ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

半期末のドル円上昇につき合ってみたが、
クロス円失速で今後をキープウォッチ

2020年07月01日(水)15:07公開 (2020年07月01日(水)15:07更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 昨日は米国株も日本株も、月足で陽線になるかどうかの決まる月末であった。結局のところは陽線のままで終了。これで4月以来はずっと陽線を形成していることになる。株価の上げペースは鈍くはなってきているものの、陽線が続いている限りは買いシグナルは継続しているわけだ。

 欧州序盤ではイギリスのジョンソン首相が活動再開を強調するスピーチをしたので、為替相場ではポンドの値上がりが顕著となった。それにともなって欧州株も強かった。

 ニューヨーク時間ではムニューチン財務長官が追加の刺激策を7月中にまとめると主張したので、これが市場のリスクテークを促した。米国株は終了間際にも一段高し、マーケットは楽観ムードにやや傾いている。

 ドル円は107円台の後半で小動き。108円台まで乗せてきてもおかしくはなかったが、不思議と一段高しない。私も株高に推移しているのを見てドル円を買ってみたのだが、値幅が小さくて利食いも損切りにも引っかからない。早朝に同値でポジションをクローズするにとどまった。

 今日から7月。レジ袋の有料化などがニュースになっているが、そもそもの目的はプラスチックごみの削減だったはずだ。海洋汚染が目に余ってきたからだが、これを有料化しても意味があるのだろうか。お金を出してレジ袋を購入してしまえば、買った人に対して文句は言えなくなる。

 衣服や持っている鞄に対して、文句をつけることはできないからだ。堂々とレジ袋を持てるようになるような法制化では、プラスチックごみが減ることはなく、何か積極的に取り組んでいるだけだという振りをするのが目的のようにも見える。

 プラスチック製品のなかでレジ袋が占める割合は5%もないだろう。本当にプラスチックごみを減らしたいのであれば、石油製品や自動車などにも大きく環境税なるものを課さないと合理的ではない。

 それができないのは経済的理由からであるのは間違いないのだが、他の国もやっているからということで手の出しやすいところだけやって満足感を得ているようにも思える。そのうち第2のグレダさんが出てくるのではないか。

 さて、半期末においてクロス円は全面高となったが、その勢いは東京市場ではなくなり、下げに転じている。クロス円の動きをキープウォッチである。


日本時間 15時00分

おすすめFX会社
link

現金がもらえる!

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

無料オンラインセミナーは初心者に人気!口座開設者向けキャンペーンも充実!

link

ザイFX!限定5000円&オリジナルレポート

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引でもれなく限定5000円&オリジナルレポート!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ jfx記事
トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る