ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ユーロドルの戻しは変調の兆しか、
イベント少なく米国オープンの挙動見たい

2014年10月10日(金)16:44公開 (2014年10月10日(金)16:44更新)
持田有紀子

【副業FXで勝つためのメルマガ】田向宏行さんのFXメルマガは儲かるのか? ダウ理論の転換トレードで検証したらこうなった!

 昨日の欧州序盤では、ドル円は107円台のミドルまで押し込まれ始まった。ユーロドルも1.27台の後半と、ドルの全面安である。前日の議事録の影響で、ドル金利の先高観が払しょくされたためだ。ユーロドルは5月から下落傾向が続いている。これはドラギ総裁が「6月にも行動を」と利下げを示唆したためだ。

 そのユーロドルは1.4000目前にしたあたりからずっと下げ続けて、1.2500まで下落。この半年近くの間で安値からマックス戻しは200ポイントまでだった。それがとうとう300ポイントまで戻ってきた。これは今までにないことだ。ユーロの戻しには、ちょっと要注意である。

 すぐにドルの買戻しが入った。ドル円もユーロドルも30ポイントほどもドル買いが進んだ。はたしてここはドルの売り場かどうか。ドル円に関してはアジア時間で108.20あたりまで何度も戻している。107.90ビローではちょっと売りづらい。同じ売るにしても108円台に乗せてからのほうが、ストップ注文が近くに置きやすい。ユーロドルに関しても、アジア時間にもうちょっと下まであったので、ドル売りを仕掛けるには中途半端だ。ニューヨーク時間まで待つことにした。

 BOE(英中銀)は変更なし。予想通りなのでマーケットは反応しない。しかしちょっと経ってからドルが下げ始めた。ドル円の安値となった107.53はこの局面でつけたもの。私は前日の安値が107.77までだったので、そこを抜けた瞬間に売り込んでみたのだが、10分ちょっとで戻り始めたので、過ぎに買い戻した。10ポイントしか取れなかった。それでもこのときはこれが日中の安値になるとはわからないわけだから、依然としてドル売りスタンスで構えている。

 ニューヨーク勢はドル買いで入ったようだ。ドル円は108円乗せを目指し、ユーロドルは1.27台割れを目指す。これまでの動きよりもアクティブな展開となった。最近は為替相場の値が軽い。だから大台が変わっても不思議ではない状態が続いている。

 そこへドラギ総裁やラガド専務理事から、欧州経済に対する懸念が示された。そもそも欧州序盤に発表されたドイツの貿易収支でも輸出の伸びが悪かった。そこへ持ってきての欧州に関する心配。マーケットはブルーになって完全なリスク回避に向かうこととなった。米国株は軟調。しかしドルは高いまま。

 そうこうしているうちにドル円は108円台に乗せてきて、ユーロドルは1.27台を割り込んできた。リスク回避に向かうにしてはドル円の高いのが気にかかる。ユーロ円が下がってきているからリスク回避は確かなのだが、ユーロドルの下げのほうがその分だけきついということか。

 まあ当初の予定通り、108円台にのっているのだから、ドル円でも売っておこう。そして近いのだが108.20で損切利注文だけ置いて寝る!ということで108.02で売って、ストップ注文を置いて寝た。朝、見ると、107.80あたりだった。ストップ注文はダンになっていないようだったので、とりあえず利食いで買い戻し。あとはまたドルの売り場探しとなる。

 今夜はイベントが少ない。いうまでもなくリスク性の高いもの、つまりは米国株の動向に世界の注目が集まることになる。先週から米国株は乱高下を繰り返している。しかもまあご丁寧に、大幅安と大幅高を毎日、繰り返している。それだけマーケットの不安定性を物語るものなのだが、パターン的にいうと今晩は株価が大きく上がるはずだが…。リスクテークになるならば、ドルの戻り売り作戦は危ないかもしれない。しっかりとニューヨークオープンあたりの動きをウオッチ。


日本時間 16時00分

 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 ヒロセ通商「LION FX」
ヒロセ通商「LION FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(10-28時)
0.3pips原則固定 1000通貨 54ペア
【ヒロセ通商「LION FX」のおすすめポイント】
54種類の豊富な通貨ペア、取引環境にあわせて選べる取引ツール、主要通貨ペアのスプレッドの狭さなどの優れた基本スペックに加え、毎月趣向を凝らした多彩な食品がプレゼントされるキャンペーンも人気のFX口座です。経済指標の速報をリアルタイムで知らせてくれる、「ロイター経済指標速報」を無料で使えるのも魅力です。
【ヒロセ通商「LION FX」の関連記事】
■ヒロセ通商「LION FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼ヒロセ通商「LION FX」▼
ヒロセ通商「LION FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年5月21日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で最大10000円!

トレイダーズ証券[みんなのFX]

最短当日取引可能!ザイFX!限定キャンペーン実施中のみんなのFX!

link

ザイFX!限定5000円&オリジナルレポート

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引でもれなく限定5000円&オリジナルレポート!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
CFD口座おすすめ比較 トレーディングビュー記事 メキシコペソ比較
CFD口座おすすめ比較 トレーディングビュー記事 メキシコペソ比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る