ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

GMOクリック証券FXネオサイレンススズカ=鈴鹿暴威さんにインタビュー!
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ECBの結果でユーロ大暴騰!
雇用統計とともに余波を要ウォッチ

2015年12月04日(金)15:08公開 (2015年12月04日(金)15:08更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 昨日は注目のECB理事会であった。10月に「12月に何かやる」と言ってしまったドラギ総裁だが、それを先取りするようにマーケットは動いてきた。金融緩和の対象である欧州債の買い入れはもっと増えるのではないかという思惑で、メインのドイツ債などは今週に入って強烈に買われてきた。

 10年ものの利回りは0.5%を下回ってきた。そして為替相場ではユーロ金利の先安観がつのって、ユーロ売りがかさんだ。ここ2か月間でユーロドルはひたすら下落。そしてついに今年の最安値をも視野に入れるくらいにまで下がってきた。次から次へとイベントに向けたポジション作りのためのフローが出てくるので、なかなか相場がもとに戻らない。

 逆にいうとポジションの偏りも一方向に大きく傾いているのが、よくわかる。ユーロドルはとうとう1.05台の前半まで垂れてきた。そうした中でのECBの金利会合であった。

 欧州序盤で早々にユーロドルは半年ぶりの安値を更新してきた。そしてECBの金融政策の発表時点でも、さらに安値を更新。1.0515まで安値を記録した。しかし会合の結果は銀行向けの準備預金のためのマイナス金利の下げ幅は、予想ほどでもなかった。

 これで第一弾の失望となって、ユーロに買い戻しが入った。ユーロドルは瞬間的に1.07台も見る。そして欧州株はそれまでのゲインを失った。1時間ほどたってドラギ総裁の記者会見が始まると、失望はますます深くなった。金融緩和は時期を半年伸ばすだけで、国債買い入れの金額を増やすことはしなかった。それでユーロの買い戻しと株売りの流れは決定的となった。

 そして記者からの質問に対してまごつくことも見られた。マイナス金利はこれ以上ワークしないのではないかとした質問だ。確かにマイナス金利というのは銀行の負担を増やすだけである。

 しかも実験中みたいなものだ。だから答えられなくても仕方がないのだが、それがマーケットの不信をあおったような面もある。ユーロドルは1.08台の後半まで急伸し、もう誰もユーロ売りを仕掛けるどころではなくなった。

 結局、ユーロドルはその後も堅調で1.09台に乗せてきて、日中安値からは400ポイント以上も上昇したことになる。欧州株は大幅安となった。米国株はつられたものの、下げた比率は欧州の半分くらい。私も何度かユーロ買いで参戦はしてみたものの、久しぶりの激しい動きに今ひとつ乗り切れずで、そんなにうまい具合に利益を残すことができなかった。上げるときは素直に上げるのだが、下がるときにも半端でなく落ちるからである。

 さて今晩はアメリカの雇用統計だ。予想では20万人くらいの増加が見込まれている。12月利上げしないとリスクがあると議長が言っているくらいだから、いまさら雇用状況の若干の上下ではマーケットの材料にならないだろう。昨日のECBの金融政策の余波のほうが問題である。まだまだマーケットでは消化しきれていないようだから。


日本時間 15時10分
 

外貨ex byGMO[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る