ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

米指標も悪いもの並びドル円116円台も、
アメリカは休みだし様子見したい

2016年01月18日(月)15:31公開 (2016年01月18日(月)15:31更新)
持田有紀子

【副業FXで勝つためのメルマガ】田向宏行さんのFXメルマガは儲かるのか? ダウ理論の転換トレードで検証したらこうなった!

 金曜日はアジア時間で日本株が大きく下げた。朝がたに日経先物は17600円台まで急騰していたのに、午後から反転。そこから500円以上も値を下げてきたのだ。これではリスク回避の動きが強まろうというものだ。

 テクニカル的にもドル円の118円台前半というのは、そろそろ上限となりそうな状況にもなっていた。私も117.90割れから、ドル円をショートで参戦。いちおうは最近のコアレンジの下限である116円台入りを目指すが、それはマーケット次第だ。

 夕方になってくるとリスクオフの傾向がより鮮明になってきた。原油価格は大きく動いているわけはないのだが、それでも30ドルの大台を割り込んできたので、市場全体のムードは悪くなる。

 グローベックスでの米国株も激しく下押し。ドル円も117円台のミドルまで沈んだが、戻りもしないが、下げ渋っているように見える。余りにもスピードが遅いので、私もドル円のショートを117.35でやめてしまった。原油価格も下がらないからだ。

 日経先物は昨年の8月からの中国不安で16890円まで急落したが、そのレベルに近付いてきている。16900円台までは見るのだが、これまた下げ渋っている。それだけこのレベルがテクニカルポイントとしてワークしているということだ。テクニカル分析とは相場の引っかかりどころを探る作業である。

 それが見事にここでサポートされているというわけだ。だから私もドル円ショートをいったんはゲットアウトしなければいけないと考えた理由だ。重要なポイントなので、売るにしても買うにしても、ここの前後であることに違いはない。

 しかしテクニカル分析ではサポートだからといって止まるか抜けるかまでは示してくれない。ただ引っかかるというだけだ。トレードとして再現するためには、そのちょっと手前で逆張ってみる。そして抜けたら順張りするだけである。

 アメリカの経済指標がたくさん出た。景況指数もインフレ指数も消費関連のデータも、おしなべて悪いものが並んだ。これを契機に相場は下抜け。米国株も日経先物もサポートをブレーク。一気にマーケットは走り出した。

 私もドル円を117円割れからフレッシュにショートメーク。やはりテクニカルに忠実なアクションをするしかなかった。ドル円は116.65あたりまで差し込んで、しばらくは我慢していたものの、すぐに117円台に戻りかけそうになった。わたしもまずいまずいという感じで買い戻した。

 ニューヨーク時間ではリスク回避の動きはさらに強まった。米国株は一段安し、ドル円も116.50あたりまで突っ込んだ。しかし株価の下落の度合いに比べると、ドル円やユーロ円の下げは小さかったように見える。

 これを為替相場の反応が足りないと見るか、株価などでのリスク回避が行き過ぎであると解釈すべきかは、今週の動きを見て確認していくしかない。だが今日はキング牧師の祝日で、アメリカはお休み。日本勢は相変わらず株買いで臨んだのでドル円も117円台まで乗せてきているが、あまりついて行きたくはないところだ。

日本時間 15時20分
 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 ヒロセ通商「LION FX」
ヒロセ通商「LION FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(10-28時)
0.3pips原則固定 1000通貨 54ペア
【ヒロセ通商「LION FX」のおすすめポイント】
54種類の豊富な通貨ペア、取引環境にあわせて選べる取引ツール、主要通貨ペアのスプレッドの狭さなどの優れた基本スペックに加え、毎月趣向を凝らした多彩な食品がプレゼントされるキャンペーンも人気のFX口座です。経済指標の速報をリアルタイムで知らせてくれる、「ロイター経済指標速報」を無料で使えるのも魅力です。
【ヒロセ通商「LION FX」の関連記事】
■ヒロセ通商「LION FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼ヒロセ通商「LION FX」▼
ヒロセ通商「LION FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年5月21日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

ヒロセ通商[LION FX]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
経済指標速報記事 バイナリーオプション比較 トルコリラスワップポイントランキング
経済指標速報記事 バイナリーオプション比較 トルコリラスワップポイントランキング
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る