FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載

第1章 FXをはじめるには

まずは小さいポジションでやってみよう!
主流は1000通貨。1通貨取引もできる!?

GMOクリック証券は取引高7年連続世界1位! ザイFX!限定で3000円もらえる

■多くのFX会社で1000通貨から取引できる!

1000通貨で取引をはじめてみよう

FXは証拠金を使って取引するしくみのおかげで、口座資金に対して最大25倍の規模の取引を行うことができます。このメリットを活かして、ルールを決めて無理のない取引をすることができれば、資金効率が良く、非常に魅力的な金融商品です。

【参考記事】
100万円分の取引がたった4万円で可能!? 少ない資金で取引できるFXの秘密とは…?
最大25倍!? FXのレバレッジってなに? 管理できればリスクはもっと抑えられる!?

 でも、それは裏を返せば、資産に対して利益や損失の割合が大きくなる、「ハイリスク・ハイリターン」の取引ということです。

 いきなり1万通貨とか10万通貨単位のポジションを持つのはちょっと怖いし、最初はできるだけリスクを抑えて取引したい! とか、安心・安全にコツコツと余裕を持って取引したい! と考えている方は多いと思います。

 そのような方には、1000通貨単位などの小さいポジション量で取引することができるFX会社をおすすめします。

ザイFX!では以下の【参考コンテンツ】の中で、主要FX会社の最低取引数量をご紹介しています。

【参考コンテンツ】
FX会社徹底比較!:レバレッジなどで比べる[取引単位の小さい順]

 ご覧になっていただくとわかると思いますが、一部の通貨ペアで例外があったりするものの、多くのFX会社で1000通貨単位の取引ができます

■小さいポジション量なら無理なく取引できる

 小さいポジション量で取引すれば、取引で発生する損益は、相対的に小さくなります。米ドル/円のレートが1円動くと、1万通貨のポジションでは1万円の損益が発生しますが、1000通貨のポジションなら1000円です。

 当然、利益も控えめになりますが、これなら無理なく取引できると感じる方も増えると思います。

ポジション量が小さいということは、取引に必要な資金も少額ですみます。米ドル/円で1万通貨のポジションを建てるとき、1米ドル=100円なら最低4万円の必要証拠金が必要ですが、同じ条件で1000通貨のポジションを建てるときは4000円です。

 少ない資金からFXをはじめてみようと思っている方にも、1000通貨単位の取引はおすすめです。

■100通貨から取引できるところもあった!

 1000通貨単位で取引できるFX会社はたくさんありますが、中にはもっと小さいポジション量で取引できるところがあります。

 それが、マネーパートナーズ[パートナーズFX nano]です。

マネーパートナーズの公式サイト
マネーパートナーズの公式サイト

マネーパートナーズには2つの口座があり、そのうちの1つである[パートナーズFX nano]は、100通貨単位で取引できます。もう1つの口座、[パートナーズFX]は1万通貨単位です。

 100通貨だと、為替レートが1円動くことで発生する損益は100円です。米ドル/円が1米ドル=100円なら、必要証拠金は400円です。米ドル/円のレートが125円以下なら、ワンコイン(500円)あれば取引できる計算になります。

■究極。なんと、1通貨から取引できる!

 もっと小さいポジション量で取引できるのが、SBI FXトレードです。

SBI FXトレードの最低取引数量は、なんと1通貨です。1米ドル=100円なら、米ドル/円のポジションを1通貨建てるときに必要な証拠金は、たったの4円です。

SBI FXトレードの公式サイト
SBI FXトレードの公式サイト

 為替レートが1円動くことで発生する損益は1円ですから、リスクは極限まで抑えられます。

 注文するポジションの量は、1通貨単位で調整することができるので、慣れてくれば5通貨→10通貨→50通貨といったように、自分の力量や資産と相談しながら、取引量を自由に決めることができます

SBI FXトレード主要通貨ペアのスプレッドは、1万通貨までの取引量なら、原則固定としては業界でもっとも狭い水準なので、取引コストも抑えられます(2019年1月現在)。

【参考記事】
激安! FXの取引コストはわずか0.3銭!? 1つの通貨ペアになぜ2つのレートが…?

【参考コンテンツ】
FX会社徹底比較!:取引コストで比べる[米ドル/円スプレッドが狭い順]
FX会社徹底比較!:取引コストで比べる[ユーロ/円スプレッドが狭い順]
FX会社徹底比較!:取引コストで比べる[ユーロ/米ドルスプレッドが狭い順]

■自分に最適なポジション量を見極めることが大事!

 以下の表は1通貨、100通貨、1000通貨、1万通貨、10万通貨のポジションを持ったときに、為替レートがいくら動いたら、どれだけの損益が発生するのかを一覧にしたものです。米ドル/円だけでなく、米ドル以外の通貨と円との通貨ペアであるクロス円も同じです。

ポジションと変動幅の一覧

※スプレッドなどの取引コストは考慮せず

 許容できる損失額がどれぐらいなのかも考慮しながら、自分に最適なポジション量を見極める参考にしてみてください。

FX初心者のための基礎知識入門目次

第1章 FXをはじめるには
第2章 FXの基礎知識を身に付ける
第3章 FXをはじめよう
第4章 チャートの見方
人気FX会社TOP10ランキングの詳細はこちらから!ランキング一覧を見る
FX初心者のための基礎知識入門トップにもどる
ザイ オンライン