ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
FXトレーダー(FX投資家)の取引手法を公開!

2カ月で10万円→6億円の例も! 億トレ間近
の生主がガイドする「FX放送」の世界

2017年07月31日(月)12:13公開 (2017年07月31日(月)12:13更新)
ザイFX!編集部

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

FXトレードを生中継するFX放送って知ってる?

 あなたのFX情報源は? ブログ、ツイッター、メルマガ、テレビ、それに当サイト―― いろいろある中、意外と知られていない、だけど効果的なのが「FX放送」

 個人投資家が自分のトレードの様子や相場観、手法、それに視聴者との雑談などをライブで中継してくれる放送だ。

 FX放送って何が魅力で、どんな効果があるのか、何に気をつけて利用すべきか――あなたの知らないFX放送の世界、案内してくれるのは「FX放送のおかげで勝てるようになった」と話す、たくしあげ所長さんだ。

10万円から6億円へ駆け上がった生主も誕生

 「FXを始めたのは2009年ごろ。株で勝てなかったからという安易な理由で始めたので、最初はFXでもまったく勝てませんでした。『俺たちは雰囲気で為替をやっている』という感じで(笑)」

 ちょうどそのころ、あるサービスが始まった。ライブストリーミングの動画共有サービス「ニコニコ生放送」でのユーザー生放送だ。月額数百円の料金を払えば、一般ユーザーがライブ放送を配信できるサービスは当時としては画期的だった。

「ニコニコ生放送」の公式サイト
「ニコニコ生放送」の公式サイト

 「私が放送を見始めたのが2009年中盤。わりとすぐにFX系の『生主』(放送を配信する人)が登場しました。いろんな雑談をしながら、チャンスが来ると『ここでL(ロング=買い)だ』と取引画面を見せながら生でトレードしてくれる。そんな様子を見ていました」

 そんなニコ生のFX放送の存在感を一躍高めることになったのが、あるトレーダーの栄光と転落だ。

 「『GFF』(ぐふふ)さんですね。10万円の証拠金をわずか2か月で6億円に増やし、その様子をニコ生で配信していました。当時、1000万円、2000万円クラスの生主は他にもいましたが、GFFさんは他の生主をはるかに凌駕する金額でした」

たった1人のロスカットで相場が30銭も上昇!

 そんなGFFさんを悲劇が襲う。

 「ちょうど放送中のことでした。私も見ていましたが、GFFさんのポジションがロスカットされ、3億円の損失となったんです

 GFFさんが保有していたのは英ポンド/円の売り1万6000枚。当時のレートで金額にしておよそ、200億円分の取引になる。

 「巨額のポジションを公開していたため、機関投資家に狙われたのでは?ともささやかれました。実際、GFFさんのロスカットで、英ポンド/円のレートが30pipsも跳ねました。その様子がロイターの記事になったほどです」

2010年7月14日の英ポンド/円 1分足
2010年7月14日の英ポンド/円 1分足

(出所:MetaQuotes Software社のメタトレーダー)

 このGFF事件もあって、FX放送の存在は少しずつ浸透していく。

 「FX放送では、ポジション保有中の生主の不安な心理やロスカットされたときの心の叫びを生で聞くことができるんです。他人のトレードを生で見る機会って、ほぼ皆無ですよね。GMOクリック証券の『トレードアイランド』や、YJFX!の『ファイナンススタジアム』(※)はありますが、見られるのは結果だけ。FX放送ならトレード中の様子をメンタルも含めて、余すところなく、見ることができる

(※編集部注:Yahoo!ファイナンスが提供していたYJFX!での取引成績を公開する「ファイナンススタジアム」は、本記事の取材後、2017年7月22日(土)にサービスが終了した)

「これをやったら負ける」を生で学ぶことができた

 含み損を抱えたときの不安、相場が急に動いたときの狼狽、ロスカットされて失った冷静さ――こうしたメンタルの動きによっても取引は大きく左右される。こうしたメンタルの揺れを追体験できるのが、FX放送ならではのメリットだ。

 「やっぱり生主でも結果として負けちゃっている人が多いんです。それを見ながら、『こうやったら負けるのか』と、やってはいけないことを学んでいきました

 教科書で理論を読むのと、ナマのトレードを見るのでは実感の度合いが違う。実はGFF氏は、強制ロスカットの基準を勘違いしていて、含み損が2億円の時点で損失の確定を覚悟していたし、自分で損切りするチャンスは何度もあった。2億円の損失と3億円の損失は大きな違いだが、「ここまで来たら似たようなもの」と思って損切りできなくなってしまうのは、プロスペクト理論が示す典型的な展開だ。

プロスペクト理論
プロスペクト理論

良さそうなやり方は検証した上で取り入れる

 「FX放送で学び、自分の手法に直接取り入れているのはナンピンです。以前、ひたすら『マーチンゲール』でナンピンする生主がいて、毎月コンスタントに勝っていたんです。その放送を見たのがきっかけでした」

 1枚で勝負し、負けたら次は2枚、また負けたら4枚、それでも負けたら8枚と、取引量を負けるごとに2倍にしていくのが「マーチンゲール」。連敗しても最後に1勝すれば勝てるとする、ギャンブル由来の資金管理法だ。

 一見、無敵なようにも思えるが、10連敗、20連敗後の取引量が膨大になるため、無限に近い資金が必要となるのがワナ。最後の1敗が致命傷になる手法だ。

 「自分でも勝てるかなと思って検証しましたが、結果はトントン。ただ、取引の履歴を詳しく見返すと、3回目までのナンピンはたしかに効果があった。4回以上はナンピンしても損失が膨らむだけ。そうやって確認してから、自分の手法にも取り入れるようになりました」

FX放送を教科書に上達、億が目前に!

 FX放送を教科書にして、スキルを高めていった、たくしあげ所長。現在はその名のとおり、億間近まで資産をたくしあげている

 「いろいろな生主の話を聞いて、とりあえず一度飲み込んでみる。自分に合わなかったら吐き出す、その繰り返しで自分なりのやり方が確立されていきました

 トレード時間もそうですね。ある生主が『ヤンキー時間(※)は難しい』と嘆いていんたです。『なら、やらなきゃいいのに』と思いながら、自分の取引データも検証してみたら、負けやすい時間があった」

(※編集部注:「ヤンキー時間」とは、NYの株式市場が開いている、日本時間の23時30分~翌6時までの時間帯。米国がサマータイムの期間は、22時30分~翌5時が該当する。ヤンキータイムとも呼ばれる)

 そこで、たくしあげ所長は勝ちやすい時間、負けやすい時間の傾向に気がついてから、取引時間をグッと絞った。現在は朝9時から10時まで、15時半から18時まで、それに20時から22時30分までと、3つの時間帯だけで取引している

FX放送は「ポジポジ病」対策にも、オススメのFX放送は?

 「トレード中は、ほぼ確実にFX放送を流しています。FX放送は『ポジポジ病』の対策にもなるんです」

 チャートを見ていると、ポジションを持たない「ノーポジ」の状態がつまらなく感じて、ついついトレードしてポジションを持ちすぎて「オーバーポジション」になってしまうのがポジポジ病だ。

「FX放送を見ていると、生主が自分の代わりにポジションを持ってくれて暇つぶしになる。『暇だからついポジポジしちゃう』ことがなくなるんです」

 しかし、FX放送ってそんなにたくさんあるの?と思うかも。でも、ニコニコ生放送で「FX」と検索してみてほしい。きっと放送中のものがあるはず。

 では、これからFX放送を見始めようという人に向けて、オススメの生主を教えてもらおう。実は、たくしあげ所長は「ニコニコ生放送FX・ふわっちFX生主まとめブログ」と題したブログの管理人であり、日本屈指のFX放送ウォッチャーでもある。そんなたくしあげ所長が教えてくれたのは3人の生主の名前。

 「平日の東京時間10時から放送してくれるのがジュンさん。私の考え方が変わったのは、ジュンさんを通じて『こんなに億トレがいるのか!』と知ったから、ということがあります。

 みんな、20代後半や30代前半なのに、億ってる人がたくさんいた。それまでは1000万円の資金に対して15枚程度で取引していました。それじゃ億へ行く前に死んじゃうなと思って、取引量を4倍に。今は資金も増えたので、最大500枚くらいまでポジションを建てるようになりました」

 FX放送はコメント欄を通じて交流もできるから、FX仲間をつくる場にもなる。

 「あとは八千草さん。ガチで勝っている人ですね。FX放送って生主が負ける様子を『メシウマ』(飯がうまい=喜ぶ)したい視聴者も多いんですが、八千草さんの場合は『同期』(同じポジションを取ること)する人も多く、視聴者が『八千草さん、勝って!』と願いながら見ている。そのくらい上手な人です」

あの超有名トレーダーがFX放送に参戦してた!

 そして、3人目に挙がったのは、意外な名前……。

 「JFXの社長、小林芳彦さんです。今年(2017年)6月、7月と、仲値スキャル(※)を生放送してくれたんです。あれだけ実績のあるプロの方のトレードを見られる機会なんて、そうそうありませんよね。小林さんほどの人が放送してくれるのは、本当にありがたい。結果は残念ながらマイナスだったんですが、話しながらトレードするのって最初は難しいですからね」

(※編集部注:仲値スキャルとは、金融機関などがその日の顧客との取引の際の基準レートとなる仲値を公表する日本時間10時前後の相場の変動を利用して、短期間で取引を完結させるスキャルピングで利益を上げようとする取引手法)

 そのほか、小林さん以外にも、FX放送に参入している有名人はいる。「ロンドンFX」こと松崎美子さんは、2017年5月から、ライブ配信ではないがYouTubeで月に数本、英ポンドやユーロのファンダメンタルズを中心とした解説動画を投稿。「ユーチューバー」としての一面を見せている。

ニコ生だけじゃない、まだあるFX放送の舞台

ジュンさん、八千草さん、小林社長の3人が利用するのはいずれもニコニコ生放送。ただ、FX放送の舞台はニコニコ生放送だけではない。

 「とくに最近は、ニコニコ生放送だけでなく、いろんな放送のプラットフォームが登場しています。YouTubeライブだと配信が動画に残せることもあってか、わりとガチ系というか、マジメな放送が多い」

「YouTubeライブ」公式サイト
「YouTubeライブ」公式サイト

 これは同感。ライブ感のあるものというよりも、チャートパターンの解説など廃れない内容のものがYouTubeには多い印象だ。

 「ツイッターを中心に活動している人は『ツイキャス』を利用することが多いようですし、『ふわっち』は投げ銭が特徴ですね」

 投げ銭とは視聴者から配信者へのカンパ。有名配信者だと、1放送で100万円近い投げ銭を集めることもあるという。

 「FX生主も一時、ふわっちでお試しをしたりしていましたが、撤退した人も多い。今のふわっちはFX放送というより、オラオラ系やお水系の人が目立ちます。根付いた雰囲気が違うんだと思います。FX放送なら、やはりニコニコ生放送です」

FX放送には危険なトラップも…

 魅力的なFX放送の世界だけど、気をつけないといけないこともある。高額な情報商材を売りつけたり、海外のFX口座へ誘導しようとする人たちの存在だ。

 「放送を見て、『この人はすごい勝っている、本物だ』と思っても安心できません。生のFX放送とはいえ、勝ち組を偽装することは簡単だからです。デモ口座を2つ用意して両建てし、含み益が出ているほうの口座だけを見せればいいんですから」

 デモ口座と実際の口座をFX放送の画面から見分けるのは容易ではない。高額の資金や利益を見せているからって、本物とは限らない。

「危ないのは『詳しい手法はメールで、DM(ダイレクトメッセージ)で、LINEで』と、個別の会話へ誘導する人。話してみると、高額の商材を買わされたり、海外のFX口座へ誘導されます。本当に勝っている人なら、そんなことはしません」

無料でも優良なFX放送はたくさんある!

 ニコニコ生放送には、そもそも視聴自体が有料のFX放送もある。月に数万円の費用を払ってまで見る価値があるかどうか、よく考えたほうがいい。無料で見られる優良なFX放送はたくさんあるのだから。

 FX放送を商売に利用する人には気をつける必要があるが、FX放送はトレードの参考になる便利なもの。今まで見ていなかった人もぜひ一度、視聴してみて!

(取材・文/ミドルマン・高城泰)

【2022年9月最新版】

FX初心者におすすめのFX会社はココだ!

■少額から取引できる「最低取引単位が小さいFX会社」!

SBI FXトレード⇒詳細情報ページへ

最低取引単位 スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.09銭 0.30銭 0.19pips 34ペア
※取引量が1~1000通貨までのスプレッド。2022年7月1日(金)6時00分~2022年7月30日(土)5時30分までの配信実績
【SBI FXトレードの関連記事】
「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレードの公式サイトはこちら!▼
SBI FXトレードの公式サイト

MATSUI FX(松井証券)⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.2~0.9銭 0.5~1.5銭 0.4pips原則固定 20ペア
【MATSUI FX(松井証券)の関連記事】
「MATSUI FX(松井証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼MATSUI FX(松井証券)の公式サイトはこちら!▼
MATSUI FX(松井証券)の公式サイト

パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
100通貨 0.0銭原則固定 0.0銭原則固定 0.1pips原則固定 18ペア
※スプレッドは取引量によって変化。2022年9月30日までのキャンペーンスプレッド
【パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の関連記事】
「パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の公式サイトはこちら!▼
パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の公式サイト

■スプレッドが狭くて「取引コストが安い、おすすめのFX会社」!

 米ドル/円

SBI FXトレード⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.09銭 0.30銭 0.19pips 34ペア 1通貨
※取引量が1~1000通貨までのスプレッド。2022年7月1日(金)6時00分~2022年7月30日(土)5時30分までの配信実績
【SBI FXトレードの関連記事】
「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレードの公式サイトはこちら!▼
SBI FXトレードの公式サイト

FXネオ(GMOクリック証券)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.5銭原則固定 0.4pips原則固定 20ペア 1万通貨
【FXネオ(GMOクリック証券)の関連記事】
「FXネオ(GMOクリック証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼FXネオ(GMOクリック証券)の公式サイトはこちら!▼
FXネオ(GMOクリック証券)の公式サイト

LINE FX(LINE証券)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.4銭原則固定 0.4pips原則固定 23ペア 1000通貨
※日本時間9時~翌27時までの時間帯に適用されるスプレッド。スプレッドはすべて例外あり。ユーロ/円・ユーロ/米ドルは、2022年10月1日までのキャンペーンスプレッド
【LINE FX(LINE証券)の関連記事】
「LINE FX(LINE証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼LINE FX(LINE証券)の公式サイトはこちら!▼
LINE FX(LINE証券)の公式サイト
 ユーロ/米ドル

LION FX(ヒロセ通商)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~1.0銭 0.4~1.6銭 0.3pips 51ペア 1000通貨
【LION FX(ヒロセ通商)の関連記事】
「LION FX(ヒロセ通商)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼LION FX(ヒロセ通商)の公式サイトはこちら!▼
LION FX(ヒロセ通商)の公式サイト

MATRIX TRADER(JFX)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~1.2銭 0.4~1.6銭 0.3pips 38ペア 1000通貨
【MATRIX TRADER(JFX)の関連記事】
「MATRIX TRADER(JFX)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼MATRIX TRADER(JFX)の公式サイトはこちら!▼
MATRIX TRADER(JFX)の公式サイト

外貨ネクストネオ(外為どっとコム)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.4銭原則固定 0.3pips原則固定 30ペア 1000通貨
※日本時間9時~翌27時までの時間帯に適用されるスプレッド。スプレッドはすべて例外あり。ユーロ/円・ユーロ/米ドルは、2022年10月1日までのキャンペーンスプレッド
【外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の関連記事】
「外貨ネクストネオ(外為どっとコム)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の公式サイトはこちら!▼
外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の公式サイト

※本コンテンツの調査対象は法人口座ではなく、すべて個人口座となっています。
※サービス内容は当社が独自に調査したものです。正確な情報を提供するよう努めておりますが、詳細は各FX会社にお問い合わせください。

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る