ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

びっくり米GDPでもドル安は限定的、
依然としてボックス圏での動きか

2014年06月26日(木)15:27公開 (2014年06月26日(木)15:27更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 昨日の欧州時間では為替相場は動かなかった。ドル円は101円台の後半に張り付いており、いつものレンジ、すなわち101.70あたりから102.20までのレンジ内でとどまっている。これだけながらく続いているボックス圏なのだから、どちらかにいきたいのだろうが、それはいつ起こるのか、どちらにブレークしてくるのか、今のところはまったくわからない。

 ユーロドルも1.3600をはさんだ動きが続いている。やはり月初の雇用統計の後から何度も1.35台の前半を攻め込んだが、それがちょっとシコリになって残っているようだ。またファンダメンタルズ的にもユーロの利下げ観測の勢いが、以前に比べると弱まってきている。ユーロ金利の先物価格も、利下げの方向には動かなくなってきている。

 経済指標はアメリカのGDP確定値と耐久財受注だった。GDPもファイナルとなると、マーケットの関心を集めないものだ。多少の大きな修正が出てきても、もう古い数字だということで無視されてしまいがちだ。しかし昨日のGDP確定値は、とても悪いものだった。マイナス2.9%だというのは、ここ最近では見ない数字だ。政府のシャットダウンとか、悪天候のせいにするには、あまりにも悪い。

 これは下方修正というには、離れ過ぎている。速報値と改定値では何を測定していたのかとも思える。ここ3カ月は為替相場もそれほども動いていないのは明らかだ。GDP統計にいちばん後になって反映されるのは、外需である貿易収支のデータだが、為替による影響とも考えられない。

 ともかくもマーケットはちょっとビックリ。グローベックスでは米国株は下押し。そして為替相場でもドル安で反応した。私は結果の数字をすぐには確かめていないので、ドル円やユーロドルの値段から「あら、GDPか耐久財受注が悪かったんだなあ」といった感じで見ていた。ちゃんと数字を確かめていたら、あまりにも悪いのでドル円かユーロドルでドルショートにしていたかもしれない。

 しかし値段だけ見ていると、ドル安といってもマックスで30ポイントほどドル安が進んだ程度のものだった。ユーロドルも急騰しているというほどのこともないので、とてもドル売りでトレンドフォローしていく気にはなれなかった。まあ、ドル円で101.50を下回ってきていたならば、文句なく私もドルを突っ込み売りしただろう。

 結果的に言うと、ドル売りはかなり限定的だったと見るしかない。実際に米国株も発表後に差し込んだが、現物株のオープン時にはかなり戻ってきて、リスク回避すべき緊張感なんかは完全に消え去ってしまっていた。その後はややドルの買い戻しが優勢となって、ドル安は進まなかった。米国株も切り返し、ニューヨーククローズに向かってショートカバーも促して、前日比でプラス転するまで上昇。

 今日のアジア時間でも材料薄のためもあって、マーケットは総じて小動き。海外市場でもイベントは少ない。今夜も昨日のレンジが継続するものと考えて、逆張りで臨んでいこうかと考えている。


日本時間 15時20分
 

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ jfx記事
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る