ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

雇用統計は良かったが想定内、
ドル円もテクニカルを意識

2017年11月06日(月)15:38公開 (2017年11月06日(月)15:38更新)
持田有紀子

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 雇用統計の結果は良かったというべきなのだろう。就業者数は26万人台の増加にとどまり予想を下回ったが、そもそも30万人台の増加を見込んでいたこと自体が大きすぎたともいえる。就業者数が大きく出ても、小さく出ても、結局はハリケーンの影響によるされ、誤差とみなされるだろうことは事前に容易に想像がついた。

 失業率は4.1%となって、強めの数字。就業者数は上下にブレやすいが、失業率のほうは時間をかけて着実に改善している。マーケットの反応もこれを端的に表しており、最初はドル売り、リスク回避で反応したが、すぐに立ち直った。ドル円も113円台のミドル水準まで押し込まれていたが、すぐに発表前の114円台まで値を戻してきたのである。

 FRBが注目しているとされるインフレ動向を見るための賃金上昇については、予想を下回った。しかしこれには大きな反応を見せていない。そもそも今回の雇用統計の結果では、12月利上げのシナリオに変更を迫るものではないとの見方となったからである。

 金曜日は日本が休みだったが、日経先物は22500円台から上値サイドを狙っている状況に変わりはない。バブル崩壊後に戻したレベルが日経平均株価で22666円である。これをつけたのは、1996年の6月のことだ。

 これは時期的には1995年にドル円が79円台に突入して円高不況が叫ばれていた頃からの反転の頃合いと合致する。榊原財務官が強力な介入を行って、ドル円は100円台まで戻してきたのだ。

 そうした円安誘導に加えて、海外市場の株高の流れの大きな始まりの時期でもあった。ダウ平均が4000ドルの多い台を突破してきたのだ。4000というのはマジックナンバーであって、それまで何度もトライしたが、ブラックマンデーやポンドショックで頭を押さえられてきた歴史がある。

 その4000ドル突破から現在の過剰なまでの株高である23000ドル台というのが、20年後の姿になろうとは。ともかくも日経先物の上値攻めでは重要な節目に到達しているのである。ここで止まらないといけないという理由はない。

これはあくまでもテクニカル的な観点からである。高値警戒感に加えて、テクニカル面からの売りシグナルも多発していることに注意だ。

日本時間 15時30分

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で4000円!

GMOクリック証券[FXネオ]

当サイト限定キャンペーン実施中!新規口座開設後5万円以上入金&2回以上取引で4000円がもらえる!

link

初心者でも安心の少額取引!

SBI FXトレード

少額1通貨単位から取引ができるSBI FXトレード!ザイFX!限定キャンペーン中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る