ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

世界的に利下げムード一色、
ドル円サポートティブだが要ウォッチ!

2019年08月08日(木)15:14公開 (2019年08月08日(木)15:14更新)
持田有紀子

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で4000円もらえる

 昨日は金利に注目の集まる1日であった。アジア時間でニュージーランドが大幅な利下げをしたが、これは予想を超えるものだった。そもそもオセアニア諸国は短期資金が不足がちなので、金利は高めに誘導しておくのが常道。

 それを必要以上に下げたところにマーケットの不安心理を増大させた。またインド中銀も予想を超える利下げ。タイ中銀も予想外の利下げをした。世界的に利下げモード一色になってきているのがわかる。

 そうした中、何もやっていないのは日本だけ。黒田総裁は一度も金利を変更していないし、その前の白川総裁のときもやっていない。福井総裁のときにちょろっと利上げをしたりもしたが、すぐにゼロ金利に戻している。

 都合、速水総裁のときよりも前の松下総裁のときから日銀は金利を変えていないのではないか。そのため日本円が相対的にお買い得状態になってしまっている。それが円相場の上昇圧力となっているのも確かだ。

 利下げは本来、株価に取っては好材料のはずだが、不安が先行してしまい、世界的に株価は重い足取りとなった。前日の米国株の大きな戻しがあったにもかかわらず、再びリスク回避の勢いが強まった。ドル円はニューヨーク序盤で105円台に再突入した。

 私も105円台に入ってからのストップ的な売りで参戦。米ドルの金利がものすごい勢いで下がり始めたのだ。トランプ大統領が「FRBはもっと大きな利下げを」といって不満を垂れているのだが、それはいつものことだ。

 それでも米債の10年ものの利回りが1.60%台を割り込んでくると、文句なく株売り・ドル売りの流れが強まった。ドル円は戻り掛けても、106円台に戻すことはなかった。

 リスク回避のうけて米国株は下げに拍車がかかった。しかしドル円は前日の安値である105.50近辺で引っかかった。しかも結果的ではあるが、そこで底打ちとなった。テクニカル的にもサポ-ティブにワークし、止まるべきところで下げ止まったことで、それがショートカバーを呼び込んだ。

 私も下値割れを見ていた一人だが、割れないとわかるとお拾い態勢に入らざるをえない。そうした人が多かったのだろう、米国株の下げ幅拡大も止まったので、私も105.77でポジションをクローズした。

 昨日はドル金利が反発に転じた。さすがに行き過ぎの反省もあったのかもしれない。しかしすい先頃まで過度な利下げ期待と言っていたのに、昨今では年内にもう75ベーシスポイント分だけ利下げがあってもおかしくないという状況になってきた。

短期金利の相場のほうが間違っていると考えられていたが、やはり市場は正しかったということになりそうだ。それだけ世界的に金融緩和の方向へのプレッシャーが高まっているのだ。


日本時間 15時00分

おすすめFX会社
link

初心者でも安心の少額取引!

SBI FXトレード

少額1通貨単位から取引ができるSBI FXトレード!ザイFX!限定キャンペーン中!

link

ザイFX!限定で5000円!

セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]

マーケット情報充実!今ならザイFX!限定5000円がもらえるキャンペーン中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る