ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ECBの利上げ計画がサプライズ、
ユーロ安値トライをキープウォッチ

2018年06月15日(金)16:21公開 (2018年06月15日(金)16:21更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 ユーロのタイトニングを期待して、またそうあるべきだと私も思っていたので、欧州序盤からユーロドルをまずはロングにしていた。1.18台に乗せてきているので、ここ最近の高値圏でのロングである。

 コストが悪いため、タイトストップで臨む。1.1790割れでポジションカットだ。そして量的緩和の終了の発表とともにユーロドルが1.19台までジャンプアップするのを期待していた。

 そしてECB理事会では、年内の緩和終了、つまり資産買い入れの終了を決めた。先月からユーロ金利の先高観が強まってきていたところだったので、タイトニングに向かう話は市場の予想通り。しかし利上げは来年の夏まではやらないとしたことで、急速にユーロを保有する魅力が薄れていった。

 発表直後はユーロドルは1.1850くらいまで跳ね上がったが、すぐに押し込まれてしまい、私もフェイバーな瞬間にはほとんど目に触れることがなかったほどである。私の投げ売りストップはダンになって、ユーロは下げ続けた。

 ニューヨーククローズまでユーロは買い戻される局面はなく、ユーロドルは大幅安となって、まだ下げ止まっていない。安値張り付きしているのだから、まだ売り切れていない証拠だ。すでにユーロドルは先月の安値であった1.1510近辺が視野に入ってきている。

 逆に言うと、このレベルが意識されて偶然に1.15台で止まったということもできる。もうユーロロングで攻めれる状況ではなくなったが、ここからショートに振り向けるには分が悪すぎる。どうせだったら1.1510を下回ったのを確認してから、つまりフレッシュローを眼前にしてから突っ込み売りをしていきたいものである。

 ユーロドルは昨日だけで300ポイント近い下げを演じたのだから、まだ消化不良だというなら、アナザー300ポイント落ちてもおかしくはない。1.11台とか来週の早々にも目にすることになるかもしれないと思って相場に臨むべきであろう。

 ちなみにアメリカの3月利上げに追随しなかったということで、ポンドの利上げ期待も高まっていた。来週のBOE会合では利上げを見込む声が多かったが、こちらもECBのおかげで吹き飛んでしまった。それを反映してのポンド売りも出てきている。

日本時間 16時00分

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で5000円!

トレイダーズ証券[みんなのFX]

最短当日取引可能!ザイFX!限定キャンペーン実施中のみんなのFX!

link

初心者でも安心の少額取引!

SBI FXトレード

少額1通貨単位から取引ができるSBI FXトレード!ザイFX!限定キャンペーン中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る