ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ユーロ安からドル全面高へ、
ドル円は高値更新で9月ジンクスは

2018年09月28日(金)15:25公開 (2018年09月28日(金)15:25更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 昨日はアジア時間でイタリアの政治不安が話題になった。午後2時過ぎに、イタリアで予算案の会合が延期されたというのだ。総選挙を経て、いまだに足下が固まっていないかに見えるイタリア。

 予算の規模をEU基準に合わせようとする動きも見られるが、それを拒む勢力もある。それでマーケットはイタリアの予算案の進行にナーバスになっていたところだ。この報道でユーロが売られ、そのまま値を戻さない。

 欧州時間でもユーロドルは安いままだったが、ドル円が上がっていかないので当初はユーロ固有の問題化と思われた。円絡みでユーロ安を反映するのはユーロ円だろうということ。

 しかしニューヨーク序盤からは予想を一転して、ドルの全面高となった。ユーロドルの安さが間接的にドル高をもたらしたとも言えよう。マーケットのいちばん弱いところに出てしまったという感触でもある。

 ユーロドルはそのまま押し目を探る展開となって重いまま。ドル円も113円台を回復してきてからは、ぜんぜんゆるまない。そのまま年初来の高値水準となるレベルまで押し上げられて、ニューヨーククローズではそのままの高値ひけの形となった

 今日は9月の最終取引日である。懸念されていた9月のリスクオフはなかったようである。ここ数十年の過去の統計では、月別で9月はほとんど株価は下げているようだ。すでにジンクスにまでなっており、そのようなポジションを好んで取るリスクテーカーも多いようだ。

 それは先月末の値段と、今日の終値を比べるのである。世界のリスク性商品の代表は、いうまでもなくS&P先物である。これが上がっているのかどうかで、9月相場はどうだったかを判断されるわけである。

 S&P先物の8月末の終値は2902ポイントであった。しかしこれは中心限月が9月ものだったので、それを現在の中心限月である12月ものに引き直さないといけない。これはキャリリングコストを加えるだけでよい。12月ものは9月もよりも5ポイントほど高かったので、比べるべき基準となる先月末の値段は2907と見てよい。

 そして昨日のS&P先物のニューヨーククローズは2920であった。13ポイントだけ上回っている。もちろん13ポイントというのは1日で簡単に動いてしまう距離である。もしも2907を下回れば「やっぱり9月はダメだったかぁ」ということになるだろうし、現状を維持していれば「中間選挙は株価が上がる年なので特別だ」などと言われることになろう。ともかくもリスク相場の行方を要ウオッチ。

日本時間 15時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る