ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト
バックナンバー

ブレグジット混迷で英議会は崩壊寸前!?
メイ首相は条件付きで辞任表明するも…

2019年04月01日(月)東京時間 16:54

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 英国のEU(欧州連合)離脱(=ブレグジット)を控え、ザイFX!では、これまで何度か元為替ディーラーで英国在住の松崎美子さんに、混迷する英国の状況や英議会での実施が想定されるイベントなどについて、解説していただきました。

【参考記事】
EU離脱案の採決中止! ますます混乱する英国で、メイ首相降ろしのクーデター勃発!?(3月25日、松崎美子)
メイ首相最後の賭け! 3月19~20日も山場、21~22日も山場。混乱の英国から直送レポ!(3月18日、松崎美子)

 ブレグジットについては、当初予定されていた3月29日(金)の離脱が、ひとまず延期されましたが、英国内では混乱が続いていて、メイ首相が解散総選挙の可能性を示唆しているとの情報が流れるなど、状況は二転三転しています。

 そこで今回も松崎美子さんに、現在のブレグジットに関する最新情報や今後の見通しについて、ご寄稿いただきました(ザイFX!編集部)。


松崎美子さんプロフィール

■英国議会は崩壊寸前、「もうたくさんだ…」という本音も

 2017年3月29日、メイ首相がEU(欧州連合)基本条約50条の書簡に署名し、正式に2年間の交渉期間がスタートした。

 それから2年経った今年(2019年)3月29日(金)、英国は未だにEUの一員のままである。

 3月29日(金)を目前に、英国議会では数々の出来事が繰り広げられたが、議員も国民も「Enough is enough(もう、たくさんだ)」というのが本音である。

 もし、何も決まらないまま時間だけが経過すれば、さすがの英国人たちも合意なき離脱を受け入れるのかもしれない

■Indicative Vote実施にGoサインは出たが…

 3月26日(火)にブレグジット修正案に対する採決が、再度行なわれた。そこで唯一議会の賛成を得たのが、保守党レトウィン卿と超党派議員が提出した「3月27日にIndicative Vote(示唆的投票)(※)を実施する」修正案であった。

(※編集部注:「示唆的投票」とは、法的拘束力を持たない投票のこと)

英国下院(庶民院)のツイート
英国下院(庶民院)のツイート

 これを受け、3月27日(水)の議会では、ブレグジットの内容を決断をするのは、メイ首相でなく議会に移った。

 ただし、これで議会のもやもやが一気に晴れると思ったら、大間違い。

 Indicative Voteの結果には法的拘束力がないため、どういう結末を迎えるのかは、実際にやってみないと誰にもわからない。

 そして、2003年に上院改革案を巡り、Indicative Voteを実施した時には、7つのオプションを前に、上院議員たちはすべてのオプションを否決し、ますます混沌とした暗い過去があるからだ。

■Indicative Voteは、8つのオプションすべて否決

 そもそも、このIndicative Voteとは、何か?そこから簡単に説明しよう。

●Indicative Voteとは?

 合意なき離脱を避ける目的で、議員達がさまざまな選択肢を出し合い、議会で審議/採決することを容認する。

 ここで問題となるのは、この決定には法的拘束力がないため、過半数以上の賛成を得た案を政府が採用し、EUとの交渉に使うとは限らないことである。下手をすると、単なる時間の無駄になるリスクもある。

●Indicative Vote、8つのオプション

 3月27日(水)のIndicative Voteに向け、合計16個のオプションが議員から提出され、最終的にバーコウ議長は8つのオプションに絞込み、投票が行われた。保守党は自由投票となったが、労働党はいくつかのオプションについて、党議拘束をかけた。

●投票結果、全て否決

 現地時間、3月27日(水)19時から投票が行われた。方法としては、議員に1枚の紙が手渡され、そこには8つのオプションと「YES/NO」の書き込み欄があり、そこに印をつけていくやり方だった。

 書き込み時間は30分の制限が設けられ、最終結果は21時過ぎに発表された。そして、大変驚いたことに、8つすべてが否決となったのである。

 各オプションの投票結果は以下のとおりとなった。


● オプションB:保守党バロン議員案

「合意なき離脱」

賛成:160
反対:400

240票差で否決


●オプションD:超党派案(ボールズ保守党議員)

「コモンマーケット 2.0」

賛成:188
反対:283

95票差で否決


●オプションH:ユースティス保守党議員案

「関税同盟抜きのEFTA(欧州自由貿易連合)/EEA(欧州経済領域)

賛成:65
反対:377

312票差で否決


●オプションJ:クラーク保守党議員案/労働党ベテラン議員案

「関税同盟残留」

賛成:264
反対:272

8票差で否決


● オプションK:労働党コービン党首案

「労働党案(EUと経済的な協力体制の継続。包括的関税同盟と単一市場に限りなく近い位置付けを求むソフトブレグジット案)」

賛成:237
反対:307

70票差で否決


●オプションL:チェリーSNP(スコットランド国民党)党議員と超党派案 

「EU基本条約50条の一方的な破棄」

賛成:184
反対:293

109票差で否決


●オプションM:ベケット労働党議員と超党派案

「批准手続きに入る前に国民に問う目的で2度めの国民投票実施」

賛成:268
反対:295
27票差で否決


● オプションO:フィッシュ保守党議員と超党派案(ブレグジット強行派案)

「モルトハウス案B」

賛成:139
反対:422
283票差で否決


■ブレグジット実施と引き換えに、メイ首相が辞任を示唆

 Indicative Voteの投票に入る2時間前に、議会の半分が空席となった。いったい何が起きていたのか?

 実は、保守党は伝統的に毎週水曜日夕方に、1922年委員会(※)を招集する。

(※執筆者注:「1922年委員会」とは、保守党の中で、もっとも重要な組織の1つ。保守党は長い間、現職議員の組織を持っていなかった。ところが、1922年の選挙で初当選した議員の間から、幹部議員以外の議員(バックベンチャーと呼ばれる)の組織をつくることが要望されて実現の運びとなった。この組織は、党首を束縛する権限は持っていないが、議員の意見や動向を党首に伝えるという重要な機能を十分に果していると言われている。現在でも毎週1回、招集される)

 3月27日も水曜日であったため、保守党議員たちは議会を抜け出し、1922年委員会に出席した。そして、この日の集会には、もうひとつ重要な意味があった。

 それは、メイ首相が辞任を発表するというウワサである。

 週末の保守党クーデターからもわかるように、保守党議員は、メイ首相の辞任と引き換えにブレグジット案に賛成票を投じる用意があるため、とうとうメイ首相は折れたのだろう。

 1922年委員会がスタートして15分くらい経った時、「メイ首相、集会の会場に到着」というヘッドラインが出てすぐに、「メイ首相、ブレグジットをきちんと実行に移したら、辞任を表明」と発表された。

■EU離脱日延期でも、3月29日はやっぱり重要な日だった

 メイ首相が辞任を発表した翌日の3月28日(木)の議会で、またしても、びっくりする発表があった。

 それは、急遽、3月29日(金)に議会採決を実施するという内容であった。

 3月21日(木)のEUサミットで、ひとまず離脱日が延期されたが、それでも3月29日(金)は重要な日であった。

 それは、サミットでEUは、5月22日(水)まで交渉期間を延長したい場合、「遅くとも、3月29日(金)までにMV3を実施し、ブレグジット案を可決すること」と、条件をつけたからだ。

 もし、3月29日(金)までにそれができなければ、最悪のシナリオとして、英国は、4月12日(金)に合意なき離脱のリスクとなるのだ。

 以下は、サミット合意内容の詳細であるが、こう明記されている。

「In the event that the Withdrawal Agreement is approved by the House of Commons by 29 March 2019 at the latest, the period provided for in Article 50(3) TEU is extended until 22 May 2019.

In the event that the Withdrawal Agreement is not approved by the House of Commons by 29 March 2019 at the latest, the period provided for in Article 50(3) TEU is extended until 12 April 2019. In that event, the United Kingdom will indicate a way forward before 12 April 2019, for consideration by the European Council」

(出所:欧州委員会)

 英国議会で、ブレグジット案が3月29日(金)までに可決されれば、英国のEU離脱日は、5月22日(水)まで延長される。

 もし、3月29日(金)までに可決されなければ、英国のEU離脱日は、4月12日(金)まで延長される。その場合、英国は4月12日(金)より前に、その後の計画についてEUに報告する。

 つまり、MV3(3度目の本採決)の可決まで残り1日のタイミングで、メイ首相は議会採決を呼びかけたことになる。

 3月28日(木)夕方、メイ首相が…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2396人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 94861人 ザイFX!のtwitterをフォローする

注目ザイFX!編集部おすすめのFX会社

ザイFX!限定で3000円! トレイダーズ証券[みんなのFX]

トレイダーズ証券[みんなのFX]

米ドル/円スプレッド0.3銭!いまだけ当サイト限定キャンペーン実施中!

米ドル/円0.3銭原則固定! GMOクリック証券[FXネオ]

GMOクリック証券[FXネオ]

FX取引高7年連続世界1位! 今ならザイFX!限定で3000円キャッシュバック!

ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?
ザイFX!編集部

米ドル/円、ユーロ/米ドル、ユーロ/円をはじめとした為替相場はこれからどう動くのか? このコーナーでは「ザイFX!」編集部が為替のプロのホンネに鋭く迫る記事をお届けします。
また、カリスマ個人投資家へ突撃取材したり、FX業界の最新動向をいち早くお伝えするなど、FXに関する幅広い話題も取り上げます。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ザイスポFX!」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ
FX毎日バトル!」へ
やさしいビットコイン・仮想通貨研究所」へ

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
ヒロセ通商[LION FX]

注目FXニュースをPick Up!

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! レバレッジ3倍で年利30%!?メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底調査!

ここから口座開設すると超おトク!!ザイFX!期間限定キャンペーン実施中

FX初心者のための基礎知識入門

世界の為替チャート

米ドル/円-0.30108.08

USDJPY

ユーロ/米ドル+0.00011.1031

EURUSD

南アランド/円-0.037.34

ZARJPY

みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
ザイ オンライン

TOPICS

FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム







FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議

09月16日更新

どうする?どうなる?日本経済、世界経済

今井雅人 09月13日更新

ここからの円安進行に否定的な見方をするワケは…?






元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)



ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果