ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

クロス円全面高の週明け、
リスク姿勢強まるか海外市場を注視

2013年12月09日(月)16:33公開 (2013年12月09日(月)16:33更新)
持田有紀子

【副業FXで勝つためのメルマガ】田向宏行さんのFXメルマガは儲かるのか? ダウ理論の転換トレードで検証したらこうなった!

 金曜日は雇用統計だった。発表までは様子見が続くのかと思われたが、すでにアジア時間でも雇用が改善されているのではないかとの観測が強まったせいか、リスクテークが進んだ。前日のニューヨーククローズで日経先物は15060円あたりで安値引けしていたのに、それが東京オープンからは切り返し。海外市場の流れをフォローしない、日本人だけの取り組みであった。

 ドル円も101.65あたりで始まっていたが、リスク許容度の回復とともに次第に上昇。アジア時間の終わりにかけて102円台を回復し、リスクフルの状態で夜の雇用統計待ちとなった。私としては夜まで動かないと思っていたので、アジア時間は手を出し損ねた。

 欧州時間は完全に様子見だが、それでもややドル高が進んだ。アメリカの長期金利もやや高い。雇用の結果が良くて、それゆえに12月のテイパリングを織り込みにいっているようだ。欧州序盤からクロス円も上がってきて、ユーロ円は139円台の後半まで戻ってきた。先日、140円ちょうどでの振り落しがあった分だけ、このゾーンでのユーロ円はかなりのシコリによって抵抗するものと考えられる。

 そして雇用統計が良ければ、それに歩を合わせて上方ブレークに至るのかもしれない。いずれにしてもユーロ円を売るのも買うのも、この140円をはさんだ今が絶好なのだろう。139.72でまずは売ってみた。これはテクニカル的な理由から。先日の高値である140.03を越えたら倍返しということで、140.50でド転の買いストップ注文を置いておいた。

 発表直前のレベルは、ドル円は102.30まで上がってきたところ。ユーロ円も高くて、1390.80を触っている。ナイトセッションでの日経先物も15400円を触っており、朝の水準からは300円以上も上昇。グローベックスでの米国株も値動きは鈍いが、高値圏を維持。

 結果は就業者数が20万人を越える増加。なんと失業率は7.0%だった。最初に反応したのは、米国債。やはりテイパリングありということで国債価格は急落。長期金利の上昇でドル買いも。ドル円は102.70あたりまで急上昇し、ユーロドルも40ポイントほど下がった。ドルの全面高で進んでおり、株価はハッキリとしない。

 雇用の改善が景気に対してプラスだと考えれば株買い材料なのだが、緩和縮小が早期に始まるとすると株売り材料にもなる。株価の行方がはっきりしない。ユーロ円は着実に上がってきて140円台に乗せてきた。そして私のユーロ円は損切りさせられて、ロング転することになった。

 ユーロ―円は140.07あたりまで高値を更新したが、そこまで。全員がロングにしたいところでもある。そこでポジションの偏りも出てくるはずだ。せっかくロング転したのに、ユーロ円は139.70あたりまで反落。その間、米国債が反発模様になっていた。テイパリングを期待している以上は、債券相場の上昇は好もしくない相場の流れの変化を意味するからだ。

 ドルの全面高で反応したファーストアクションだったが、ユーロドルが切り返しはじめた。雇用統計の出る前の水準まで逆戻り。やはり債券相場が元に戻ったのが効いているのだろう。それにつれてユーロ円も再び騰勢を強めてきた。今度のユーロ円は140円台のミドルまで上昇。私はショートでヤラれたことだし、さっきまでロングもイマイチだったので、ここは利食い千人力ということで140.42でロングポジションをクローズ。

 その後はミシガン大学が良かったことなども手伝って、ユーロ円は一段高。米国株が大幅上昇に向かったこともあり、リスクの観点からもユーロ円は141円台まで見ることになった。そしてそのまま高値圏での終了。

 週明けは先週からの流れを引き継いでスタート。早朝からクロス円が高い。ドル円も103円台に乗せてきた。グローベックスでも米国株は金曜日の高値を越えて始まって、ややリスクテークが先行。しかしリスクテークが一巡すると、やや警戒感も強まってきた。ドル円の103円台はやはり重いのか。これは欧州時間にかけての挙動を見極めたいところ。

日本時間 16時10分


 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 ヒロセ通商「LION FX」
ヒロセ通商「LION FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(10-28時)
0.3pips原則固定 1000通貨 54ペア
【ヒロセ通商「LION FX」のおすすめポイント】
54種類の豊富な通貨ペア、取引環境にあわせて選べる取引ツール、主要通貨ペアのスプレッドの狭さなどの優れた基本スペックに加え、毎月趣向を凝らした多彩な食品がプレゼントされるキャンペーンも人気のFX口座です。経済指標の速報をリアルタイムで知らせてくれる、「ロイター経済指標速報」を無料で使えるのも魅力です。
【ヒロセ通商「LION FX」の関連記事】
■ヒロセ通商「LION FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼ヒロセ通商「LION FX」▼
ヒロセ通商「LION FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年5月21日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
バイナリーオプション比較 トルコリラスワップポイントランキング CFD口座おすすめ比較
バイナリーオプション比較 トルコリラスワップポイントランキング CFD口座おすすめ比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る