ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

太田忠
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

テーパリング観測が急速に後退、
私もドル売りスタンスをキープ

2013年10月21日(月)17:14公開 (2013年10月21日(月)17:14更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 ユーロドルが際立って高くなってきた。1.36台の後半である。今年の高値は2月につけた1.3710なので、もう射程距離に入っている。これはドル円の動きを見てもわかる通りに、明らかにドル安が原因となっている。アメリカの財政問題がクリアされて、もうちょっとドルの復権があってもよいかなと思われてもいたのに、このドル安。やはり財政問題はどうせなんとかなるくらいに楽観視されていたのだから、その反動でドルが上がるというのも無理な話だったのだろう。

 それよりもここ2週間くらいでは米国債の価格上昇が際立っている。つまり利回りの低下だ。9月のFOMCに向かって利回りが上昇し続け、8月末には10年債の利回りは3.0%までつけて驚愕させていたのに、それが2.5%台にまで低下してきている。これはいうまでもなく緩和縮小が遠のいたとする観測が強まったからに他ならない。

 9月のFOMCでバーナンキ議長が「もっと雇用回復の証拠」を欲しがったのが第一。雇用に関するデータは遅行指標なので、緩和継続をしたからといってそう簡単には結果に現れない。それで今年一杯の緩和縮小もないな、という観測が浮上した。次にイエレン氏の議長就任である。彼女は雇用問題にかなり神経質な人だから、そう簡単には利上げに転じることはないのはもちろんだが、よりタイトな条件下でしかテイパリングは実行できないだろうという思惑が先立つ。それだけハト派なのだ。

 そして最後に今回の政府機関のシャットダウンの影響である。おかげで今月発表分は延期され、22日に出ることになった。そんなに遅れて出てくる数字にはマーケットは関心ないし、実際に出てきても相場は反応しないだろう。だから次の11月発表分に期待が集まるかというと、そうでもない。これすらも1日の金曜日発表は間に合わなくて、8日に延期されることとなった。それだけでも興覚めだが、この11月発表分はシャットダウンの影響もあって、やはり悪いものが出るだろうと予想されている。

 だとしたら悪化したデータを見ても、本当はどのくらい悪いのか判断するのに困る。ということは金融マーケットでは額面通りに反応しないということになる。だから関心も薄くなることは避けられない。じゃあ12月発表分は信頼性の高いものになるのかというと、それも怪しい。こういう理屈で12月FOMCでの緩和縮小はなくなったと見る向きは俄然、多くなった。

 当分は緩和縮小のほうには動きそうもないとなると、いままで「来年の半ばまでには緩和を停止する」と思われていたことも、さらに先延ばしになる。2014年を通しても、緩和は継続される可能性も高くなってきたということだ。そして先日出てきたベージュブックでは、「横ばい」か「下向き」という地区が多くなってきている。これまでは「回復」とか「やや上向き」という地区が半分以上、あったのに…。これがますます緩和継続の根拠を提供することとなっている。

 私も依然、ユーロドルの高値トライの方向で勤しんでいる。しかし先週の金曜日のユーロドルは高いには高いのだが、レンジ幅が40ポイントほどしかなかった。超短期ポジションで、10ポイントも抜けない状態が何度も続いた。しかし腰は強いので、急激にアゲインストになるという局面も少なかった。まあリスクとリターンのバランスは保たれている。ユーロドルは1.37台にも乗せてきたが、2月につけた今年の最高値にはちょっと届かず。

 ドル円のショート攻めでもいいのだが、なにしろ突っ込みが浅い。その上、東京時間などではメクリ上げられてしまう。本日の東京市場でもいつの間にか98円台に戻してはまた垂れてを繰り返していた。今日はたいしたショートカバーではなかったが、こういうところが実は売り場だったりするのだろう(笑)。


日本時間 15時20分

 

外貨ex byGMO[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る