ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

内閣改造の出尽くしでドル円反落、
105円台にシコリ残し今晩は材料少ない

2014年09月03日(水)15:14公開 (2014年09月03日(水)15:14更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 昨日はアジア時間で大きく円安が進んだ。根底に流れているのはドル高なのだが、アジア時間ではユーロドルがそれほども落ちなかったので、円の独歩安が目立つことになった。朝方の104円台の前半から50ポイントほども上昇。そして105円台に迫る勢いであった。円安が顕著だったので、久しぶりにアジア時間で日本株も大幅上昇。マーケット全体がリスクテークのほうに傾くのを助長した。

 問題はここからである。簡単に105円台に乗せてくるのか。とりあえず105.44は今年の年初につけた今年の高値である。いうまでもなく、その手前では猛烈な抵抗が想像される。その売り圧力がどのレベルまで落ちてくるのか。すでに104.90とかは売りゾーンなのか。しばらくプライスアクションを見ながら、値の軽さを確かめるしかない。

 欧州序盤では株価はしっかりしていた。ナイトセッションで日経先物は15850円まで上昇し、これは東京クローズから比べても200円弱の上昇をしている。グローベックスでの米国株もツラれてジャンプし、S&P先物は歴史的な最高値を更新してきた。

 そういうわけで私も高いところのドル円を買っていった。104.83である。それまでの日中の高値が104.88までだったので、ほぼ高値つかみと同然だ。もちろんコストが悪い分だけ、許容度は低い。売りのストップ注文だけ104.70でさらしておいて、マーケットを注視。

 ドル円は104.80を割りこんでくる局面はあったが、深押しせず。私のストップロスまでは届かなかった。欧州序盤でのフレッシュポジションでのドル円の高値追いはならなかったが、地合いは堅調。ユーロドルがまた安値攻めを始めたのを契機に、ドル買いが再開。ユーロドルの下げは値幅はそれほどでもないのだが、やはり今年の最安値を更新したという事実が重たかったのだろう。

 ドル円も105円乗せをトライ。しかしドル円の高値は104.95か96までで、大台乗せはできなかった。やはり無理だったかと思って見ていた私も、速攻で104.92で売り逃げた。その後すぐに105円台にタッチはしたが、走らない。しかし高値圏で張り付いているので、今度はニューヨーク勢の出方を期待しているということになる。

 ユーロドルは底打ちして戻ってきてのニューヨークオープン。ドル買いもこれで一服かなと思ったら、ISMの景況指数の発表で105円台に完全に乗せてきた。そしてその後はまったく105円台を割れることはなかった。ニューヨーク勢は連休明けなのだが、日本や欧州の株高の割りには、米国株は軟調だった。ドル円やユーロ円が高止まりしているのはリスクのためではなく、主に短期的な損切りのフローが続出したからだろうと思われる。

 今日は注目イベントが少ない。少ないが、ドルが全面高のままで来ているので、その成り行きがどうなるかは重要だ。ユーロドルはポンドドルでは明確にドル高サイドの攻めが続いているし、その影響がドル円にどのくらい現れてくるのか、関連して追いかけないといけない。それとも週の後半の雇用関連の指標に向けて、様子見としょうして現在の位置で止まって動かなくなるのかどうか。

 そして日本時間14時過ぎから閣僚名簿も発表されて、いちおうの材料出尽くし。これでドル円が105円ちょうどを割りこんできた。昨日、今日でかなりの高コストのロングもあったのだろう。これでしばらくは上サイドにはシコリが残った形となった。やはり今年の高値という105.44はレジスタンスであった。

日本時間 15時10分
 

GMOクリック証券[FXネオ]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る