ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

妙な楽観論でポンド下落は限定的、
採決のゆくえよりもやはり米株価か

2019年03月29日(金)15:09公開 (2019年03月29日(金)15:09更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 昨日はポンドの下げで始まって、その後の動向が気になる状況であった。ポンドが下がったといっても、大幅安といった感じではない。依然としてポンドドルは1,31台だったし、前よりもちょっと落ちたというだけだった。なにも1.26台とかまで下がったわけではない。BREXITが決まった国民投票のときほどの破壊力はない。

 それは当然であって、何も新しい政策が打ち出されるわけではないからだ。これから現実的なBREXITに向かっての運営方法を議論しているだけだからである。それでも市場に不透明感を増しているのは事実だ。それで1月以来、動きの鈍い為替相場の中でも、ポンド絡みが勢いづいているのだ。

 マーケットでの観測もほぼ定まってきており、4月12日まで離脱を延期したといっても、そんな短時間では何も事態を動かせないことは承知済みだ。次にもまた離脱延期が問題になって、今度は5月下旬まで延ばされる。これはEU議会との絡みもあってのことだ。

 そしてまた6月下旬まで延期するのだろう。こうして40日ずつ、どんどん先延ばしになってくるものと見られている。離脱を延期している内は、事実上のEU残留だ。事実上でも残留している分には、国内の半分の支持も得られるというものだ。

 昨日のニューヨーク時間になって、29日に3度目の採決が行われることが決まった。しかし賛成票が過半数を取れるという保証は、いまだにない。それが契機となってポンドの一段安が進んだ。ポンドドルは1.30台割れスレスレのところまで落ち込んだ。

 しかし落ちたといっても、まだ1.30台だ。まったくハードBREXITはないだろうという楽観論のなせるわざだ。ここまで下がらないと29日の採決後には、ポンドがショートカバーしてしまうのではないかとも思えてくる。

 今日は3月末で、日本人にとっては年度末だ。仲値決めでは最終の売買日だからということで、外貨手当の買い圧力が強まった。ドル円も111円台を目指す動きとなったが、その後はちょっと目先が重くなってしまっている。

 今晩は欧州時間の午後までは様子見姿勢が続くだろう。イギリス議会の動向を見守りたいからだ。ポンドの下げがこれほど緩慢だと、あんまり突っ込み売りもしたくはない。ポンドドルが1.3000を割り込んだら売ってみたくなるものだが、今回はそういう意欲がわいてこない。まあ株価でも見ながらの操作のほうがワークするような気がする。

日本時間 15時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る