ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

上値の重たいドル円、
為替相場の小動きも変わらずか

2014年08月28日(木)15:04公開 (2014年08月28日(木)15:04更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 昨日はアジア時間でユーロドルが安値を更新、1.3153まで突っ込んだ。それにともない、137円ちょうどで下げを踏みとどまっていたユーロ円もついにブレーク。欧州序盤では137円台まで戻してきたものの、ちょっとリスクテークの方向には動きにくいような状況で海外市場はスタートした。果たしてユーロドルの安値はもう一度トライしてくるのか。それが注目点だった。

 GFK調査のドイツの景況感は予想よりも悪かったが、これをきっかけにユーロは下がるようにはならなかった。むしろ底打ちを意識してのビッドが強まった。私もユーロ売りで参戦しようと思っていたのだが、材料が出ても下がらないものは売り込むわけにはいかない…。

 またユーロドルの下げる局面を狙っての画面にらみが続いたが、ドル円の方が頭が重かった。アジア時間で104円ちょうどを割りこんで103円台に突入した後は、まったくリバウンドする様子がない。ニューヨーク勢が参入してきても、マーケットは動意薄だった。

 しかし米国株が始まると、ユーロドルもドル円も上昇。クロス円が上がったわけだが、肝心の米国株は大きく値上がっているわけでもない。再び歴史的な最高値を狙い出しただけという感じ。これでは短期的なショートカバーに終わるかもしれない。

 ドル円は104.00をちょっとだけかすったが、戻しはそこまでだった。昨晩は何もしないで過ごしてしまったが、ニューヨーク時間では為替相場はほとんど動かず。ただしドイツの長期債をはじめとして、その他の欧州各国の長期金利の低下が話題になっていたようだ。

 たしかにドイツ債の10年ものの利回りも0.90%を割り込んできたというが、値幅は小さい。あまり「歴史的」というレベルにフォーカスすべきでもないだろう。その反映で為替相場の小動きともなっているのだ。

 先月とても良かったGDP速報値の改定値が出てくるが、今晩も動きが少なそうだ。米国株が高いレベルで止まっているのはよいが、そのまま小動きになることが予想される。ちょっと高値追いしづらい状況であることにも変わりがないので、リスク量の変遷から見ても、ドル円もユーロドルも小動きを強いられそうだ。

日本時間 15時10分
 

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る