ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル円レジスタンスに届かず失速、
イベント色々だが様子見か

2015年10月27日(火)17:04公開 (2015年10月27日(火)17:04更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 昨日の欧州序盤では、ドル円は121円ちょうどをはさんでの小動きだった。これはアジア時間で121円台の中盤から下がってきたものだ。先週末に米国株などが高値引けして終了したものだから、週明けはさぞや高値追い、つまりリスクテークの方向に動き出すのかと思いきや、相場の流れは反転することとなった。日本株も重く、中国株もあまり伸びを見せなかった。

 ドル円は8月下旬に中国不安で急落した際に、116円台まで突っ込んだ。125円台からの高値攻めからの下げだったから、きついものがあった。その直後にマックスで戻したのが121円台の後半である。したがってそこが最後の逃げるチャンスだったわけだ。

 その後は狭いレンジ内に収まったとは言うものの、今回の上値トライで121円台後半で逃げそびれたオファーの分を解消できるかがテクニカル面からの注目点となる。この戻しのレジスタンスは121.75なのだが、テクニカル的に利用しようとすると、まずは121円台の中盤でドル円を売りこんでみて、121.80あたりでポジションカットするのが教科書的な攻め方となろう。

 そういうわけで朝からスモールで121.44でショートを抱えていたのだが、少ししか持たなかったのは、アジア時間の東京勢の動向をうかがっていたからだ。もう一段高するならば、121.65あたりでもナンピン売りしたいと考えていたからである。東京勢ならば喜んで買ってくるだろうとも思えたからである。

 しかしながらアジア時間では下がってしまった。121円の大台も割れてきた。ちょっと思惑とは違うが、スモールながらも、とりあえずフェイバー。こうなれば売り増すかとも思ったが、欧州時間ではユーロドルが下げ始めた。

 せっかくアジア時間ではユーロドルは堅調、つまりドル円と同じくドル売り圧力にさらされたのだが、ユーロドルが下がってくるとなると、ちょっとドルの買い戻しに気を付けないといけない。私はいったん120.98で買い戻すことにして、様子見をすることにした。

 ドル円は依然として重く、ニューヨーク時間になって住宅関連のデータが悪かった時には、ドル円は120.57まで差し込んだ。しかしその後はクロス円リードの形でドル円は復調。ニューヨーククローズまでには121円台も戻しきった。

 だが本日になるとドル円は120円台まで再び下落して、昨日の安値も下回ってきている。今週は水曜日にFOMCを、木曜にはGDP、金曜には日銀会合を控えている。私も今日は休みにして、週の後半で戦おうかと思っているが、今晩は経済指標などいろいろ出るが基本は様子見のはずだ。でも不意な動きもあるかもしれないので、プライスアクションには注意を払うつもり。

日本時間 16時00分

 

おすすめFX会社
link

初心者でも安心の少額取引!

SBI FXトレード

少額1通貨単位から取引ができるSBI FXトレード!ザイFX!限定キャンペーン中!

link

ザイFX!限定で5000円!

セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]

マーケット情報充実!今ならザイFX!限定5000円がもらえるキャンペーン中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る