ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ネックラインが効いているユーロドル、
引き続きユーロお拾い買いで

2015年05月21日(木)14:59公開 (2015年05月21日(木)14:59更新)
持田有紀子

一時4万円超えの「日経平均」や「NYダウ」、最高値更新の「金(ゴールド)」を少額から取引できる【CFD口座】を比較!

 昨日は欧州序盤でユーロが急落。ついに1.11台を割り込んできて、1.10台に突入した。これは前日にもユーロドルが大幅安を演じていたので、その流れからは自然のことである。ただマーケットはさらなる下攻めのきっかけを欲していただけであろう。ECBがギリシャからの担保のヘアカット部分を増大させるという観測報道がそれだった。

 ユーロドルを売りたくてたまらないと感じて、ユーロの売り場探しをしていた人々には、格好の材料を与えたことになる。出てきたニュースといっても、いつも言われていることであり、何の目新しさもない。相場が動かなければ、想定の範囲内ということで済まされる問題であった。

 しかし1.10台は要注意だ。今年になってユーロドルが下げ足を速めて、1.04台まで安値をつけた。ここからなかなか戻さなくて、3月下旬に1.1051まで戻すのがやっとだという展開が続いた。1.1051が上値のメドとされて、しばらくは1.05台から1.10台のレンジ相場となって、その間を何度も行ったり来たりしていたのが長く続いた。それが先月末のアメリカのGDP発表で上抜け。今度は1.1051が安値のメドとなってしまい、何度下押ししても割り込まないようになってしまった。

 つまり1.1051がネックラインとしてワークしているというわけだ。だから現状では上サイドにいるわけだから、1.1051が強力なサポートとしてふるまうことになる。だから勢いよく下がってきたからといって、1.10台は売り込んでいくわけにはいかないのだ。これがテクニカル面からの要請である。

 テクニカルを活用してトレードをする場合、できることといったら1.10台で買ってみる。もちろんナンピンも考慮してよいだろう。どこまでが安値になるかが事前にはわからないからだ。そして1.1050から下ではポジションをすべてカットするのだ。テクニカル分析は相場の引っかかりどころを救命士はするが、そこで止まるかどうかは保証しない。だから安いところで買えたからといって必ず儲かるというわけではない。

 しかしここ直近の1.10台への下値攻めでは2回もこの作戦が当たっている。3回目も儲かるという保証はないが、ここであえてやらない理由は見当たらない。材料としては、とてもユーロを買っていける状態ではないのは明らかだ。しかしここはテクニカル的に、という理由で取り組むしかないだろう。

 そういうわけでスモールずつのユーロ買いを1.1085と1.1065でビッドした。そして1.1050で全部ロスカット。機械的に取り組むだけなので、自分もそこから都合よく相場が反転するとは考えていない。ユーロドルは1.1062までさがったので、買い注文は全部ダン。その後、早急に1.11台まで反発したので、損切りラインからは遠のいた。そもそも自分もユーロベアなのだから1.11台まで戻れば、ホクホクである。いったんは利食いで売った。また下がったら買いなおそう。

 夜中にもう一度、1.1070あたりまで突っ込んだが、このときは1.1085でだけでしか買えなかった。この分は早朝に利食いした。今日も同じ展開が続くものと思われるが、作戦は変えないつもりだ。1.1050が割り込むまでは現状のパターンが続くものだと思って貫徹するだけである。


日本時間 15時00分
 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 ヒロセ通商「LION FX」
ヒロセ通商「LION FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(10-28時)
0.3pips原則固定 1000通貨 54ペア
【ヒロセ通商「LION FX」のおすすめポイント】
54種類の豊富な通貨ペア、取引環境にあわせて選べる取引ツール、主要通貨ペアのスプレッドの狭さなどの優れた基本スペックに加え、毎月趣向を凝らした多彩な食品がプレゼントされるキャンペーンも人気のFX口座です。経済指標の速報をリアルタイムで知らせてくれる、「ロイター経済指標速報」を無料で使えるのも魅力です。
【ヒロセ通商「LION FX」の関連記事】
■ヒロセ通商「LION FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼ヒロセ通商「LION FX」▼
ヒロセ通商「LION FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年5月21日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トルコリラスワップポイントランキング 経済指標速報記事 キャンペーンおすすめ10
トルコリラスワップポイントランキング 経済指標速報記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る