ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル全面安でユーロ久々の1.11台、
明日に備えて様子見か

2016年02月04日(木)16:10公開 (2016年02月04日(木)16:10更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 昨日のアジア時間ではリスク回避が進んで、ドル円やユーロ円は重い足取りとなった。ドル円は119円台のミドルあたりまで押し込まれていたのだが、欧州勢の参入してくるころには120円台を触り始めた。外部環境が特に変わったわけでもない。

 前日の株価急落や原油相場の下げの流れも、そのまま続いているのである。逆張りになるので怖いところもあったが、その分ポジション量を小さくすることで対処。ドル円が120円台をキープしづらいところで、私はドル円をショートに振っていった。

 目指すは20ポイントである。あまり欲張らない。リスクオフのときは相場の動きが不安定になるので、不必要にポジションがしこったりする。それを避けるためだ。損切りの目安は半分の10ポイントだ。するとすぐに利食いすることができた。

 ドル円は119.70を下回ってきても、ドル円ベアのスタンスは変わらずなので、次の売り場を探すことになった。利食いと同じところで売ったのでは意味がないので、相場が上がったところを売りこんでいくか、下がってきたフレッシュローを突っ込んでいくかである。つまりポジションメークもOCO注文になっているようなものだ。

 ドル円は下げ止まらなかったので、119.50割れで売ることになった。しかしこれとても、うまい具合に119.28で買い戻すことができた。グローベックスでの米国株の動きがなくなったので、ニューヨーク時間まで待つことにした。

 アメリカのADP指数は予想よりも良かった。しかしドル売りが優勢だ。このところ面白くない動きをしているユーロドルも底堅い動きを示している。ドル円は119円台の前半で安値張り付きをしているが、これで一段安して118円台に突入すると、完全に日銀のマイナス金利以前のレベルに全戻しすることになる。

 なかなか信じられないことでもあるが、確かに日本株も2日連続の大きな下げで、日銀アクションの直前の水準まで押し込まれてしまっている。マーケットに金融緩和の効果を聞いてみたら、まったくそんなもの効き目がないよといっているようだ。

 米国株の現物が始まると、なおいっそうのドル売りが出てきた。日本の長期金利が歴史的な低水準まで下がったことで、もう買うものは米国債しかないといった感じになって、米ドルの長期金利も急低下しているからだろう。ドル保有の魅力が薄まったからだ。ドル円は118円台に突入。

 私は戻り高値を売ることはできず、結局、安値突っ込みばかりだ。118.94で売っていった。利食いと損切りのポイント数も変わらない。その後も何度かドル円をショート攻めしたが、最後に117円台で売ったところが捕まってしまった。最後は118円台まで戻したところで買い戻して終了。損切りがついたのを境に、もうトレードはやめにした。

 ニューヨーク時間ではドル円は117円台の前半まで差し込んだ。ユーロドルも久しぶりの1.11台まで上がっている。その後は米国株の戻しなどもあって、ドルは買い戻されたが、それでも一日を通じてはドルが大きく下がったわけである。明日が雇用統計なので、今晩は基本的に様子見となるであろう。原油価格が30ドル割れでもしない限り、休んでいたいというのが市場参加者の偽らざる感想だろう。


日本時間 16時00分
 

外貨ex byGMO[外貨ex]

ザイFX!最新&おすすめ記事

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る