ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

クロス円しっかり続くが材料難、
注目はトランプ動向くらいか

2017年05月16日(火)15:38公開 (2017年05月16日(火)15:38更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 昨日のアジア時間では、恐れていたほどのリスク回避は起こらなかった。北朝鮮の行為にどのくらいマーケットは反応するのか注目を集めていたのだが、早朝のセッションで若干、下値突込みした程度のもの。

 ドル円は113円台を割り込まなかった。その後は底値が限定的だったことを確認した安心感と、突込み売りしてしまったショートポジションのメクリ上げで、実に腰の強い展開となった。

 海外市場でも週末に起こったサイバー攻撃や北朝鮮のミサイルはあまり問題視されなかった。東京市場と同じく、それを確認したマーケットがリスクテークに傾くこととなった。また夕方にはサウジとロシアが減産期間の延長で合意したということで、原油相場も上昇。それがますます市場のリスク許容度を増大させた。

 アメリカの景況感のデータが悪かったので、瞬間、ドル円は下げたが、やはり下サイドにはビッドがぎっしり。すぐに元のレベルまで反発してきた。そして米国株も堅調に始まり、値動きは鈍いものの、歴史的高値に迫ることに。ドル円、ユーロ円ともに堅調な地合いをキープした。

 そして本日分になってバリューデートが変わる頃に、トランプ政権がロシアに極秘情報を流したという報道も流れて、ドル円は20ポイントほど軟化。ちょっと上サイドの高値追いはしづらい状況となっている。こうなると当面は113円台の中でのレンジプレイが続くことになるのだろうか。今週は大きな材料に欠けるので、ますます膠着感を高めることになりそうだ。


日本時間 15時30分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る