ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

トランプ氏が円安黙認? そのワケとは…!?
2017年もドル/円上昇トレンドに変化なし

2017年01月05日(木)17:33公開 (2017年01月05日(木)17:33更新)
西原宏一

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

■日経平均は4年ぶりの上昇でスタート

 あけましておめでとうございます。

 本年もよろしくお願いします。

 振り返ってみれば、2014年から2016年の日経平均は下落でスタート。

 とくに2016年は大発会で日経平均が580円安、そこから6日連続安という歴史的な下げでスタートしました。

2015年11月~2016年3月の日経平均 日足
日経平均 日足

(出所:Bloomberg)

 それが示唆するように、2016年の秋まで、日本株は総じて軟調な展開でした。

 マーケットでは「アベノミクスの終焉か?」という報道が飛び交っていました。

 そこに日銀が満を持して、2016年9月に追加緩和を導入。これにより日本株の下値は限定的となり、底堅く展開。

【参考記事】
日銀決定はテーパリングへの道?それともヘリマネ? 米ドル/円は底固め後、反発へ(2016年9月29日、西原宏一)
マイナス金利の深堀りはなく相場乱高下! 日銀は金融政策の何を変更したのか?

■日銀の追加緩和を為替が台無しにする?

 ただ、日銀の追加緩和を台無しにしてしまいそうなのが為替。

 いくら日本株が底堅くなっても、米ドル/円が100円を割り込むような円高になれば日本株も反落してしまいます。

【参考記事】
2017年に起こり得るブラックスワンとは? 日本株の「掉尾の一振」は期待できるのか?(2016年12月26日、西原宏一&大橋ひろこ)

 結果、アベノミクスにとって最大の課題は「為替政策」ということが金融関係者の間で共通の話題となりました。

 ただ、為替は相手国のあることなので、安倍政権は米国に対してかなり高度な交渉が必要だといわれていました。

 はたして安倍政権は、「米国に対してある程度の円安を容認させることができるのか?」がマーケットの焦点となっていました。

 その答えが、2016年12月27日(火)の菅義偉官房長官の…


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る