ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
FX情報局

PIIGS(ピッグス)とは? 欧州債務危機の
中心地。あまり使っちゃイケない言葉!?

2020年09月01日(火)15:00公開 (2020年09月01日(火)15:00更新)
FX情報局

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

PIIGS(ピッグス)とは、2010年代前半ごろに起こった欧州債務危機の中心地とされた5カ国で構成された、ポルトガル(Portugal)・アイルランド(Ireland)・イタリア(Italy)・ギリシャ(Greece)・スペイン(Spain)の頭文字をとって作られた造語です。

【関連コンテンツ】
欧州債務危機とは? 欧州全土を揺るがした出来事を解説!
ギリシャ危機とは? 欧州債務危機へと波及した経緯や終息までの過程を詳しく解説!

 もともとは、南欧のポルトガル・イタリア・ギリシャ・スペインの4カ国を指す略称として「PIGS」との表現が存在しており、それが各国の信用懸念をきっかけに、金融市場の中で大きく知られるようになりました。

 その後、アイルランドを加えてPIIGSと呼ばれるようになりましたが、財政状況がそれほど悪くないイタリアを除外して、ポルトガル・アイルランド・ギリシャ・スペインの4カ国を指してPIGSと呼ぶこともあります。

 しかし、アイルランド、スペイン、ポルトガルがEU(欧州連合)とIMF(国際通貨基金)による金融支援から次々と脱却していくに従い、PIIGSという言葉は次第に耳にすることが少なくなっていきました。そして、2017年6月ごろ、追加融資によってギリシャが財政危機を回避でき、欧州債務危機が一通り終息したとみなされるようになると、PIIGSは過去の言葉となったのです。

 また、豚を意味するPIGSと発音が同じで、侮蔑的な意味で使われるようになったものであることから、元々、危機の最中においても一部メディアや金融機関の間では、使用を控えたり、禁止する動きもありました。

おすすめFX会社
link

初心者でも安心の少額取引!

SBI FXトレード

少額1通貨単位から取引ができるSBI FXトレード!ザイFX!限定キャンペーン中!

link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

特別に3000円と書籍『月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門改訂版』プレゼント!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る