ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ショートカバー進みドル円111円台、
日米の金利会合で実際のところを確認へ

2016年04月25日(月)15:35公開 (2016年04月25日(月)15:35更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 金曜日の昼過ぎに観測記事が流れ、金融緩和の期待が高まった。ドル円は朝から下がり傾向にあり、やはり110円ちょうどは超えられなかったかといっていた矢先である。たしかにテクニカルポイントだったのだから、相場の引っかかりどころではある。逆にいうと、何も起こらなければ、そこまで届いても相場は反転するのが筋である。

 そこで上抜けするだけの材料を欲していたタイミングでもあったのだ。110円超えはテクニカル的にも大きなインパクトがあった。それがさらに上値追いするだけの理由を与えもした。そうしてドル円やユーロ円が堅調なまま、海外市場に突入。後はドル円の上値がどこまでなのかを確かめねばならない。

 時間的にはスピード調整が出てきても、おかしくはない。しかし流れか観測記事の実態がよくわからない。何か出てくるといけないという思いから、ドル円のショートカバーはますます進むという構図だ。買い戻しのストップロスも順々に飛び出してくる。イベントはほとんどない中、そうした短期需給だけでドル円は値を切上げていった。

 ニューヨーク時間に入ると、早々にドル円は111円台に到達。ここまで来ると下値不安がだいぶ薄らぐ。マーケットに参入するにはドル円を買ってみようかなという意欲をかき立てるには十分である。ドル円はそのまま111円台を割り込むことなく、そのまま高値攻めが続いた。間接的な影響を受けて、ユーロドルもドル高の方向に引きずられた感じである。

 今週はアメリカのFOMCと日銀の金利会合を控えている。それだけ余計に敏感になっているのもやむをえない。しかし普通に考えればFOMCでも日銀会合でも何もしないことは明らかだと思う。やるべき理由がないのだ。

 しかし市場が日銀がやることを織り込んでしまった以上、それをどのように正当化するのだろうか。できなければ相当の反動を覚悟しないといけない週となる。先週の金曜日からの日本株の上げもドル円の上げも、空中戦だったということになる瞬間がどういうものなのか。そこに最大の注意を払わないといけない。


日本時間 15時30分

 

 

 

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定5000円&オリジナルレポート

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引でもれなく限定5000円&オリジナルレポート!

link

初心者でも安心の少額取引!

SBI FXトレード

少額1通貨単位から取引ができるSBI FXトレード!ザイFX!限定キャンペーン中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る