ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

太田忠
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ギリシャ問題もいまだ不透明感は拭えず。
ドル円押し目なく120円台乗せたが…

2015年02月12日(木)17:53公開 (2015年02月12日(木)17:53更新)
持田有紀子

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 昨日は日本がお休み。そのせいもあってか、アジア時間から欧州時間にかけてマーケットは動意に乏しかった。しかしドル円は119円台の前半で始まってからというもの、実に堅調だった。まったく押し目を作らないまま、119.50をも超えてきた。

 欧州では注目の2つの会議が開催されている。ギリシァの債務問題を話し合うEUの外相会議と、ウクライナの停戦を話し合うミンクス会議だ。どちらも結果を出さなければいけない状況に迫っている。どうせなんとかなるだろうという楽観的な観測がもっぱらだが、それでも結果を待ってからのポジション作りに励めばよいわけで、わざわざ様子見モードのときに気苦労の多いポジショニングに励むこともないだろう。

 ニューヨーク時間になっても欧州からの回答は出なかった。米国株が小動きながらも堅調なので、ドル円とユーロ円はますます強い。ドル円は120円ちょうどの手前に大量のオファーを抱えていたようだが、時間をかけてゆっくりと消化。120円ちょうどがつくと買い戻しのストップロスも誘発し、値を一気に伸ばした。目立った動きはニューヨークオープンでのこのステージだけで、マーケットはすぐに様子見モードに突入。米国株などは実に狭いレンジ内で終始している。

 早朝の6時半過ぎにギリシャ問題で合意に達したという報道が流れた。グローベックスでは米国株が急上昇。これまでギリシャ不安で売りの対象にされていたユーロも急速に買い戻しが進んだ。ユーロドルは50ポイント以上の上昇を演じた。これは休み明けの日本勢もリスクテークで参加するしかなくなるのか。

 そう思っていたら、1時間ほど遅れてギリシャの当局者が「そのようなプランは飲めない」という発言が伝わってきた。ユーログループ議長もギリシャ問題を16日に継続協議するという。それで東京時間になって株価は軟化。ユーロドルもそれまでの原因をすべて失って、ドル円も120円の大台割れを喫することとなった。

 これから夕方に至るまで、しばらくは調整が続きそうだ。ギリシャ問題のマーケットでの消化具合を確かめるためには、もうちょっと時間をかけないといけないのだろう。今晩はアメリカの小売売上高が出る。1月に出た数字は予想外に悪かったため今回の数字も気になるところだ。悪い場合のほうが反応しそうだが、欧州の状況のほうに注目が行っている。

日本時間 17時00分

 

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ jfx記事
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る