ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

クロス円主導のユーロドル巻戻し、
前哨戦のADP雇用には反応しにくそう

2021年03月03日(水)15:30公開 (2021年03月03日(水)15:30更新)
持田有紀子

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で5000円もらえる

 昨日は世界的にも長期金利は安定していた。むしろ金融緩和の継続を意識して、長期金利は低下する傾向が強まった。とくにインフレ圧力を心配されていた米ドルに関しては、通貨価値の減退が遠のいた格好となってドルの買い戻しが強まった。ドル円は1日を通じても値幅は小さかったのだが、それでも106円台の後半を維持し、いつでも107円台に突入してもおかしくはない状態となった。

 一方でユーロドルの方は欧州時間まではドル高で推移し、1.19台に入ったりもしていた。同時進行でポンドドルなども安い。しかしニューヨーク時間になるとクロス円主導で円の全面安が進み、その過程でユーロもポンドも買い戻された。ユーロドルは100ポイント近くの巻き戻しとなった。

 私はユーロドルのショートで攻めていたが、1.19台に入ってきたことで気を良くし、何もしないで我慢していたところ、結局のところ損切りさせられるハメになった。

 さて今晩はADP指数が出る。金曜日の雇用統計の前哨戦とされているが、今回もあまり注目されていない。それは事前の予想がまばらであてにならないからである。

 つまり結果がどのように外れようとも、市場は反応しにくいだろうからである。ただあまりにも雇用環境の改善が目立つような内容だったら、再び長期金利の上昇をもたらすことになる。そうなると最近のドル相場の上昇も止まってしまうかもしれない。そこだけ要注意である。


日本時間 15時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ 経済指標速報記事
トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ 経済指標速報記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る