ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

注目度低かったがCPIでドル全面高、
FOMCから参戦のつもり

2014年06月18日(水)16:29公開 (2014年06月18日(水)16:29更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日の欧州序盤では、ドル円は102円ちょうどあたりでいつものポジション。ユーロドルは1.3550アッパーであった。ユーロドルは下攻めを何回もやっているが、雇用統計の直後につけた安値である1.3502はブレークできないでいて、その後は必ず50ポイント以上も跳ね返されている。

 それは同じく欧州通貨という意味でのポンド高が、間接的なユーロの支えにもなっているのだろう。ポンドドルは1.70ちょうど台を目指しており、確かに先日タッチはしたが、そのあたりをレジスタンスとしながらも高値張り付きをしている。

 昨日の欧州時間ではユーロドルの安値攻めで始まらなかった。さすがに同じパターンを繰り返しているので、ユーロドルの1.3520ビローでは一度は買ってみるという行動を取らざるをえない。私も先週から何度もやっている作戦だ。最初はテクニカル的にサポートの手前ということで押し目買いに励んでいる積りであったものが、今となっては買い場となっている感がある。

 ドイツの景況感が悪かったにも関わらず、ユーロの下げはその瞬間だけで、すぐにユーロにはショートカバーが入った。深押ししないユーロドルにはあまり興味がない。ちょっと流れが変わってきたのは、アメリカの経済指標からである。

 ここ最近、注目度の薄いCPIだった。同時に出た住宅着工件数の方が注目度は高かったのに、である。CPIのデータが高めに出たのだ。翌日にFOMCの結果発表を控えていたからでもあろうが、マーケットは過敏に反応した。インフレ指標が高いのだから、利上げ時期は早まるのではないかとの観測が強まったのだ。

 確かに米ドルの短期金利の先物価格にも顕著に反映されていた。値幅は大きくはないが、ドルが全面高に。ドル円もユーロドルも30ポイントほどのドル高に動いていった。この日はユーロドルの下攻めはもうないのかと思ってガッカリしていたのに、このドル高の動きにしたがって、ユーロドルは1.3550を下回ってきて、安値攻め。

 私も1.3520にとりあえずビッドを並べて様子を見たが、1.3530あたりまでだった。ユーロロングにはできなかったが、よくもこんなレベルまでご丁寧に下がってきたなあ、と感心した。

 さて今晩はFOMC待ちになるだろう。要するに動かなくなるということだ。私も早めに寝て、夜中の3時前に起きて、サッカーの試合を見ながらFOMCで参戦しようと思う。かといってFOMCにさしたる期待はしていない。

 ただFOMCのアクションが予想通りだったということで、米国株などが安心感から上伸するようなことがあったら、その際にはドル円かユーロ円でも買っていってみようと思っている。

日本時間 16時00分

 

おすすめFX会社
link

使いやすい取引環境の【LIGHT FX】

トレイダーズ証券[LIGHT FX]

ザイFX!限定で3000円がもらえるおトクな口座開設キャンペーン実施中!

link

ザイFX!限定で5000円!

トレイダーズ証券[みんなのFX]

最短当日取引可能!ザイFX!限定キャンペーン実施中のみんなのFX!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る