ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル円ついに125円台タッチしたが反落、
フレッシュゾーンやはり需給入り乱れ

2015年06月02日(火)15:33公開 (2015年06月02日(火)15:33更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日の欧州序盤では、ややドル買いが優勢となって始まった。ドル円は124円台に乗せこんできており、ユーロドルは1.09台の前半に向かって下げてきていた。やはり先週から続いているドル買いの流れは変わりそうもないように見える。ユーロドルで突っ込んで売っていきたいのだが、ユーロドルの一日あたりの変動幅がやや低下してきているのが気になる。

 一日で平均して150ポイント以上も動いていたのに、ここ最近は100ポイント強にまで縮まってきている。このように勢いが足りないと、突っ込んでいっても止まってしまい、跳ね返されてしまうことになる。つまり気軽にユーロドルでポジションを持ちにくくなってきている。

 一方でドル円はフレッシュ・ハイを狙っているので、年初来の新高値を超えてくれば、そこは買っていってもよさそうである。なにしろ2003年以降の円安レベルだから、その間のショート勢のメクリが出てくることが予想できるからだ。テクニカル分析での高値の重要性は、それが長く効いていればいるほど有効とされる。だから10数年分の膿み出しもかなり出てくることになるかもしれない。

 そこでドル円は先週につけた高値である124.45がひとつの目標になってしまっている。そこの手前では売りものが並んでしかるべきであり、それをブレークしたら外向きの力、つまり買い戻しが急がれることになる。しかし昨日の欧州時間ではドル円の動きは鈍かった。依然として124円ちょうどをはさんでの小動きに徹している。

 ニューヨーク勢が参入してきても、なかなか動意の薄い状況が続いたが、ISMの景況指数が出てからはドル円もようやく124.20を超えてきた。124.45に達するのかどうかを見守っているのだが、なかなか超えない。さすがにレジスタンスとしてワークしている。多くのプレーヤーが超えたら買ってみるぞ、と画面の前に張り付きになって待っているのがよく分かる。

 そしてドル円が上値トライするものの、やはり超えられなかった。今日はダメかなと思ったとたんに、ドル円は124.45を超えてきた。私はもう寝ようかなと思っていたのだが、そんなことは考えていられない。124.51で買い参入した。しかし10ポイントも取れなかった。なんだか124.60アッパーに行きたがっていないように思えたからだ。

 私は夜の相場に付き合わなかったが、ドル円は124.91まで上昇。私が見た高値よりも20ポイントほども、先に進んでいる。そしてドル円やユーロ円はニューヨーク時間で高値引けして、今日のアジア時間に入ってきた。そして午前中に瞬間的に125円台もつけた。しかし急激な利食い売りも出てきている。

 オプションのストライクもいっぱい設定されていそうな125円ちょうどである。一撃では上抜けしなさそうなのは、容易に想像がつく。今晩も材料が少ないが、ドル円やユーロ円での買い意欲がどこまで続くのかを見ながらになるだろう。フレッシュゾーンでは買いでついていってみることには変わりはない。


日本時間 15時10分
 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年4月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
経済指標速報記事 jfx記事 バイナリーオプション比較
経済指標速報記事 jfx記事 バイナリーオプション比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る