晩は材料少なくレンジ相場か

2012年10月02日(火)16:47公開 (2012年10月02日(火)16:47更新)
持田有紀子

【副業FXで勝つためのメルマガ】田向宏行さんのFXメルマガは儲かるのか? ダウ理論の転換トレードで検証したらこうなった!

 昨日はアジア時間でユーロドルがここ最近の安値を更新。1.2803までいってしまった。アジア時間では株安も進んだので、それを嫌気したリスク回避的なユーロ売りも出てきたものと思われる。中国の景況感指数も良くはなかったので、ますますリスクを取りにくい状況。

 それでも昼間にはムーディーズがスペインの緊縮策を評価するようなコメントも出ていたので、ユーロの下げは一服。欧州時間のスタートではかなりユーロの買い戻しが優勢な展開となって始まった。東京市場を見てしまった私を含めたアジア勢は、なかなかユーロドルの1.28台のミドルアッパーを買っていけない。

 ユーロのショートポジションも十分に溜まっていたせいもあってか、ユーロドルはあれよあれよという間に1.29台にまで戻してきた。とくに材料は出ていないようだ。スペイン国債も長期金利が劇的に低下しているわけでもない。

 弱く始まったはずの欧州株も、いつの間にか大幅高に転じている。グローベックスでの米国株も上値追いの姿勢を崩していないので、このような状況ではユーロ売りに励むわけにもいかない。アメリカのイベント待ちにするしかなさそうだ。

 エバンス総裁が追加緩和の余地ありとコメントしたことで、株高をともなってユーロ買いが強烈に入った。1.29台なのだから、前日の高値である1.2959あたりがターゲットとなる。私も1.2940を越えてきたら、そこをバックに売ってみようと思っている。しかし売ろうと思うと、なかなか上がらない~。23時のISM景況指数が予想を上回り、米国株がさらに急伸した。

 先週までの調整で下げた分を取り戻す勢いだ。すでに米国株は今年の最高値を狙う位置にまで戻したが、ユーロドルの上げは1.2930台まで。ユーロだけは高値警戒感が残っているようだ。もしくは先週末にかけて買い進んだユーロロングの逃げのオファーがかぶさっているのかもしれない。

 私は寝る前にもう一度相場を見たら、すでに1.29台を割りそうな感じのところだった。何もしないのはしゃくなので、1.2906で売って寝た。ストップ注文は1.2925で置いておく。20ポイント以上は耐えたくない。そのかわり利食いも30ポイントでいいと思ってのポジションだ!

 朝、起きて相場をチェックすると、ユーロドルは上もやっていない代わりに、下サイドもさほどやっていない。バーナンキが金融政策についてスピーチしたが、従来の内容と変わらないものだったので、相場に影響なし。

 ただ雇用の悪さを強調した点が目立って、そのため米国株は日中のほとんどすべてのゲインを吐き出した。それでもクロス円などに大きな売り圧力がかかることはなかったようだ。とりあえず早朝の1.2891で買い戻して、後に備える。

 ユーロドルもレンジ相場だと想定して、1.2850より下ではロングにしてみて、1.2920アッパーではショートにしてみるなどするしかなさそうだ。アジア時間にオーストラリア中銀が予想外に利下げに踏み切った。ちょうどユーロドルは1.2920近辺まで吹き上がってきたので、早速に作戦を実行してみた。

 今晩は極端にイベントが少ない。したがって欧州のスペイン債の利回りや、欧州初の要人発言でしかマーケットムーブは期待できそうもない。明日に出るADPや金曜日の雇用統計に向けて、あまり動きたくはないところだろう。


日本時間 16時30分

 

 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年4月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定5000円&オリジナルレポート

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引でもれなく限定5000円&オリジナルレポート!

link

ザイFX!限定で5000円!

セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]

マーケット情報充実!今ならザイFX!限定5000円がもらえるキャンペーン中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 トルコリラスワップポイントランキング 田向宏行
トレーディングビュー記事 トルコリラスワップポイントランキング 田向宏行
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る