ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

半値戻しがワークしているドル円、
重要イベントも多く米国債の動向を注視

2013年06月25日(火)18:40公開 (2013年06月25日(火)18:40更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 昨日はアジア時間でドル円は98.70近くまで上げきった。これは誰もが注目していた戻り高値の位置である。5月22日のマーケットが変調を来した日の高値が103.72で、その後の最大の押し目が今月13日の93.79である。そのちょうど半値戻しのレベルが98.75なので、ちょうど良い場所で止まったことになる。

 私のようなどこかでドル円を売っておきたいと思っている人にとっては、いずれは上抜けするにしても、一度目はぜひとも売り込んでおきたい場所である。買い戻しのストップ注文は98.80と置きやすいので、あとはいかに引きつけるかだけである。

 朝がたは98円台の前半でいたものが、ほとんど押し目もなく上がってきたので、売るのは怖い。それでも98.50アッパーから私は売っていった。98.80でロスカットするのだから、ナンピンもありである。さらに上がってきても、98.60と98.70で売る。ナンピン売りの注文が来なければ来ないで、それはストップ注文がつかないということだから、それでもよい。

 結果的には98.69までだった。アジア時間の終盤には98.50を下回ってきたので、98.35で反分だけ買い戻した。これは98.60で売った分の利食いのつもりだが、そんなことはマーケットには関係ない。また上がってきたら売るだけのことだ。しかし欧州序盤ではドル円が下攻め。いともあっさりと97円台に突入した。スモールではあるがドル円のショートは持ってはいるが、半分やめている。そして売り直しができていない。

 嬉しいやら、悲しいやら、ちょっと複雑な気持ちだ。しばらくは98.00をはさんでの動きに徹していたので、とりあえず私は97.91で買い戻すことにした。というのも米国債が急落を始めており、長期金利の上昇を理由にしたドル買いが出てくると思えたからだ。短期金利ならばわかるが、長期金利の上昇は直接にドル買いに結びつくわけではないと思っているのだが。

 アメリカの長期金利の急上昇は、先週来からの顕著な出来事である。これでマーケットの不安定さが増し、それによってリスク回避が促される。米国株も大幅に下落を繰り返しているのも、そのひとつの現れだ。米国株はオープン自体も大幅安だったが、それからもさらに安値模索。

 ドル円は97円台の前半まで簡単に押し込まれて、ネクスト外部要因の変化を待っている感じとなった。結局、FED要人たちの発言もあって、米国債は底打ちして反転。米国株も戻ってきたので、ニューヨーククローズ時ではリスクオフの姿勢はかなり薄らいだようだ。

 そして本日は朝からドル円は強かった。98円台乗せを目指して、本邦勢の買いがやまない。昼前に98円台になどか乗せたりしたが、やはり昨日の値動きからみてもシコリの取れるまでには至らなかったようだ。私も98円台のミドルといわずに98.00あたりからでも売っていこうかと考えたが、ちょっと事務作業をしていたら売りそびれてしまった…。

 昼過ぎにはグローベックスでの米国株が急落し、それを契機にドル売りが連発してドル円も再度の降下。なかなか98円台で売らせてはくれない~(涙)。欧州時間にはいると、ドル円はさらに売られて96円台も見ることに。

 今晩は住宅関連や景況感のデータなど、金利動向を左右する経済指標がたくさん出る。それに一喜一憂するよりも、注目度を集めている米国債の値動きが要ウオッチだ。昨日はニューヨーク序盤に急落したが、その後はものの見事にフルポイントも戻しており、ちょっと売り込みづらい形をしている。

そ れでも米国債が再び安値攻めを始めるようであれば、かなり大きなリスク回避が期待できる。そのときはレベルに関係なくドル円を売っていこう。昨日の同じようにニューヨーク時間の午前中が見どころとなる。


日本時間 18時00分
 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年4月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で最大10000円!

トレイダーズ証券[みんなのFX]

最短当日取引可能!ザイFX!限定キャンペーン実施中のみんなのFX!

link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

当サイトからの口座申込者限定!条件達成で特別に3000円プレゼント!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 バイナリーオプション比較 CFD口座おすすめ比較
jfx記事 バイナリーオプション比較 CFD口座おすすめ比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る