ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

夏枯れでドル円もボックス圏に、
低下傾向の長期金利の動きに要注意!

2020年08月05日(水)15:26公開 (2020年08月05日(水)15:26更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日も海外市場では為替相場が行って来いの展開となった。欧州時間ではドルの上値攻めをしていたのだが、ニューヨーク時間になると流れは反転。一変してドル売り優勢となった。

 ドル円は大きな下げトレンドの中でのボックス圏を形成しそうだ。104円台から106円台の間である。ドル円は戻ってくると買いたくなってしまうが、106円台まで来ると注意を払わないといけないところだろう。

 昨日は米国株が一段高し、コロナ騒動以来の戻し高値を抜けてきている。S&P指数は3300ポイントをつけており、史上最高値まであとわずか。またナスダック指数は過去最高値を更新している。これは景気対策第5弾への期待もあるのに加えて、ワクチン開発などの良い面だけを組み入れている表れでもある。

 株高だからマーケットは大いにリスクオンのはずだが、昨日のニューヨーク市場ではドル金利を中心に金利の低下が目立った。ドルは短期金利も長期金利も低下の度合いを強め、金利安に呼応したコモディティの押し上げも強まった。金価格は先物ベースでも2000ドルの大台を突破してきて、次は短期勢の買い戻しストップを誘っている状況だ。

 今晩は雇用関連、貿易関連などの経済指標が出てくるが、個別に反応することはあっても、それがマーケットに大きく影響を与えることはなさそうだ。すでに市場は夏休みモードに入っているようで、エネルギーに欠ける。

 それよりも重要度を増してきているのはドル金利の低下である。短期金利は誘導目標であるゼロ近傍でウロウロしているが、長期金利は過去最低水準に近づいている。債券先物の価格ベースで言えば、史上最高値までに10ポイントほどしか残されていない。これを越えてくるようだとドル円もボックス圏を抜け出して、一段安の可能性も高い。

日本時間 15時00分

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定5000円&オリジナルレポート

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引でもれなく限定5000円&オリジナルレポート!

link

現金がもらえる!

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

無料オンラインセミナーは初心者に人気!口座開設者向けキャンペーンも充実!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る