ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

EUからイタリア非難でユーロ売り、
中国株の返しで安堵感だが要ウォッチ!

2018年10月19日(金)15:28公開 (2018年10月19日(金)15:28更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 昨日は中国株が下落して、アジア時間から市場のリスクは高まった。そして欧州時間に入っても、リスク回避の材料が出てきた。BREXITも移行期間を延長するとか、しないとか。またもめているイタリアの予算案が、EU側からの理解を得にくいことが明確になってきたりした。

 それで為替相場ではユーロ売りが先行。それをくみ取るように欧州株が下落。マーケット全体がリスクオフの度合いが加速する形で、不安なままニューヨーク市場を迎えた。

 ドル円は112円台の中盤から値崩れしないのが不思議なくらいであった。私は何度もドル円のショートにトライしようと思って見ていたのだが、値段が下がらないためなんとも売っていく気がしないのだ。

 ニューヨーク時間ではさらにサウジ問題も噴出した。セミナーに出席する予定だったムニューチン財務長官が、サウジ行きを取りやめたのだ。週末には対処方法を決めるとトランプ大統領は明言しているが、伝わってくるサウジ情勢は悪いモノばかり。それを反映して米国株はオープン下げ幅を拡大してきた。

 リスク回避の意味でもユーロ円の下げが目立っている。ユーロ円が下がるのだから、ドル円かユーロドルがどちらかが顕著に下がっているはずなのだが、昨日はユーロドルであった。イタリア予算でもめているのだから、それも当然であろう。

 しかもEU側から「ルール違反だ」と非難される始末だ。ユーロ売りを素直に敢行しておけばよかった。どうもドル円の下げる可能性のほうにばかり目が行ってしまった。無念である。

 今日は中国株が切り返しているので、市場のリスク許容度が回復してきている。そしてユーロ円もやや値を戻してきている。この返しが本物であるかどうかは、欧州株の動きなども見てから検討するべきであろう。欧州株の戻りがあまり芳しくなかったならば、そのときこそドル円かユーロ円をショートにしたい。


日本時間 15時30分

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で5000円!

トレイダーズ証券[みんなのFX]

最短当日取引可能!ザイFX!限定キャンペーン実施中のみんなのFX!

link

ザイFX!限定5000円&オリジナルレポート

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引でもれなく限定5000円&オリジナルレポート!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ
トレーディングビュー記事 jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る