ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

田向宏行
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル円さらに安値を更新、
引き続き売り場を探すつもり

2013年04月02日(火)16:30公開 (2013年04月02日(火)16:30更新)
持田有紀子

ザイFX限定!口座開設&取引で最大10000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 昨日はアジア時間ですでにドル円は94円台を割り込んできて、その後はひたすら押しに押されて、欧州序盤には93.30あたりまで差し込んでいた。そして大きなリバンドもなし。確かに朝がたに出た日銀短観は予想よりも悪かったが、それでも前回分よりは改善している。中国の景況指数が悪かったのも、市場のリスク回避を促したのだろう。大胆な金融緩和をうたった黒田総裁の初めての金利会合を週の後半に控えているというのに、ドル円は下がる一方だ。確かに日本株も安かった。

 私としてはアジア時間に売っておいた94円台のドル円ショートがあった。自分が気にかけていた当初の利食いポイントである93.80も下回ってきて、93円台のミドルで停止している。利食いしないのだから、当然、ここは売り増しだろう。そうは思ったのだが、いかんせん、欧州勢がほとんど不在といってもよいくらい。ちょっとニューヨーク勢の反応待ちで構えることにした。

 しかし米国市場を前にドル円はやや上がってきた。突っ込んで売らなくて正解だったかもしれないが、利食いしていない分だけ、オリジナルのショートで損をしている。93.85とかまで戻っているのだから、いまさら買い戻すのもシャクだし、かといって何もアクションを起こさないのも不健全なので、買い戻しのロスカットは94.00で置いた。このまま上がってしまえば利食い損ねどころか、本物のロスになってしまう。

 アメリカの景況感も予想を下回った。これでドル売りも再開され、ようやく自分の利食い損ねたレベルまで落ちてきたので一安心。しかしすぐには欧州序盤につけた安値を更新してこなかった。まあ、一度は高いところへ持っていかれた、いわばラッキーなショートポジションでもあるので、とりあえず93.42で買い戻した。ユーロ円も120円ちょうどをはさんで神経質な動きをしている。また下がりはじめたら売り直せばよいだろうと考えて、しばらく様子見。見ているうちに緊張からの解放感からか、寝てしまった。

 結局、ニューヨーク時間ではドルは全面安で、そのまま安値引け。早朝のセッションでさらにドル売りが出で、ドル円も93.05まで差し込んだ。こういう形でズルズルと落ちてくると、昨日ドル円を買った人は94円台であっても困っているだろうし、その前だったらなおさらである。どうしても安くても売っていかないといけない場面だろう。私は再び93.22で売っていくことにした。ニューヨーク時間の午後に93.40あたりまで戻っているので、その辺が戻りの限界だろう。ストップ注文は93.45で置いておく。

 昨日の米国市場では景況感が悪くてドル安になった割には、米国株はあまり落ちていない。依然として今年の最高値圏に位置しているとも言える。だから株価が下がってリスク回避になるというシナリオは考えづらかった。それなのに東京オープンとともに日本株は急落して、そのためにドル円にも急激な売り圧力がかかった。日経先物が12000円の大台を割り込んでくると、ドル円も92円台に突入。

 しばらくは93円ちょうどをはさんでもんでいたが、大きくリバウンドすることもなかった。ランチタイムにもドル円の下押しが見られ、投げ売りも巻き込んで92.57まで下落した。私はそのステージでの最安値からは15ポイント戻ったら、そこで買い戻そうと思っていたので、戻ったところの92.74で買い戻した。形の上ではトレイリングストップと同じだ。しかしその後も93円台に戻せずにいる。

 今晩は大きな指標がない。それでもドル円がここまで下がってきたのだから、機械的な売りが出てこざるをえないだろう。海外市場ではドル円の安値ブレークはあるとみたほうがよさそうだ。後は売り場の問題である。このまま93円台にも乗せないと売り場探しは難しい。

 ドル円は93.40をバックにしてショートにしたいところだが、93.00もないとすると、あとは安値ブレークで追随売りするしかなさそうだ。92.50を下回ってくると、これで完全に3月での上昇分は消えたことになる。それほど木曜日の日銀会合では何も新奇なものは出てこないだろうというコンセンサスの現れかもしれない。


日本時間 16時10分


 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年4月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

ヒロセ通商[LION FX]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
田向宏行 トレーディングビュー記事 トルコリラスワップポイントランキング
田向宏行 トレーディングビュー記事 トルコリラスワップポイントランキング
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る