ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

GMOクリック証券CFD‗ドクタケ取材スポンサード記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル全面安でユーロ久々の1.11台、
明日に備えて様子見か

2016年02月04日(木)16:10公開 (2016年02月04日(木)16:10更新)
持田有紀子

ザイFX限定!口座開設&取引で最大10000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 昨日のアジア時間ではリスク回避が進んで、ドル円やユーロ円は重い足取りとなった。ドル円は119円台のミドルあたりまで押し込まれていたのだが、欧州勢の参入してくるころには120円台を触り始めた。外部環境が特に変わったわけでもない。

 前日の株価急落や原油相場の下げの流れも、そのまま続いているのである。逆張りになるので怖いところもあったが、その分ポジション量を小さくすることで対処。ドル円が120円台をキープしづらいところで、私はドル円をショートに振っていった。

 目指すは20ポイントである。あまり欲張らない。リスクオフのときは相場の動きが不安定になるので、不必要にポジションがしこったりする。それを避けるためだ。損切りの目安は半分の10ポイントだ。するとすぐに利食いすることができた。

 ドル円は119.70を下回ってきても、ドル円ベアのスタンスは変わらずなので、次の売り場を探すことになった。利食いと同じところで売ったのでは意味がないので、相場が上がったところを売りこんでいくか、下がってきたフレッシュローを突っ込んでいくかである。つまりポジションメークもOCO注文になっているようなものだ。

 ドル円は下げ止まらなかったので、119.50割れで売ることになった。しかしこれとても、うまい具合に119.28で買い戻すことができた。グローベックスでの米国株の動きがなくなったので、ニューヨーク時間まで待つことにした。

 アメリカのADP指数は予想よりも良かった。しかしドル売りが優勢だ。このところ面白くない動きをしているユーロドルも底堅い動きを示している。ドル円は119円台の前半で安値張り付きをしているが、これで一段安して118円台に突入すると、完全に日銀のマイナス金利以前のレベルに全戻しすることになる。

 なかなか信じられないことでもあるが、確かに日本株も2日連続の大きな下げで、日銀アクションの直前の水準まで押し込まれてしまっている。マーケットに金融緩和の効果を聞いてみたら、まったくそんなもの効き目がないよといっているようだ。

 米国株の現物が始まると、なおいっそうのドル売りが出てきた。日本の長期金利が歴史的な低水準まで下がったことで、もう買うものは米国債しかないといった感じになって、米ドルの長期金利も急低下しているからだろう。ドル保有の魅力が薄まったからだ。ドル円は118円台に突入。

 私は戻り高値を売ることはできず、結局、安値突っ込みばかりだ。118.94で売っていった。利食いと損切りのポイント数も変わらない。その後も何度かドル円をショート攻めしたが、最後に117円台で売ったところが捕まってしまった。最後は118円台まで戻したところで買い戻して終了。損切りがついたのを境に、もうトレードはやめにした。

 ニューヨーク時間ではドル円は117円台の前半まで差し込んだ。ユーロドルも久しぶりの1.11台まで上がっている。その後は米国株の戻しなどもあって、ドルは買い戻されたが、それでも一日を通じてはドルが大きく下がったわけである。明日が雇用統計なので、今晩は基本的に様子見となるであろう。原油価格が30ドル割れでもしない限り、休んでいたいというのが市場参加者の偽らざる感想だろう。


日本時間 16時00分
 


8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

GMO外貨[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 CFD口座おすすめ比較 トルコリラスワップポイントランキング
トレーディングビュー記事 CFD口座おすすめ比較 トルコリラスワップポイントランキング
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る