ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

膠着状態が続く為替相場、
イベント多いがやはり反応薄かも

2015年02月26日(木)15:39公開 (2015年02月26日(木)15:39更新)
持田有紀子

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で5000円もらえる

 昨日の欧州序盤では、ドル円は118.70あたり。アジア時間にちょっと上攻めをしたけれども攻めきれずという感じで、垂れてきているところだった。下がってきているからといっても、この辺で下攻めしたいとは思わない。それは最近の値動きが119円ちょうどを挟んでの一進一退にってしているのを考えてみれば明らかなだ。

 日足のチャートで見るとドル円は実に情けない形をしている。とても短い足が複数本並んでいるのだ。これは1か月ほど前にもあったような現象である。どちらにしても、このような状況の下では、なかなか突っ込んでまで攻め立てようとは思わない。ましてやイエレン議長の証言という注目材料は終了したのだ。それでも大きく動かなかった相場に対して、動けというほうが無理であろう。

 そういうわけでレンジ内にスタックするのではないかとの思惑が強まり、邪道ではあるが118.71でロングにしてみた。昼間に安値攻めをしたときは118.60を割り込んでいない。だから自分のストップロスは118.60に置いておけばよいだろう。後は都合よく上がっていくのを待つだけ。まあ、上がっても119円台に乗せるのが精いっぱいだろう。その辺が第一の利食いの場。イエレン議長の発言直前に119円台の後半まで急上昇したが、そこまでの勢いは期待できない。

 ニューヨークオープンにかけては、ドル円がやや上がってきた。目の前で118.90とがテイクンすると、さほど取れているわけでもないのに、なんだか嬉しくなる。早く119円台に乗せてしまえと思っていると、そんな時はなかなか上がらなくなる。いちおう、すでに利食い態勢に入るということで、7ポイントアゲインストになったらカットするというトレイリング状態で身構えた。

 すると米国株が始まろうとするときにドル円は119.06まで上がって、再び118円台へ。しかるに私も118.98でポジションをカット。119円台で利食いたかったが、トレイルだから相場のてっぺんでは利食いできない。これはこれで仕方がない。

 アメリカやドイツの株は歴史的な最高値に位置しているのに、毎日の値動きは極めて小さくなってきている。通常であれば値段が大きくなれば、それだけ値幅も大きくなるものである。それは値段というものが比率で動くからである。しかし考えてみれば株価もドル円も安くなったといのほうが緊張感も高まって、値動きも激しくなる。

 だから実感としては値段と値幅は直接には関係ないとしたほうがいいのかもしれない。まだ当分はこの状態が続きそうなので、レンジ取引のように圧程度の逆張り先方も取り入れて攻めたほうがよさそうだ。今晩も経済指標がたくさん出るが、想像としてはマーケットの反応は鈍いものとなるのだろう。


日本時間 16時00分
 

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る