為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
主婦トレーダーのバイナリー攻略法第2弾
ラダーとレンジの効率性を比較!

家事の合間にバイナリーオプションとFXを取引してる、ゆきママさん。前回はテクニカルを中心に話を聞いたけど、今回はファンダメンタルズによる取引から、レンジタイプのオプションの魅力まで聞いてみた!

■ファンダメンタルズのイベントや指標も取引材料に

「一日の取引開始前には経済指標やイベントなどファンダメンタルズの予定を見ておきます。そうしたイベントをきっかけにしてオプションを購入することもあるんです」

 そう言ってゆきママさんが見せてくれたのは、「世界最大の機関投資家」と言われるGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の新たな運用方針が発表された日のトレード。

 これまでGPIFの運用はこれまで日本の債券が中心。それを日本や世界の株、債券に広げていこうという方向だから、為替市場にとっては円安材料となる。

「GPIFの新たな運用方針は、長期的には円安だと思いますが、短期的には発表とともに『材料出尽くし』で円安への期待感が剥落して、弱含むのかなと予想しました。そこで発表時間をまたいだ判定時刻で円高方向のオプションを買ってみたんです」

 GPIFの発表前、86円で買ったオプションは発表とともに値上がりして467円に。そこで決済し、3810円の利益になったそう。

「このときは発表前に円安方向に動いていて安く買えたこともあって大成功でした。安く買えれば、それだけリスクも小さくできるので、『イベントや指標で反転するかも』と読みがあるときはいいやり方だと思います」


■主流はラダーだけど、じつは侮れないレンジオプション

「チャートを見ても方向性がはっきりしないときは、レンジのオプションを使うこともあります」

 バイナリーオプションの基本はラダーだけど、レンジも使い勝手はいい。それに何より下記の表を見れば、レンジの魅力が伝わるはず。


 これはバイナリーオプションを取り扱う3社の払戻率を比較した表。注目したいのは一番下、払戻率の平均だ。FXトレード・フィナンシャルで見ると、ラダーは約95%だけど、レンジは100%を超えているのだ!

 払戻率が102%ってことは、全体で100万円分のオプションが購入されていたら、102万円の払い戻したがあったということ。FXトレード・フィナンシャルは損しちゃうことになるけど、投資家から見たら大歓迎だ!

■「トレンド相場ではラダー有利、レンジ相場ではレンジ有利」

「この数字は毎月発表されるので、気にしています。払戻率がなるべく高い会社で取引したいですし、もうひとつは相場の傾向と合わせてみることで、『どんな相場のときに、どのタイプが勝ちやすいか』傾向が見えてきます。GMOクリック証券だと、値動きの大きかった昨年末から1月にかけてラダーの損失口座割合が低いけど、値動きが小さくなってきた2月以降は増えてきて、その代わりレンジの数字が低くなっているな、とか」

 先月の数字を見て、みんながラダーで苦戦していたようなら、無理せずレンジで取引したほうがよさそうと判断できるし、値動きが大きくなってきたらラダーを中心に、と戦略を立てられる。

「私は米ドル/円がほとんどなのですが、春以降とても値動きが小さくなっています。そんなときはレンジのほうが取りやすいかなと思います」

>>>レンジオプションの時に役立つチャートとは?


 バイナリーオプションについては、以下のコンテンツでも詳しく比較・解説していますので、ぜひご覧ください。

【参考コンテンツ】
★人気のバイナリーオプションを徹底比較! 最短1分前まで購入できる商品も登場!

ザイ オンライン
ザイFX!トップへもどる
ZaiFX! Beginners

TOPICS