ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

田向宏行
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
FX情報局

FXの「少額取引」のメリットやおすすめの理由を紹介!
1通貨単位や100通貨単位で取引できるFX初心者向けの
FX口座に加え、少額取引をするための3つの方法も解説

2024年06月03日(月)10:00公開 (2024年06月13日(木)16:15更新)
FX情報局

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

FXの「少額取引」とは、一般的なFX取引よりも少ない資金で行う取引のこと。特に、これからFXを始める人や、リスクをできるだけ抑えて取引したいと考えている人には、まず最初に試してほしいおすすめの方法です。

 もともと、FXは実際の取引規模よりも少額の資金で取引できる金融商品ではありますが、取引単位の小さいFX口座(FX会社)で取引する、取引に必要な資金が少ない通貨ペアを選んで取引するなどの工夫で、さらなる少額取引が可能になります。中には、数円程度の資金から取引できるFX口座もあるので注目です。

 ここでは、FXの「少額取引のメリット」、「少額取引におすすめな3つの方法」の解説に加え、「少額取引におすすめのFX口座」も紹介します。

【このページの目次】(クリックで各項目に移動します)
■ FXの少額取引が可能な「編集部おすすめのFX口座」を紹介!
- SBI FXトレード
- 松井証券
- マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」
■ FXの少額取引のメリットとおすすめの理由
- 取引に必要な証拠金(資金)が少なくて済む
- レバレッジを抑えたリスクの低いトレードがしやすい
- デモトレードよりも緊張感があり、実戦経験を積める
■ FXの少額取引におすすめな3つの方法を紹介!
- 「最低取引単位」が1通貨や100通貨のFX口座で取引する
- 「為替レートの水準が低い」通貨ペアを選んで取引する

- 「ノックアウト・オプション」を活用して取引する
■ 最低取引単位が「1000通貨」以下のFX口座を一覧で紹介!
■ FXの少額取引に関する「Q&A」

FXの少額取引が可能な、「編集部おすすめのFX口座」を紹介!

 FXでは、最低取引単位(1回の注文で出すことができる最小の取引単位)が小さければ小さいほど「少額取引」が可能になります。主要なFX口座の最低取引単位は「1000通貨」が一般的ですが、中には「1通貨」単位や「100通貨」単位で取引できるFX口座もあるので、初心者や少額での取引を検討している人は、そういった最低取引単位が小さいFX口座で取引するのがよいでしょう。

 最低取引単位が一般的なFX口座よりも小さく、少額取引に適したFX口座の中でザイFX!編集部がおすすめするのは、SBI FXトレード松井証券マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」です。


★SBI FXトレード

SBI FXトレードの公式サイトはこちら!

SBI FXトレードは、34種類の豊富な取り扱い通貨ペアすべてを「1通貨」単位で取引できる、超少額取引に適したFX口座です。

 たとえば、日本のFX投資家がもっとも取引する米ドル/円の場合、為替レートが1米ドル=155円なら1通貨の取引に必要な証拠金は実質7円と、非常に少ない資金から取引できます。

 また、SBI FXトレードは、1回あたりの注文量が100万通貨までなら、業界トップ水準の狭さのスプレッドで取引できるので、FX取引に慣れて注文量が増えていっても、長く使うことができるという特徴もあります。

 その日の重要イベントやマーケット情報、注目トピックスを解説するオリジナルの情報などを1日に2回、メールで配信してくれるのも、FXの取引に欠かせない情報の収集方法を模索中の初心者にとってはありがたいサービスです。少額取引を検討しているなら、SBI FXトレードはまっ先にチェックしておきたいFX口座です。
【※関連記事はこちら!】
SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!

1通貨単位の超少額取引が可能、FX初心者はまずこの口座から!
SBI FXトレード ⇛詳細データはこちら
SBI FXトレードの主なスペック
最低取引単位 通貨ペア数 スプレッド
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円
1通貨 34ペア 0.18銭 0.38pips 0.48銭
※スプレッドは2024年4月1日(月)7時00分~2024年5月1日(水)5時30分の配信実績に基づく基準値
SBI FXトレードのおすすめポイント
SBI FXトレードは、1通貨単位で取引できるのが最大の特徴。しかも、国内系のFX口座としては最大級となる1000万通貨単位の取引も可能なので、ビギナーから大口トレーダーまで、幅広い投資家が使える口座です。取り扱いは、韓国ウォン/円やポーランドズロチ/円など、珍しい通貨ペアを含む34通貨ペア。スプレッドは取引量によって異なりますが、100万通貨までの注文なら業界最狭水準が適用されるので、一般的なトレーダーのほとんどが低コストで取引できる点も見逃せません。
SBI FXトレードの関連記事
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
■SBI FXトレードのおすすめポイントや、「スプレッド」「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの公式サイトはこちら
※この表は2024年6月13日時点のデータに自動で更新されているため、本記事の公開時の情報とは異なっている場合があります

★松井証券

松井証券「MATSUI FX」の公式サイトはこちら!

松井証券もSBI FXトレードと同様、取引単位としては最小の「1通貨」単位で取引できる貴重なFX口座のひとつです。人気の高金利通貨ペアも含む、厳選された全20ペアすべてが1通貨単位の取引に対応しているので、数円程度の資金からFXを始めることができます。

 さらに、松井証券はレバレッジの倍率を25倍・10倍・5倍・なし(1倍)の4つのコースから選ぶことができるのも、初心者にはうれしいポイント。FXを始めたばかりで資金管理に自信のない人も、安心して取引できます。レバレッジの倍率を低くすれば、その分、取引に必要な資金は相対的に増えることになりますが、たとえレバレッジをなし(1倍)に設定しても、1通貨の取引なら最大でも百数十円程度の資金があれば取引が可能です。したがって、リスクをできるだけ抑えて取引したい人は、レバレッジが低いコースを選択するのもおすすめです。

 また、松井証券はFXの自動売買(システムトレード)が可能なFX口座としても人気があります。取引したいレンジの上限と下限、利益確定と損切りの値幅を設定すれば、システムが自動で新規注文と決済注文を繰り返してくれるので、相場を見ていない間の収益チャンスも逃すことがありません。自動売買も1通貨単位、数円程度の資金から始めることができるので、FXの自動売買に興味があるなら利用しない手はありません。
【※関連記事はこちら!】
松井証券のおすすめポイントや、「スプレッド」「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!

1通貨単位で取引でき、FXの自動売買(シストレ)も可能な初心者におすすめのFX口座
松井証券 ⇛詳細データはこちら
松井証券の主なスペック
最低取引単位 通貨ペア数 スプレッド
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円
1通貨 20ペア 0.2~0.9銭 0.3pips原則固定 0.4銭原則固定
※スプレッドは取引数量、注文種類によって変化
松井証券のおすすめポイント
松井証券のFX口座は、最低取引単位が「1通貨」、1通貨からFXの自動売買(システムトレード)もできるので、FX初心者や少額取引を求める投資家におすすめです。スプレッドも狭く取引にかかるコストも抑えられます。LINEの公式アカウントと口座情報を連携させることで、LINEで売買シグナルを受け取れるなど、画期的なサービスも魅力。電話だけでなく、無人・有人のチャットによるサポートも充実しているので、初心者でも安心して取引できるFX口座の1つです。
松井証券の関連記事
■FXの自動売買(システムトレード)ができる「おすすめFX口座」を比較して、FXシストレ口座を種類別に詳しく解説!
■松井証券のおすすめポイントや、「スプレッド」「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼松井証券▼
松井証券の公式サイトはこちら
※この表は2024年6月3日時点のデータに自動で更新されているため、本記事の公開時の情報とは異なっている場合があります

★マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」

マネーパートナーズの公式サイトはこちら!

マネーパートナーズの「パートナーズFX nano」は、取り扱うすべての通貨ペアを「100通貨」単位で取引できるFX口座です。

 「パートナーズFX nano」で特に注目したいのが、「スプレッドの狭さ」です。「パートナーズFX nano」では米ドル/円を含む主要5通貨ペアのスプレッドが、初心者には十分な取引量ならほとんどの時間帯で「0.0銭原則固定」と、コストがまったくかからず取引できます。国内の主要なFX口座で、「0.0銭原則固定」のスプレッドを提供しているのは「パートナーズFX nano」だけなので、取引コストの面からもおすすめできるFX口座です。
【※関連記事はこちら!】
マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」のおすすめポイントや、「スプレッド」「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!

米ドル/円のスプレッドが「0.0銭原則固定」! 一定の取引量ならコストがかからず取引できる!
マネーパートナーズ ⇛詳細データはこちら
マネーパートナーズの主なスペック
最低取引単位 通貨ペア数 スプレッド
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円
100通貨 21ペア 0.0銭原則固定
(8-28時)
0.1pips原則固定 0.0銭原則固定
(9-27時)
※「パートナーズFX nano」のスペック。米ドル/円は5万通貨まで(2024年6月28日までのキャンペーン、通常は1万通貨)、ユーロ/米ドル、ユーロ/円は1万通貨までの注文量に適用されるスプレッド。「パートナーズFX」の最低取引単位、取り扱い通貨ペア数、スプレッドは上記とは異なります
マネーパートナーズのおすすめポイント
マネーパートナーズは、最低取引単位が「100通貨」の少額取引ができる「パートナーズFX nano」と、最低取引単位は1万通貨ながら高い約定力を誇る「パートナーズFX」の、2つの口座が使えるFX会社。FX初心者にもおすすめの「パートナーズFX nano」は、一定の取引量までなら米ドル/円やユーロ/円などのスプレッドがほとんどの時間帯で「0.0銭原則固定」と、コストがまったくかからず取引できるのも大きな魅力です!
マネーパートナーズの関連記事
■マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」のおすすめポイントや、「スプレッド」「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
■マネーパートナーズ「パートナーズFX」のおすすめポイントや、「スプレッド」「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼マネーパートナーズ▼
マネーパートナーズの公式サイトはこちら
※この表は2024年6月3日時点のデータに自動で更新されているため、本記事の公開時の情報とは異なっている場合があります

 このように、最低取引単位が1通貨や100通貨のFX口座であれば、数円から数百円程度の少ない資金から取引ができるので、少額取引を検討しているならSBI FXトレード松井証券マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」はおすすめのFX口座です。

 もっとも、FXで一般的な「1000通貨」単位の取引でも、主要な通貨ペアなら数千円程度の資金から取引できます。1万円~数万円の資金を使ってFXを取引できるなら、最低取引単位が1000通貨のFX口座も選択肢に入れて、FX口座を選んでもよいでしょう。
【※関連記事はこちら!】
最低取引単位が「1000通貨」以下の少額取引が可能なFX口座を、取引できる通貨ペアの数もあわせて一覧で紹介!

FXの少額取引のメリットと、少額取引がおすすめの理由

 「FXの少額取引」には、主に以下のような「メリット」と「おすすめできる理由」があります。

 FXの少額取引の主なメリットとおすすめの理由
・取引に必要な証拠金(資金)が少なくて済む
・レバレッジを抑えたリスクの低いトレードがしやすい
・デモトレードよりも緊張感があり、実戦経験を積める

・取引に必要な証拠金(資金)が少なくて済む

 まず、少額取引には、ポジションを建てる(持つ)のに必要な証拠金(資金)が少なくて済むというメリットがあります。

 紹介した最低取引単位が「1通貨」のSBI FXトレード松井証券、「100通貨」のマネーパートナーズ「パートナーズFX nano」などを使って取引すれば、日本のFXトレーダーがもっともよく取引する米ドル/円も、数円~数百円程度の非常に少ない資金からポジションを建てることが可能です。FXに興味はあるけれども資金が少なくて……とためらっている人も、気軽にトレードを始めることができます。
【※関連記事はこちら!】
「1通貨単位」や「100通貨単位」で取引できる、FXの少額取引におすすめのFX口座を紹介

・レバレッジを抑えたトレードがしやすくなる

 小さなポジションでの取引には、総資産に対するレバレッジを抑えた、リスクの低いトレードがしやすくなるというメリットもあります。

 「総資産に対するレバレッジ」とは、FX口座全体の資産に対する証拠金の割合のこと。FX会社が法令にもとづいて通貨ペアごとに定めるレバレッジ(一般的には25倍)とは異なります。
【※関連記事はこちら!】
FXの「レバレッジ」とは?:FX初心者のための基礎知識入門

 たとえば、総資産が5万円のときに2万円の証拠金を使ってトレードした場合、実際には50万円規模(2万円×25倍)の取引を行っていることになるため、総資産に対するレバレッジは10倍です。

 一方、総資産が同じ5万円でも証拠金が5000円の取引なら、実際の取引規模は12万5000円(5000円×25倍)なので、総資産に対するレバレッジは2.5倍に低下します(いずれも25倍のレバレッジが適用される通貨ペアで取引した場合)

 使用する証拠金の額が大きくなれば、その分、総資産に対するレバレッジは高くなります。少額取引で、総資産に対するレバレッジが低くなるような取引を心がければ、結果的にリスクを抑えることができ、万が一、損失が発生した場合もダメージは相対的に少なくて済みます。

・デモトレードよりも緊張感があり、実戦経験を積める

 多くのFX会社が提供している「デモトレード(デモ口座)」は、初心者がFX取引を体験するのにおすすめのサービスです。しかし、架空の資金を使って取引するデモトレードは、儲かっても損をしても自分の資産にまったく影響がないことから、緊張感の薄いトレードを繰り返すことにもつながりなりかねません。
【※関連記事はこちら!】
FXのデモトレードができるおすすめのFX口座を比較! 初心者向け、土日も使えるなどの目的別デモ口座に加え、デモトレードの利用で確認したい3つのポイントも紹介!

 対して、少額取引はどれだけ小さなポジションの取引であっても、実際に自分の資産を使って取引をする正真正銘の本番トレードで、利益や損失が確実に発生します。そのため、同じようなお試し感覚のトレードでも、少額取引のほうがデモトレードよりも緊張感を持ったトレードができ、確実に実戦経験を積めるというメリットがあります。

FXの少額取引におすすめな3つの方法を紹介!

 FXで「少額取引」をするためのおすすめの方法は、主に以下の3つです。

 FXを少額取引するおすすめの方法
・「最低取引単位」が1通貨や100通貨のFX口座で取引する
・「為替レート」が低い通貨ペアを選んで取引する
・「ノックアウト・オプション」を活用して取引する

 それぞれ順番に紹介しましょう。

・「最低取引単位」が1通貨や100通貨のFX口座で取引する

 FXの「少額取引」は、「最低取引単位が小さいFX口座」を使って取引するのが、もっともおすすめな方法です。

 FXで主流の1000通貨よりも小さい、「1通貨」や「100通貨」単位の取引が可能なFX口座を使えば、1回の取引で建てるポジション量を抑えることができ、米ドル/円やユーロ/米ドルなどのメジャーな通貨ペアも、少額の資金から取引可能です。

 冒頭でも紹介したSBI FXトレード松井証券マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」は、最低取引単位が小さいだけでなく、スプレッドの狭さなどのスペック面でも少額取引を検討している人にはおすすめのFX口座です。
【※関連記事はこちら!】
「1通貨単位」や「100通貨単位」で取引できる、FXの少額取引におすすめのFX口座を紹介

・「為替レートの水準が低い」通貨ペアを選んで取引する

 2つ目の少額取引におすすめの方法は、「為替レートの水準が低い」通貨ペアを選んで取引するやり方です。

 為替レートの水準が低い通貨ペアで取引すれば、証拠金の絶対的な金額が少なく済むため、1000通貨や1万通貨のポジション量でも少額取引が可能になります。

 以下の表は、日本のFX投資家にもっとも取引されている米ドル/円と、為替レートの水準が低く、高金利通貨ペアとして人気が高いメキシコペソ/円、南アフリカランド/円(南アランド/円)、トルコリラ/円で、1万通貨、1000通貨、100通貨、1通貨の取引をしたときの証拠金の額を比較したものです。

■通貨ペア別・取引量別の取引に必要な証拠金の目安
  米ドル/円 メキシコペソ/円 南アランド/円 トルコリラ/円
1万通貨 6万2920円 3700円 3340円 1940円
1000通貨 6292円 370円 334円 194円
100通貨 630円 37円 34円 20円
1通貨 7円 1円 1円 1円
想定レート 157.30円 9.25円 8.35円 4.85円
※金額は各通貨ペアの2024年5月最終営業日の終値に近い水準を想定レートとして算出し、小数点以下を切り上げて掲載。レバレッジを25倍と仮定した最低金額の目安で、各社の取引証拠金の算定基準などにより金額は異なる場合があります

 これを見ると、調査時に米ドル/円で1万通貨の取引をする場合は6万2920円、一般的な1000通貨取引でも6292円の資金が最低でも必要です。一方、メキシコペソ/円、南アフリカランド/円、トルコリラ/円は、1万通貨の取引でも約2000~3000円台、一般的な1000通貨取引なら約200円~300円台と、少ない資金で取引できるのがわかります。

 このように、メキシコペソ/円、南アフリカランド/円、トルコリラ/円などの為替レートの水準が低い通貨ペアは、最低取引単位が1000通貨のFX口座で取引しても証拠金が少なくて済むので、少額の取引が可能です。
【※関連記事はこちら!】
最低取引単位が「1000通貨」以下の少額取引が可能なFX口座を、取引できる通貨ペアの数もあわせて一覧で紹介!

 ただし、メキシコペソ、南アフリカランド、トルコリラなどの新興国通貨が絡んだ通貨ペアは、米ドル/円などの主要な通貨ペアと比べると、為替市場で取引する参加者が少なく流動性が低いため、相場が変動しやすいというリスクがあります。

 そのため、手放しで初心者におすすめできる通貨ペアではなく、取引の際は十分な資金管理を行う必要もありますが、取引単位の小さいFX口座を選んで取引するなどの工夫も合わせれば、ある程度はリスクを抑えた取引も可能になるでしょう。
【※関連記事はこちら!】
FX「メキシコペソ/円」のスワップポイントを比較! 高い順にランキングして、おすすめのFX口座も紹介! 約30のFX口座のスワップポイントを調査【最新】

「ノックアウト・オプション」を活用して取引する

 少額取引におすすめの3つ目の方法は、これまでの2つの方法とは趣が少し異なりますが、IG証券とStoneX証券のFOREX.comが提供する「ノックアウト・オプション」を使った取引です。

 「ノックアウト・オプション」とは、あらかじめノックアウト価格(ノックアウトレベル)と呼ばれる指定した水準に損切り決済の逆指値注文(ストップロス注文)を必ず入れ、ノックアウト価格に到達した場合はその水準で自動的に決済される仕組みを備えたFXの派生商品です。

ノックアウト・オプションの基本的な仕組み
ノックアウト・オプションの基本的な仕組み

(出所:IG証券

 たとえば、通常のFX取引では為替レートが150円の場合、1万通貨の取引で6万円、1000通貨の取引でも6000円の証拠金が必要(どちらもレバレッジ25倍で計算)ですが、IG証券のノックアウト・オプションなら、ノックアウト価格によっては1000円程度のオプション購入額(FXの証拠金に相当するもの)で、1万通貨の取引をすることもできます。
【※関連記事はこちら!】
ノックアウト・オプション──それはリスク限定で利益が狙える新しい金融商品

 ただし、「ノックアウト価格=損切りレベル」なので、今のレートに近すぎる水準にノックアウト価格を設定すると、一時的な為替レートの変動などですぐに損切りされてしまう可能性も高まります。

 「ノックアウト・オプション」は初心者向けと言うより、どちらかといえば通常のFXよりもレバレッジが高い、資金効率のよさを求める投資家向けのサービスですが、為替レートが予測と反対に動いて含み損(未決済ポジションの損失)が発生してもなかなか損切りに踏み切れない人、相場を見ていない間に損失が拡大してしまう事態を回避したい人は、活用を検討してみてもよいでしょう。
【※関連記事はこちら!】
ノックアウト・オプションが取引できる会社を徹底比較! 取引できる銘柄の数、主要通貨ペアのスプレッド・スワップポイントに加え、おすすめのポイントも紹介!

約100種類の豊富な取り扱い通貨ペア数と世界標準の取引ツールが魅力
IG証券 ⇛詳細データはこちら
IG証券の主なスペック
最低取引単位 通貨ペア数 スプレッド
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円
1万通貨 98ペア
(大口除く)
非公開 非公開 非公開
IG証券のおすすめポイント
IG証券は世界で36万人以上のアクティブユーザー数を誇る、英国に本拠地を置くIGグループの証券会社。約100種類の豊富な通貨ペアを取り扱っているFXのほか、CFDやノックアウトオプションなども人気で、IG証券全体で取引できる銘柄は実に1万7000銘柄以上と非常に豊富です。自動売買に対応した高機能チャートツール「ProRealTime」が使えたり、心理学的見地からトレーダーにアプローチするコンテンツを提供していたりと、国内系とは一味違うサービスを味わえるのも魅力です。
IG証券の関連記事
■IG証券の口座開設の流れをわかりやすく紹介。 審査基準やキャンペーン、メリットを解説
■IG証券のおすすめポイントや、「スプレッド」「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼IG証券▼
IG証券の公式サイトはこちら
※この表は2024年6月3日時点のデータに自動で更新されているため、本記事の公開時の情報とは異なっている場合があります
MT4口座としては国内最多、84種類の通貨ペアを取引できる!
StoneX証券「MetaTrader4」 ⇛詳細データはこちら
StoneX証券「MetaTrader4」の主なスペック
最低取引単位 通貨ペア数 スプレッド
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円
1000通貨 84ペア 変動制 変動制 変動制
StoneX証券「MetaTrader4」のおすすめポイント
StoneX証券のMT4口座は、国内のMT4専用口座としては最多となる、84種類の豊富な通貨ペアを取引可能! EA(エキスパート・アドバイザ)を組み込んだFXの自動売買(シストレ)だけでなく、チャートパターンやテクニカル分析の観点から取引チャンスや目標価格を教えてくれる、取引支援ツールを使った裁量取引が簡単にできるのも人気の理由です。1000通貨単位の取引が可能で、マーケット情報などのオリジナルコンテンツも充実しているので、FX初心者にもおすすめです。
StoneX証券「MetaTrader4」の関連記事
■StoneX証券「MetaTrader4」のおすすめポイントや、「スプレッド」「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼StoneX証券「MetaTrader4」▼
StoneX証券「MetaTrader4」の公式サイトはこちら
※この表は2024年6月3日時点のデータに自動で更新されているため、本記事の公開時の情報とは異なっている場合があります

最低取引単位が「1000通貨」以下の少額取引が可能な
FX口座を、取引できる通貨ペアの数もあわせて一覧で紹介!

 ここまで、FXの「少額取引」のメリットや少額取引におすすめのFX口座、少額取引の具体的な方法などを紹介しました。

 繰り返しになりますが、初心者の方には1通貨や100通貨などの、最低取引単位が小さいFX口座で小さなポジションを建て、取引のリスクも最小限に抑えるのがもっともおすすめの方法です。
【※関連記事はこちら!】
「1通貨単位」や「100通貨単位」で取引できる、FXの少額取引におすすめのFX口座を紹介

 しかしながら、1通貨単位や100通貨単位で取引できるFX口座はあまりありません。一般的な1000通貨単位の取引でも、FXならほぼすべての通貨ペアが数千円程度の証拠金があれば取引できるので、1万円から数万円ほどの資金でFXを取引できるなら、以下のコンテンツなども参考に、最低取引単位が1000通貨のFX口座も含め、スプレッドやスワップポイントの水準などのスペック面も比較しながら、取引するFX口座を選択するのもよいでしょう。

米ドル/円スワップ比較
ユーロ/円スワップ比較
英ポンド/円スワップ比較
豪ドル/円スワップ比較
NZドル/円スワップ比較
南ア・ランド/円スワップ比較
トルコリラ/円スワップ比較
メキシコペソ/円スワップ比較
中国人民元/円スワップ比較
人気ランキング
キャンペーンで比較
おすすめのFX会社

 また、すでにFXを取引している先輩トレーダーの、リアルな評価を参考にするのもおすすめです。
【※関連コンテンツはこちら!】
ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

■ザイFX!読者が選んだFX口座はココだ!(総合ランキング・トップ3)
【総合1位】GMOクリック証券「FXネオ」⇒詳細ページ
GMOクリック証券「FXネオ」
人気の理由人気の理由 取引ツールの使いやすさ、狭いスプレッドと高水準のスワップポイントで、あらゆるトレーダーにおすすめ!
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】SBI FXトレード⇒詳細ページ
SBI FXトレード
人気の理由人気の理由 1通貨、実質数円からの超少額取引ができる、初心者は必ずチェックしておきたいFX口座!
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】外為どっとコム「外貨ネクストネオ」⇒詳細ページ
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
人気の理由人気の理由 業界屈指の豊富で質の高い情報コンテンツと上位水準のスペックで、総合的に満足度の高いFX口座!
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら

【※総合ランキング4位~10位、取引コスト(スプレッド)、スワップポイント、初心者におすすめなど、主要項目別のランキングはこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

 最後に、以下の表はザイFX!編集部が主要なFX口座の最低取引単位を調べ、最低取引単位が「1000通貨以下」のFX口座を、取引できる通貨ペアの数とあわせて一覧にまとめたものです。少額取引ができるFX口座選びの参考として、ぜひ役立ててください。

■少額取引が可能な「最低取引単位が1000通貨以下」のFX口座を紹介!
FX会社「FX口座名」
(クリックで詳細ページへ)
最低取引単位 通貨ペア数 公式サイトへ
SBI FXトレード 1通貨 34ペア
松井証券の公式サイトはこちら
松井証券 1通貨 20ペア
松井証券の公式サイトはこちら
マネーパートナーズ
「パートナーズFX nano」
100通貨 21ペア
マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」の公式サイトはこちら
GMOクリック証券
「FXネオ」
1000通貨※ 20ペア
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
トレイダーズ証券
「みんなのFX」
1000通貨※ 33ペア
トレイダーズ証券「みんなのFX」の公式サイトはこちら
GMO外貨
「外貨ex」
1000通貨※ 24ペア
GMO外貨「外貨ex」の公式サイトはこちら
外為どっとコム
「外貨ネクストネオ」
1000通貨※ 30ペア
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
JFX
「MATRIX TRADER」
1000通貨※ 41ペア
JFX「MATRIX TRADER」の公式サイトはこちら
ヒロセ通商
「LION FX」
1000通貨※ 54ペア
ヒロセ通商「LION FX」の公式サイトはこちら
トレイダーズ証券
「LIGHT FX」
1000通貨※ 33ペア
トレイダーズ証券「LIGHT FX」の公式サイトはこちら
LINE証券
「LINE FX」
1000通貨 23ペア
LINE証券「LINE FX」の公式サイトはこちら
アイネット証券
「ループイフダン」
1000通貨※ 24ペア
アイネット証券「ループイフダン」の公式サイトはこちら
セントラル短資FX
「FXダイレクトプラス」
1000通貨 25ペア
セントラル短資FX「FXダイレクトプラス」の公式サイトはこちら
外為オンライン
「外為オンラインFX」
1000通貨※ 26ペア
外為オンライン「外為オンラインFX」の公式サイトはこちら
FXブロードネット 1000通貨※ 24ペア
FXブロードネットの公式サイトはこちら
ゴールデンウェイ・ジャパン
「FXTF GX-FX」
1000通貨 29ペア
ゴールデンウェイ・ジャパン「FXTF GX-FX」の公式サイトはこちら
auカブコム証券
「auカブコム FX」
1000通貨※ 26ペア
auカブコム証券「auカブコム FX」の公式サイトはこちら
ゴールデンウェイ・ジャパン
「FXTF MT4」
1000通貨 29ペア
ゴールデンウェイ・ジャパン「FXTF MT4」の公式サイトはこちら
サクソバンク証券 1000通貨※ 155ペア
サクソバンク証券の公式サイトはこちら
楽天証券
「楽天FX」
1000通貨 28ペア
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
マネックス証券
「FX PLUS」
1000通貨 16ペア
マネックス証券「FX PLUS」の公式サイトはこちら
マネースクエア
「マネースクエアFX」
1000通貨※ 16ペア
マネースクエア「マネースクエアFX」の公式サイトはこちら
楽天証券
「楽天MT4」
1000通貨 24ペア
楽天証券「楽天MT4」の公式サイトはこちら
岡三証券
「岡三アクティブFX」
1000通貨 20ペア
岡三証券「岡三アクティブFX」の公式サイトはこちら
トレイダーズ証券
「みんなのシストレ」
1000通貨 33ペア
トレイダーズ証券「みんなのシストレ」の公式サイトはこちら
StoneX証券
「MetaTrader4」
1000通貨 84ペア
StoneX証券「MetaTrader4」の公式サイトはこちら
フィリップ証券
「フィリップMT5」
1000通貨 24ペア
フィリップ証券「フィリップMT5」の公式サイトはこちら
インヴァスト証券
「トライオートFX」
1000通貨※ 20ペア
インヴァスト証券「トライオートFX」の公式サイトはこちら
ひまわり証券
「ループ・イフダン口座」
1000通貨 24ペア
ひまわり証券「ループ・イフダン口座」の公式サイトはこちら
※一部通貨ペアは例外あり
・この表は記事公開時点の情報をもとに作成しているため、最新の情報とは異なる場合があります

FXの「少額取引」に関するQ&A

 FXの「少額取引」に関する、よくある質問をまとめました。

・Q:FXはどれぐらいの資金があれば始められる?

 A:FX口座の中には「1通貨」から取引できるところもあるので、そういったFX口座で取引すれば、数円程度の非常に少ない資金から取引することができます。また、FXで一般的な1000通貨の取引でも、米ドル/円やユーロ/米ドルなどの主要な通貨ペアは数千円程度の資金から取引できるので、FX口座に1万円ほどの資金を預ければ取引は可能です。

・Q:FXの「少額取引」におすすめのFX口座は?

 A:FXの少額取引には、最低取引単位の小さいFX口座がおすすめです。中でもSBI FXトレード松井証券は、「1通貨単位」の取引ができる珍しいFX口座なので、取引に必要な資金が米ドル/円でも数円ほどと、「超少額の取引」が可能です。
【※関連記事はこちら!】
「1通貨単位」や「100通貨単位」で取引できるおすすめのFX口座を紹介!

・Q:FXの「少額取引」のメリットは?

 A:FXの「少額取引」には、主に以下のようなメリットがあります。

・取引に必要な証拠金(資金)が少なくて済む
・レバレッジを抑えたリスクの低いトレードがしやすい
・デモトレードよりも緊張感があり、実戦経験を積める


 取引で生じる利益や損失が相対的に少なくリスクを管理しやすいため、これからFXを始めようと考えている方は、まずは少額での取引をおすすめします。

・Q:FXの「少額取引」におすすめの通貨ペアは?

 A:高金利通貨ペアとして日本のFXトレーダーに人気の南アフリカランド/円やメキシコペソ/円は、為替レートの水準が低いので、一般的な1000通貨の取引でも証拠金は300円台と少額です。(2024年6月時点)。また、米ドル/円、ユーロ/米ドルなどのメジャーな通貨ペアでも、1通貨や100通貨の取引が可能なFX口座なら、数円~数百円程度の資金から取引できるのでおすすめです。
おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で5000円!

セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]

マーケット情報充実!今ならザイFX!限定5000円がもらえるキャンペーン中!

link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

当サイトからの口座申込者限定!条件達成で特別に3000円プレゼント!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
CFD口座おすすめ比較 田向宏行 キャンペーンおすすめ10
CFD口座おすすめ比較 田向宏行 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る