ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

米債減額の報道で円買い強まる、
インフレ指標に注目!

2018年01月11日(木)16:59公開 (2018年01月11日(木)16:59更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 昨日は欧州時間に入ると、中国からの米国債に関する報道が流れた。当局者の話として、購入する米国債の減額を計画すべきだという内容だった。債券相場は足元が弱っている時期だっただけに、タイミングが良かったといえよう。

 マーケット全体は急速にリスク回避の態勢に入って、ドル円は111円台の前半まで下落した。しかしスピードは決して速いというものではなかった。いかにもジワリジワリといった感じ。グローベックスセッションでは米億株も下がったが、まだ下げ足りないのは明らかな様子だった。

 私もドル円が111円台に突入してきてからは、何度かショート攻めしてみた。確かに損こそ出さなかったが、あんまりポイント数は取れていない。原因には勢いのない下げだったからだろう。いうまでもなく売りましをするような局面もなかった。ドル円はほとんど戻りやしい戻しを作らずに、ニューヨーククローズまで安値圏を張り付いていた。

 リスクに敏感なクロス円であるが、ユーロ円がここ3日間ほど、長い陰線を連続で形作っている。つい先週にはとうとう136円台まで来たかという感じであったものが、133円台までゆるんできた。

 1日当たり1円のペースで着実に落ちてきている。このまま下がっても130円という節目では多少は引っかかるのだろうが、世界的にも株価には高値警戒感がパンパンにみなぎっていたこともあり、リスク調整の波は簡単には収まらないとみておいたほうが無難だろう。

 日ごろは軽視されているインフレ指標だが、このような展開になってくると別の意味を持ってくる。ちょっとでもインフレに関するデータが高めにでも出ようものならば、目標達成近しということで金融政策のタイトニングに期待が高まる。

 それは債券相場の下落をもたらし、市場の不安心理をあおることになる。それが今晩に出るアメリカのPPIだ。10年ぶりくらいにマーケットを動かすかもしれないインフレデータの発表である。予想はプラス0.2%であるが、実際に高めに出ると面白い。市場の反応がどう出るかを確認したいものだ。

日本時間 17時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10
トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る