ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

クロス円も下がるもののやりにくい、
ドル売りスタンスはキープか

2020年07月09日(木)15:30公開 (2020年07月09日(木)15:30更新)
持田有紀子

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 昨日は総じてドル安が進んだ。ドル円は107円台の前半まで押し込まれ、ユーロドルやポンドドルなどは大台をひとつ上げてきた。アジア時間でも欧州時間でも株価は弱い足取りだったのでドル円やユーロ円は売りやすかったのだが、ニューヨーク時間になるとややドルを売りづらくなってしまった。

 依然として悪材料は山ほどあった。香港問題に関してのアメリカの強硬姿勢もそうだし、トランプ大統領の不正入試も暴露本で話題になっている。その上、米国内の感染者数はついに6万人の大台にも乗ってきたのだ。

 それで何回もドル円をショートに攻めていたのだが、米国株の巻き返しが目立ってきた。これでは長くはドル円ショートはキープしにくい。リスクオンということで、速攻で持っていかれそうだからである。

 マクロ的な外部環境は悪かったのだが、ミクロ的には良い材料が出た。マイクロソフトとアップルの投資目標が引き上げられたのだ。まだ株価は上がるから買っていってもよいという判断が出されたのだ。

 それでハイテク主導という形で米国株はあがり、そしてナスダック指数は史上最高値を更新してきた。ドルは売りにくくなったが、ドル相場の重さに変わりはない。

 やはり材料の少ない状況の中では短期トレンドに合わせてドルの戻り売りに徹するべきであろう。とくにユーロドルの1.13台なんかをロングでつまみたくはない。それは最近のレンジの上限だからである。そこを振り切ってドルを売り込んでいこうと考えている。

日本時間 15時00分


FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ jfx記事 キャンペーンおすすめ10
ザイ投資戦略メルマガ jfx記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る