ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル全面高だがイエレン発言も気がかり、
今晩は大注目のECB会合!

2015年12月03日(木)15:32公開 (2015年12月03日(木)15:32更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 昨日はアジア時間でドル円が123円台に乗せてきた。ドルが強いのは仕方がない。ECBの金利会合ではユーロの追加緩和が注目されているし、一方で米ドルは年内利上げを完全に織り込んでいる。

 後は金利会合の結果待ちである。しかしドルの高いところを積極的に買い進んでいくようには見えない。現行の水準が正しいのかどうかを確かめるための、経済イベントを控えているので、そのための様子見の一面もある。

 欧州序盤ではドル円は123円台に乗せたレベルで、ユーロドルは1.06台の前半。ここ1か月のユーロドルの特徴は、戻ってもその直前の安値からは100ポイントも戻らないことだ。

 そういうパターンになっているので、市場参加者の多くが戻りは限定的だと見てしまう。その上、突っ込んだ安いところも売りこんでいきたくないので、ますます戻り売りの場探しの様相が強まってくる。

 ADPの雇用指数が事前の予想を上回ったので、その瞬間だけドル高に動いた。しかし本格的に動きだしたのは、米国株が始まってからだった。そして原油価格の下げ傾向が明確になってくると、その反動でドル高にも弾みがついた。

 ドル円もユーロドルも半年ぶりのドル高水準にまで接近した。私も何度かドルロングで攻めたが、動きが鈍いので10ポイントほどもフェイバーにいったら速攻で利食い売りしてしまう。長くはポジションを持ってはいられない。

 夜中にイエレン議長のスピーチがあった。すでに12月利上げは完全にマーケットに織り込み済みなのだが、その口調がいかにも「今回利上げしないと、別のリスクが生ずる」という言い方をしたので、来年以降の利上げのペースも想定されたものを上回るのではないかとの観測を呼んだ。

 それは米国株に素直に反映されて、企業のコスト増加につながるという悪材料のもと、株価は下落に向かった。リスク許容度の低下から、それまでのドル買い一色の相場展開は反転した。

 今日も夜の経済イベントに注目が集まっている。今晩はECBの金利会合がある。12月に議論するとドラギ総裁は発言してきたが、それがどの程度までの金融緩和を含むのかによって市場はゆすぶられるであろう。

 来年の6月まで続けるといっていた量的緩和を、ただ単に時期だけ伸ばすくらいだったら、失望となるであろう。その際には株価は国際的に大幅下落を喫することになる。リスクオフからドル円は急落するシナリオも排除はできない。

日本時間 15時20分


 

GMOクリック証券[FXネオ]

ザイFX!最新&おすすめ記事

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る