ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

リスク回避ではじまったクリスマス・イブ、
米国市場の動向とクロス円を注視!

2012年12月24日(月)17:12公開 (2012年12月24日(月)17:12更新)
持田有紀子

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で4000円もらえる

 すでに海外市場ではクリスマスモードに入っている。だから大きな値動きは期待できないところだが、金曜日はユーロドルが意外にも深く差し込んだ。1.33台をやった後の下げ局面ではあるが、さすがに買いそびれたと思っているプレーヤーからのビッドもあるので、1.32台の前半あたりで揉むだろうと思っていた。

 しかしそのユーロドルは1.31台のミドルまで突っ込んだのだ。休暇前のポジション調整とはいえ、材料薄のなか、よくそこまで売りこんだものだ。アジア時間に財政の崖の問題で、議会の採決が延期されたというだけで、グローベックスの米国株は大幅安になったときでも、ユーロ売りは限定的だったのに…。多少はイタリアの政局も気になっているかもしれない。

 その売られたユーロも、ニューヨーククローズにかけては若干、買い戻された。それは市場の引けた後にオバマ大統領が会見をするからという理由だ。何か財政協議に進展でもあるとする期待の方が高くて、米国株も引けにかけて大きく買い戻された。ミニ・リスクテークとなって。ユーロドルもユーロ円も買い進まれたというのが実情だ。

 実際にクローズ後の会見では、オバマ大統領は残りの10日間も頑張るといった発言のみだった。記者の質問にも答えず、すぐに席を下がった。進展するのではないかとの根拠のない期待が相場の価格に織り込まれて週を終えた分、週明けの動きが気になるところだ。

 そして本日の早朝。為替相場はあまり変化がなかった。しかしアジア時間のグローベックスではオバマ期待で上げていた米国株の上昇分がすべて吐き出され、再び大幅安の領域に入ってきた。今晩はまともに動くのは米国市場の、しかも午前場までだろうが、そのリスク回避がどのように影響されるかが要注意である。


日本時間 17時00分
*祝日版*

 

おすすめFX会社
link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

特別に3000円と書籍『月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門改訂版』プレゼント!

link

現金がもらえる!

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

無料オンラインセミナーは初心者に人気!口座開設者向けキャンペーンも充実!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る