ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル円114円台をワンタッチ、
日米会合への期待で週スタート

2016年03月14日(月)14:18公開 (2016年03月14日(月)14:18更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 ECBの金利会合では、ファーストアクションはユーロ売りとドル買いが強まって、欧州株も上がったが、これはやはり期待以上のことをやったという評価なのだろう。しかしニューヨーク時間になると相場はすべて反転して、ユーロは買い戻されて、ドルは下げた。

 ドル円はECBの直後に114円台まで上げていたのに、112円まで沈んだ。ユーロドルのほうはECB直後に1.08台の前半まで差し込んだのだが、1.12台までメクリ上げられている。翌日の金曜日はその続きをやるのか、それとも見直しが入るのか。それが試される日となった。

 しかし流れは変わって、アジア時間ではリスクテークが強まった。ひとつには人民元が上がったこともある。それで中国株などが堅調な地合いを示したからでもあるだろう。ドル円は早々に113円台まで戻してきて、なかなか下がらなくなった。

 ドル円は前日に114円台をやって失敗しているのだから、そう簡単には上値トライはないだろうと思っているのに、すんなりと113円台の中盤を超えてきた。欧州序盤ではすでに114円台を目指す動きとなっている。

 ドル円が元のレベルである114円台に戻るならば、ユーロドルも落ちてしかるべきである。しかしユーロドルは確かに下がってきているが、1.11台の前半である。とても1.08台とかには遠い。ユーロ円が上がってしまっている地合いなのだなと考えなおしてマーケットに臨むことにした。

 しかしニューヨーク勢が参入してきても、ドル円はパッとした動きはなかった。結局は入りそびれてしまったわけだが、ニューヨーククローズに至るまでドル円は113円の後半で小動きだった。米国株が前日に比べて切り返してきているのだから、ECBの追加緩和はやはり効果ありと評価されているのだろうか・・・。

 さて今週はいよいよ日米の金利会合である。それまではちょっと様子見姿勢が強まるかもしれない。かといってマーケットが動かないわけではなく、先週のECB会合と同じで、期待先行でリスクテークの方向に動いてしまう可能性が高い。

 本日は東京時間の午前中にドル円はやはりじりじりと上げていき、114円台をタッチした。でもどうも戻り売りの圧力も強いようだ。とりあえず今日から米国は夏時間入り。また体がなじむまで2週間ほどかかりそうだ。あまり焦らずに相場にも臨んだほうが良さそう。

日本時間 14時30分

 

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ jfx記事 トレーディングビュー記事
ザイ投資戦略メルマガ jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る