ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

太田忠
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

押し目買い意欲が強いドル、
今晩の米利上げ後が市場の関心事

2016年12月14日(水)15:54公開 (2016年12月14日(水)15:54更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 昨日の欧州序盤ではドル円は115円台の前半。これは最近のレンジの中でも高いものではあるが、新高根の更新していないという意味で、レンジ内の中だという見方になってしまう。それだけトランプラリーで出来上がった10円以上もの上昇にも慣れ切ってしまったということだろう。

 ちょっとでも上がりかけると、猛烈に買いが追随して来る。30ポイントくらいだったら、あっという間に上がってしまうのだ。そのくらいに上げ方向には値が軽くなっているし、上がる分には結果的にロスカットになったにしても賭けるだけの価値があると思わせる相場ぶりだ。

 昨日は簡単には115円台のミドル越えということにはならなった。小休止といったところだ。期待されているものが少ないとはいえ、FOMCが控えている。動きが鈍くなってくれば、ますます自分だけ勝負にいこうという気が失せるのである。しかしそれでもドル円は下がっても下値不安は薄いもので、完全に114円台に突入ということにはならなかった。

 ドル円の114円台。これは先週まではとても高いなという感じで、高値警戒感を招いていたレベルだ。それが今や押し目として語られている。114円台だったら買ってもいいかな、という論調で語られている。やはりなれというものは恐ろしいものだ。

 ところで今夜は一連の経済指標の後にFOMC。大統領選の前からずっと12月利上げは100%に近い織り込み具合だったので、いまさらあるなしを議論しても仕方のないところだ。注目点は来年の金利動向の予測だろう。来年の12月に利上げがあるのは、これまた完璧として、後は6月にもあるのか、それとも3月にもあるのか。

 つまり年1回の現行の利上げペースから年2回になるのか、年4回になるのかの議論である。おおむね利上げのペースは上がっても、年2回だろうというのが市場の織り込み具合である。それを声明文の文言から読み込んでいくのだが、これは専門家でもない限り難しい。我々、一般人は目の前で起こる相場の変化で判断するしかない。

 ドル円が上下やっても1円ほどのレンジに収まっているならば、それは年2回がせいぜいということになり、波乱のない内容だったのだろうと推察がつく。それなのに一気にドル円が117円台にまで駆け上がったり、ユーロドルが昨年来の安値を更新してくるようなことになると、それは3月利上げの準備もあるということだ。


日本時間 16時00分
 

おすすめFX会社
link

初心者でも安心の少額取引!

SBI FXトレード

少額1通貨単位から取引ができるSBI FXトレード!ザイFX!限定キャンペーン中!

link

ザイFX!限定で5000円!

セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]

マーケット情報充実!今ならザイFX!限定5000円がもらえるキャンペーン中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ
トレーディングビュー記事 jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る