ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

トランプラリー続くか試される週、
クロス円弱含みだがキープウォッチ!

2016年12月05日(月)15:31公開 (2016年12月05日(月)15:31更新)
持田有紀子

【副業FXで勝つためのメルマガ】田向宏行さんのFXメルマガは儲かるのか? ダウ理論の転換トレードで検証したらこうなった!

 昨日はアメリカの雇用統計であった。しかしすでにこれから行われる12月利上げは市場で完全に織り込まれてしまっているので、結果がどうあっても金融政策は動かない。

 だから興味もかなり薄れてしまっているというのが実情だ。そういう理由だけでもないだろうが、雇用統計スル―ではマーケットはダイナミックに動かなかったといえる。

 就業者数は17万8千人の増加となって、ほぼ予想通り。しかし失業率は4.6%となって、かなりの改善となった。0.3%ポイントも改善したとなると、この数字の怪しさも感じられるほどだ。

 そこで仕事の量よりも質を見るということで平均時給に目がいったが、それはマイナスの0.1%だった。これは最近では見ないほどの悪い賃金の伸びである。マーケットはどちらかというと、この時給のほうに反応したようだ。

 ファーストアクションとして、まずはドル売りに。そこからすぐにドルの買い戻しが入った。そのショートカバーの段階でドル円は昼間の高値も瞬間的に超えてきた。つまり雇用統計の発表後の10分で、1日のレンジをすべてやってしまったわけだ。ユーロドルもドルとしてはドル円と同じ動き。

 そしてずっと1.06台のままだった。値動きは狭いものの、ニューヨーククローズを迎える頃になると、ややリスク回避の動きが鮮明になった。米国株は垂れてきて、長期金利も低下。ドルの全面安ということになった。週末に至りの国民投票も控えているからだろう。

 今週はマーケットでのイベントがたいへん少ない。したがって引き続きトランプラリーが継続するのかどうかが市場の関心となる。あとは原油価格。OPEC絡みで原油相場が持ち上がっているが、50ドルから52ドルの間で足踏みしている。

 これは10月にもつけた戻し高値のレベルである。原油生産の設備をフル稼働した状態からの減産だから、あまり相場に影響を与えないはずであるが、それが価格下落という形をとって現れると、市場全体に不安感をもたらす要因になるかもしれない。

 また国民投票を受けてイタリアの首相が早々に辞任を表明し、ユーロドルは今年の安値を更新したユーロの動きも要ウォッチである


日本時間 15時30分
 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年4月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

外為どっとコム

ザイFX!最新&おすすめ記事

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
経済指標速報記事 バイナリーオプション比較 トレーディングビュー記事
経済指標速報記事 バイナリーオプション比較 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る