ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル円また下ブレークなし、
債務問題は先送りで少しリスク回復

2017年09月07日(木)16:32公開 (2017年09月07日(木)16:32更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 昨日のアジア時間ではドル円が108円台の中盤だった。今年の最安値が108.14であって、そこがテクニカル的にサポートされている。いつ下サイドを攻め始めるのかが注目されていたが、昨日もブレークすることはできなかった。

 4月に今年の安値を付けて以来、これで何度目だろうか。やはり108円台は買いだったということになる。少なくとも108円台まで下がってきたからと言って、突っ込み売りはしてはいけない状態がまだ続いている。

 海外市場ではムードは一変して、楽観論が台頭した。それはトランプ政権がハリケーン対策のための予算措置を施さないといけないので、議会と手を握ったからである。債務上限の引き上げ問題が、3か月ほど先延ばしになったのだ。

 それをマーケットは好感してリスクテークに傾いた。米国株も上昇し、ドル円も109円台に戻してきた。トランプ政権の運営能力に疑問符がつく中で、久しぶりの前進を見たような感じである。

 しかし9日に北朝鮮がミサイルを発射するかもしれないという懸念は拭い去れない。韓国の首相も警戒すべきだと発言している。よって週末にかけての地政学的なリスクの高まりに対する備えも必要なので、積極的なリスクテークには動けないものと思われる。

 そうした中でドル円も上値トライはするものの、高値追いを喜んでしていけるほど、マーケットのリスク許容度の回復は戻ってきてはいない。

 またトランプ大統領の発言で、韓国の態度のことを「物乞い」だと言っているのも気にかかる。今の政権は確かに圧力よりも対話を重視しているが、同盟国なのにこのような形で批判してよいものだろうか。

 トランプ大統領の真意はまた別のところにあるのかもしれないが、北朝鮮に付け入られるスキを与えているだけのようにも見える。そしてまたそれが市場の混乱の度合いを深めることになるかもしれない。

日本時間 16時30分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る