ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

追加緩和の見送りでユーロ乱高下、
またリスクフルで迎える雇用統計!

2014年12月05日(金)15:31公開 (2014年12月05日(金)15:31更新)
持田有紀子

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で4000円もらえる

 昨日のアジア時間ではドル円は高値張り付きで、119.75から119.95の間での、実に狭いレンジ内での取引が続いた。それだけ上サイドを試したがっているのだろう。しかしここから買っていくわけにはいかない。同じ買うならば、120円ちょうどがビッドになってからでもよいだろうと考えるからだ。上がると思っていても、動きの少ないなかで、わざわざ誰よりも高いところでロングにするには分が悪過ぎるというものだ。

 欧州序盤ではますます動かなくなってきた。それもそのはずで、ECB(欧州中銀)のアクション待ちなのである。ドラギ総裁はやる気満々な発言をしているが、追加緩和はありうるのか。しかもそれが明快な形としてである。具体的には国債購入に踏み切れるのか、ということ。

 量的緩和の手段として国債を買うならば、第一はドイツ国債を買わないと効果は見込めない。しかしそれはドイツのファンディングをたすけることになるのでは、という懐疑論が浮上してくるのは当然だ。それを決行できるほど、EU内での財務の統合はなされていないようにも見える。

 ECBの結果はかなり失望ものであった。第一に即座に追加緩和をしなかったこと。次に手段としての国債購入については何の言及もなかったこと。そして何より、ECBがこれから刺激策として追加緩和をしようとしているのに、2016年までのインフレ見通しを切り下げたことだ。これでは緩和措置なんて効かないといっているようなものだからだ。

 ファーストアクションではユーロドルは1.22台に突っ込んだ。これはそもそもマーケットの行きたがっていた方向だから、突っ込んだだけであろう。したがってほんの数秒で切り返した。切り返して1.23台に戻してきてからの値動きで、これから数時間の趨勢が決まるものと思われた。私は相場の画面に張りついていたが、逐一、ドラギ総裁が何をしゃべっているのかはわからない。中身ががっかりものなのか、次への期待を駆り立てるものなのかは、値動きで判断するしかない。

 ユーロドルは1.2350を超えてきたので、ようやく失望であったのだろうと察しがついた。後はユーロドルの買い場探しである。いくらんでも半年かけてここまで下げてきたのだから、ちょっとくらいは押し目があるだろう。押したら、そのまま押し込まれてしまうのではないかと怖くもなるが、そこは思い切りよく買っていこうと思った。

 なんとかうまい具合に1.2340で拾うことができて、30ポイントほども難なく取れた。値段がひじょうに軽くなっていた。ちょっとのシコリでも放置したら、あっという間に巨額ロスにつながる恐れもある。気をつけねばならないことだ。 ユーロドルがポジション調整で下がる局面では、つまりドルの買い戻しの出た場面で、ドル円も買われて、ついに120円台に乗せてきた。

 心理的な節目を超えてきたという意味では大きいが、値幅は依然としてして小さい。そのうえ、一回目の上値トライでは失敗している。2回目の上値トライでは120.25まで上げたが、その後に1円近くも下落を喫している。かなり無理な上値追いと、必要以上にたまってしまったロングポジションの解消が急がれたのだろう。

 今晩は雇用統計である。予想では就業者数は23万人の増加となっている。かなり楽観的な見方がコンセンサスになっている。これでは悪いほうの結果に敏感にならざるをえないだろう。私も時間的にぎりぎりまで引きつけるが、どちらかで勝負するならばリスク回避の方向、つまりドル円かユーロ円をショートにしてみたいものだと考えている。

日本時間 15時15分
 

ヒロセ通商[LION FX]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る