ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
FXトレーダー(FX投資家)の取引手法を公開!

美女トレーダーがFXで勝ち残る理由とは?
1日2~3時間のトレードで収益を生む方法

2013年07月01日(月)12:41公開 (2013年07月02日(火)12:41更新)
ザイFX!編集部

「超有名美女トレーダーはRCIの3本使いでアベノミクス円安でも大儲けしていた!」からつづく)

進化を続ける万友美さんの今のチャートは?

前回は、RCIの革新的な使い方を教えてくれた鳥居万友美さん。多くの有名トレーダーが出現するが、なかにはいつの間にか消えてしまう人も少なくないFX界。そんななか、万友美さんが勝ち残っているのは、トレードの技量がしっかりしていて、しかも日々の研究を怠らないからなのだろう。

【参考記事】
超有名美女トレーダーはRCIの3本使いでアベノミクス円安でも大儲けしていた!

 万友美さんが今、どんなトレードを行っているのか。前回はRCIに焦点を絞って教えてもらったが、万友美さんが見ているのはRCIだけじゃない。

 「普段はボリンジャーバンドと移動平均線、RSIもチャートに表示させています」

 そう言って見せてくれた万友美さんのチャートは、こんな感じ。

万友美さんのチャート(クリックで拡大)

(出所:MetaQuotes Software社のメタトレーダー)

手は抜いてないけれど…トレード時間は、1日2~3時間

 このチャートをもとに分析を進めていくのだが、現在のトレード時間はだいたい1日2~3時間と思ったよりも少なめ。これは、手を抜いているからじゃなくって、「万友美スタイル」を確立しているから。

 そのスタイル、トレード時間が限られた兼業トレーダーにはとても参考になりそう。

 「週末にまとめて分析をします。月足や週足のチャートを中心に、RCIやボリンジャーバンドの位置や形を見て、翌週のおおよその戦略を立てておくんです」

 「『三重底だから、短期RCIが上に上がってきたら買いたいな』とか、『三角保ち合いになっているから、ブレイクしたらついていこう』とか。注目通貨ペアを3つくらいピックアップしておくんです」

 値動きが止まっていて、時間にも余裕がある週末の間に、「こうなったらエントリーしよう」とおおよその戦略を立てておく。そうすれば、何かと忙しいウィークデーでも、戦略に沿ってチャートが動いたかどうかを確認するだけで済むので、チャートの分析時間を大きく短縮できるワケだ。

万友美さんが取材に持ってきてくれた週末の戦略ノート

1トレード最低3枚のチャートをメモとともに残す

 万友美さんといえば、ノートを主題にした著書(※)も出しているほど記録付けに熱心なトレーダー。もちろん日々のトレードの記録は今も残している。

 「エントリーしたとき・その後の経過・決済したとき、1トレードで最低3枚はチャートのスクリーンショットを撮って、メモとともに残しています。調子が悪いときには『わたし、どんなトレードが得意なんだっけ?』と見返してみたり。振り返りと反省をしないと負け続けてしまうだけだと思うので…」

 チャートのスクリーンショットを残すだけだと、あとで見返してみても、どこでエントリーして、どこで決済したのかを忘れてしまい役に立たないので、必ずメモ書きを。

(編集部注:『月100万円儲ける私のFXノート』(ダイヤモンド社)のこと)

1トレードで最低3枚はチャートのスクリーンショットを撮って、メモとともに残すそう。調子が悪いときには、振り返りにも使える

万友美さんが勝ち残っている理由は?

 では、チャートの分析方法に話を戻そう。

 ただ、最初に教えてもらったチャートを万友美さんがどう使っているのか、それを全部、説明しているととても大変なので、詳細は、万友美さんの最新書籍『FXで月100万円稼ぐ私の方法』(ダイヤモンド社、税込1365円)をご覧いただきたい。

⇒Amazon.co.jpで『FXで月100万円稼ぐ私の方法』を見る

 「以前は、5分足での逆張りをよくやっていたんですが、最近は順張りメインで、時間も前よりずっと長め。数日程度のスウィングトレードが中心です。

 5分足でトレードをしていると1日の収支で負けたくなくて、無理なトレードをしてしまう。そんな自分の性格がわかってきたので、今はもう少しのんびりやっています」

不労所得の「スワップ口座」と収益源の「トレード口座」

万友美さんの口座は2つ。「トレード口座」と「スワップ口座」だ。スワップ口座といっても、外貨預金的なスワップ金利狙いというよりは、もう少し短め。数カ月単位での長期スウィングトレードのイメージだ。

 現在は、世界的な低金利でスワップ金利に期待できないけれど、後々の金利回復を見越して、スワップ金利が有利なFX口座を選んでおくと良いかも。

【参考コンテンツ】
FX会社徹底比較!:スワップ金利で比べる
FX会社徹底比較!:スワップ金利で比べる:豪ドル/円のスワップ金利が多い順

 「資金的にはスワップ口座70%、トレード口座30%くらいに分けています。ただ収益のメインは、トレード口座の方。スワップ口座は『不労所得』くらいに考えて、レバレッジも3倍くらいまでに抑えています」

前回は月足の話が中心だったが、スワップ口座の方の話でもあったわけだ。今回取り上げるのは、もっと短い、数日程度で決済する「トレード口座」の考え方になる。

【参考記事】
超有名美女トレーダーはRCIの3本使いでアベノミクス円安でも大儲けしていた!

「週末戦略」をウィークデーにチェック!

 万友美さんが今回、教えてくれたのは、英ポンド/米ドルのトレード。

英ポンド/米ドル エントリー時のチャート(クリックで拡大)

(出所:MetaQuotes Software社のメタトレーダー)

 「このときは、週末の分析で売り目線で見ていました。1時間足を見ると、移動平均線で抑えられている動きがあったんです。

 前回も2回、同じ移動平均線で抑えられていたので(図の1)、今回もそうなるかもなって思いながら、5分足を見ると、ボリンジャーバンドの3σを超えるほど大きな長い上ヒゲが出ていたので(図の2)、売りです」

週末に長い足(月足や週足のチャート中心)のトレンドを見て戦略を立案→日足、4時間足、1時間足といった短い足で日々の値動きを見てエントリーを判断する、というのが基本的な流れ。

 複数の通貨ペアで複数の時間足を見るのは時間がかかるが、週末のうちに「今週の重点チェック通貨ペア」を決めているから、さほど時間はかからない。

王道的な分析こそ儲けの近道かも!?

 「決済の判断は主にRCIでした。日足の短期RCIが底まで降りてきて三重底になったのと(図の3)、ローソク足もボリンジャーバンドの3σにタッチしていたこと(図の4)、それに1時間足でも長い下ヒゲ陰線が出て、RCIが三重底になっていた(図の5)ので決済しました」

英ポンド/米ドル 決済時のチャート(クリックで拡大)

(出所:MetaQuotes Software社のメタトレーダー)

 複数のテクニカル指標を複数の時間足で確認していくやり方は王道的。「こうなったらこう!」みたいな必殺技じゃないかもしれないけれど、コツコツと記録をつけて、王道的な分析でトレードを進めていくことこそ、儲けの近道なのかも。

 万友美さんっていうと、その美貌にばかり目を奪われそうだけど、本当に美しいのは、万友美さんのトレード術なのだ。

(取材・文/ミドルマン・高城泰 撮影/和田佳久)

【2022年5月最新版】

FX初心者におすすめのFX会社はココだ!

■少額から取引できる「最低取引単位が小さい、おすすめのFX会社」!

SBI FXトレード⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.09銭
(1~1000通貨の場合。例外あり)
0.30銭
(1~1000通貨の場合。例外あり)
0.19pips
(1~1000通貨の場合。例外あり)
34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
SBI FXトレードは、全34通貨ペアを「1通貨単位」で取引できるのが最大の特徴。1000通貨以下の注文量なら、スプレッドはFXの業界の中でもっとも狭いので、1000通貨以下の取引量がメインの投資家は絶対に持っておきたい口座だ。情報コンテンツやサポートツールも充実していて、オリコンの顧客満足度調査(FX取引・初心者部門)で3年連続の1位を獲得しているのも納得。ネット証券最大手のSBI証券と同じ、SBIホールディングス(東証一部上場)のFX専業会社なので、信頼性も抜群。
【SBI FXトレードの関連記事】
【SBI FXトレードの特徴やおすすめポイントを解説!】「1通貨単位」での少額取引が可能な数少ないFX会社で、主要通貨ペアの1~1000通貨取引のスプレッドは業界最狭水準!
「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレード▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
SBI FXトレードの公式サイト

MATSUI FX(松井証券)⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.2~
1.6銭
0.5銭
原則固定
0.4pips
原則固定
20ペア
【MATSUI FX(松井証券)のおすすめポイント】
「MATSUI FX」は、全20通貨ペアの最低取引単位が「1通貨」なので、究極の少額取引が可能。主要通貨ペアのスプレッドは業界最狭水準で、取引コストも抑えられる。夕方以降の為替相場の見通しを動画で解説する「FXイブニングニュース」、経済指標の結果や為替レートの急変、売買シグナルの通知をLINEの公式アカウントから受け取れるサービスも魅力。レバレッジを4種類(25倍・10倍・5倍・1倍)のコースから選択できるなど、FX初心者も安心して取引できる環境が整っている。
【MATSUI FX(松井証券)の関連記事】
【MATSUI FX(松井証券)の特徴やおすすめポイントを解説!】「1通貨単位」の取引が可能で、スプレッドも業界最狭水準。大手証券のサービスで安心感もあり、FX初心者におすすめ!
「MATSUI FX(松井証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼MATSUI FX(松井証券)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
MATSUI FX(松井証券)の公式サイト

パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
100通貨 0.0銭
原則固定
(ただし、取引数量に
よって変化)
0.0銭
原則固定
(ただし、取引数量に
よって変化)
~5/14までのキャンペーン
0.1pips
原則固定
(ただし、取引数量に
よって変化)
~5/14までのキャンペーン
18ペア
【パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)のおすすめポイント】
「パートナーズFX nano」は、主要通貨ペアのスプレッドが非常に狭く、取り扱うすべての通貨ペアを「100通貨」単位で取引できるのが最大の特徴。米ドル/円は3万通貨までの取引量ならスプレッドが「0.0銭原則固定」なので、コストがまったくかからず取引できるという特徴もある。チャートを見ながらワンクリックで注文が出せる「クイック発注ボード」や、高機能ながら操作がわかりやすい取引ツールも魅力。初めてのFX口座としてもおすすめ。
【パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の関連記事】
【パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の特徴やおすすめポイントを解説!】「100通貨単位」の少額取引が可能なFX初心者におすすめのFX会社! スプレッドも業界最狭水準、東証1部上場企業の安心感も魅力!
「パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の公式サイト

■スプレッドが狭くて「取引コストが安い、おすすめのFX会社」!

 米ドル/円

SBI FXトレード⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.09銭
(1~1000通貨の場合。例外あり)
0.30銭
(1~1000通貨の場合。例外あり)
0.19pips
(1~1000通貨の場合。例外あり)
34ペア 1通貨
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
SBI FXトレードは、全34通貨ペアを「1通貨単位」で取引できるのが最大の特徴。1000通貨以下の注文量なら、スプレッドはFXの業界の中でもっとも狭いので、1000通貨以下の取引量がメインの投資家は絶対に持っておきたい口座だ。情報コンテンツやサポートツールも充実していて、オリコンの顧客満足度調査(FX取引・初心者部門)で3年連続の1位を獲得しているのも納得。ネット証券最大手のSBI証券と同じ、SBIホールディングス(東証一部上場)のFX専業会社なので、信頼性も抜群。
【SBI FXトレードの関連記事】
【SBI FXトレードの特徴やおすすめポイントを解説!】「1通貨単位」での少額取引が可能な数少ないFX会社で、主要通貨ペアの1~1000通貨取引のスプレッドは業界最狭水準!
「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレード▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
SBI FXトレードの公式サイト

FXネオ(GMOクリック証券)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭
原則固定
0.5銭
原則固定
0.4pips
原則固定
20ペア 1万通貨
(※南アランド/円など2通貨ペアは10万通貨)
【FXネオ(GMOクリック証券)のおすすめポイント】
「FXネオ」は、2020年と2021年のFX年間取引高が世界第1位、日本国内では2012年から10年連続で第1位(※)と、まさにFX業界を代表する口座。主要通貨ペアのスプレッドは業界最狭水準で、多くのFX投資家から高い評価を得ている高機能な取引ツールも人気の理由だ。東証一部上場企業・GMOインターネット株式会社のグループ会社という、高い信頼性と安心感もポイント。(※ともにファイナンス・マグネイト社調べ)
【FXネオ(GMOクリック証券)の関連記事】
「FXネオ(GMOクリック証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼FXネオ(GMOクリック証券)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
FXネオ(GMOクリック証券)の公式サイト

LINE FX(LINE証券)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
0.3銭
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
~7/2までのキャンペーン
0.3pips
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
~7/2までのキャンペーン
23ペア 1000通貨
【LINE FX(LINE証券)のおすすめポイント】
「LINE FX」は、全23通貨ペアを「1000通貨」単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できるのが最大の魅力。LINEアカウントとの連携で為替レートの急変や重要経済指標の結果などが即時に届く情報提供サービス、AIチャットを使った問い合わせサポートなどもFX初心者には嬉しいポイント。パソコンからの取引も可能だが、スマホ取引を徹底的に意識したサービス内容なので、スマホを使った取引をメインに考えている人におすすめ
【LINE FX(LINE証券)の関連記事】
【LINE FX(LINE証券)の特徴やおすすめポイントを解説!】「LINE」と連携した情報収集&スマホ取引が便利なうえ、スプレッドは業界最狭水準でFX初心者におすすめのFX口座!
「LINE FX(LINE証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼LINE FX(LINE証券)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
LINE FX(LINE証券)の公式サイト
 ユーロ/米ドル

LION FX(ヒロセ通商)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~
1.9銭
0.4~
4.4銭
0.3pips
原則固定
~5/28までのキャンペーン
51ペア 1000通貨
(※ノルウェークローネ/円など5通貨ペアは1万通貨、ハンガリーフォリント/円は10万通貨)
【LION FX(ヒロセ通商)のおすすめポイント】
「LION FX」は、最低取引単位が「1000通貨」、業界最狭水準のスプレッドに51種類の豊富な通貨ペアと、高いスペックで初心者にもやさしい口座。27種類の多彩な注文方法、取引環境に応じて選べる豊富な取引ツール、FX業界ではおなじみの趣向を凝らしたグルメキャンペーン、過去の取引からトレーダーのクセを分析して視覚化してくれる機能など、充実したサービスも人気の理由だ。JASDAQの上場企業で、国際的な社会貢献活動にも力を入れている。
【LION FX(ヒロセ通商)の関連記事】
【LION FX(ヒロセ通商)の特徴やおすすめポイントを解説!】業界最狭水準のスプレッド、51種類の豊富な通貨ペアに加えてグルメキャンペーンも充実していて、総合力はトップクラス!
「LION FX(ヒロセ通商)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼LION FX(ヒロセ通商)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
LION FX(ヒロセ通商)の公式サイト

MATRIX TRADER(JFX)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~
1.9銭
0.4~
4.4銭
0.3pips
原則固定
(9-27時)
~5/28までのキャンペーン
38ペア 1000通貨
(※ノルウェークローネ/円など4通貨ペアは1万通貨)
【MATRIX TRADER(JFX)のおすすめポイント】
「MATRIX TRADER」は、最低取引単位が「1000通貨」、業界最狭水準のスプレッド、新興国通貨のスワップポイントの高さで人気の口座。約定力が高く、スキャルピングや連打注文を容認するほどの優れた取引環境もポイント。ツイッターのフォロワー数が10万人を突破した、元為替ディーラー・小林芳彦社長の配信する短期売買方針は当たると評判。ロイターの経済指標速報がほぼリアルタイムで配信されるなど、情報サービス面の充実ぶりもFX初心者には心強い。ヒロセ通商の完全子会社で、グルメキャンペーンも充実している。
【MATRIX TRADER(JFX)の関連記事】
【MATRIX TRADER(JFX)の特徴やおすすめポイントを解説!】「狭いスプレッド」と「高い約定力」で、超短期売買も可能! FX初心者にも役立つ「会員限定コンテンツ」も充実のFX会社!
「MATRIX TRADER(JFX)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼MATRIX TRADER(JFX)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
MATRIX TRADER(JFX)の公式サイト

外貨ネクストネオ(外為どっとコム)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
非公開 0.4銭
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
~6/4までのキャンペーン
0.3pips
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
~6/4までのキャンペーン
30ペア 1000通貨
(※ロシアルーブル/円は1万通貨)
【外貨ネクストネオ(外為どっとコム)のおすすめポイント】
「外貨ネクストネオ」は、最低取引単位が「1000通貨」、主要通貨ペアを業界トップ水準のスプレッドで取引できるのが魅力。速報系のマーケットニュースや、オリジナルの学習コンテンツが豊富なので、FXの情報を収集するために作っておいて損はない口座だ。「外貨ネクストネオ」で取引している投資家の注文状況がわかる「外為注文情報」、ポジションを決済せずにスワップポイントを引き出せる機能など、便利なサービスも充実している。
【外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の関連記事】
「外貨ネクストネオ(外為どっとコム)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼外貨ネクストネオ(外為どっとコム)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の公式サイト

※本コンテンツの調査対象は法人口座ではなく、すべて個人口座となっています。
※サービス内容は当社が独自に調査したものです。正確な情報を提供するよう努めておりますが、詳細は各FX会社にお問い合わせください。

おすすめFX会社
link

使いやすい取引環境の【LIGHT FX】

トレイダーズ証券[LIGHT FX]

ザイFX!限定で3000円がもらえるおトクな口座開設キャンペーン実施中!

link

初心者でも安心の少額取引!

SBI FXトレード

少額1通貨単位から取引ができるSBI FXトレード!ザイFX!限定キャンペーン中!

【全41口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較!
FX会社のiPhone対応を徹底比較!
システムトレード(シストレ)口座を徹底比較!
NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!
メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
JFX[MATRIX TRADER] 外為どっとコム[外貨ネクストネオ] 外貨ex byGMO[外貨ex]
JFX[MATRIX TRADER] 外為どっとコム[外貨ネクストネオ] 外貨ex byGMO[外貨ex]
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る