ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

トランプがついに署名で株価ラリー、
クロス円もしっかりだがゆくえ要ウォッチ

2020年12月29日(火)14:53公開 (2020年12月29日(火)14:53更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 週明けのマーケットはアジア時間から大きくリスクテークが進む形で始まった。ひとつにはトランプ大統領が追加景気対策の予算案に署名をしたからだ。それに加えて政府関連の予算も了解されることとなり、政府機関のシャットダウンは回避されたからである。それを好感してグローベックスセッションでは米国株が急伸。ニューヨークオープン前に、すでに史上最高値を超えてきていた。

 この間、ドル円はほとんど動かずで、103円台の中盤で小動きのままだった。しかしリスク性に敏感とされるクロス円だけは実に堅調で、ユーロ円は126円台でプレイしたまま、徐々に高値を拡げていく展開となった。ドル円が動かない分、ユーロドルが著しく強くなっている。そして再び1.22台にまで戻ってきた。

 しかし市場がリスクオンになるのは追加予算が実施されるのを好感したとはいうもの、これはパスして当然のシナリオだろう。というよりも11月からの株価ラリーの中で、その多くの期待の部分をプライスに織り込まれているはずだという見方もあろう。それなのに欧州株も米国株も上値追いするだけの余力があった。まだまだ景気対策の次の手がうたれるのを見込んでいるという理屈だろうか。

 それにしても今回の追加景気対策は成立が遅かった。第1弾から第4弾まではわずか2ヶ月の間に合意、成立したのに比べると、さんざんと期待と失望を繰り返したような気がする。確かに間に大統領選もはさんでいたので、仕方がないと言えばそれまでなのだが。

 この3、4ヶ月の期待持たせの相場展開だけで、米国株は相当に値上がった。これをオーバーバリューと言うのかどうかは、来年にかけての価格調整が見られるかどうかで確認するしかない。

日本時間 14時50分

 

おすすめFX会社
link

使いやすい取引環境の【LIGHT FX】

トレイダーズ証券[LIGHT FX]

ザイFX!限定で3000円がもらえるおトクな口座開設キャンペーン実施中!

link

初心者でも安心の少額取引!

SBI FXトレード

少額1通貨単位から取引ができるSBI FXトレード!ザイFX!限定キャンペーン中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る