ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ユーロ円130円台割れをすんでの回避、
パウエル議長証言はけん制するのだろうが

2021年06月22日(火)15:29公開 (2021年06月22日(火)15:29更新)
持田有紀子

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で5000円もらえる

 週明けのマーケットは激しいリスク回避で始まった。そもそも先週末の米国株が大幅安の上、安値引けしていたのが大きかった。安値引けしているということは、まだ売りたい人、売らなくてはいけない人がぜんぜん十分に売れていないということだ。それだけでも売り要因である上に、週末にはそれをサポートするようなコメントも出てこなかった。こうなるとアジア時間からリスク回避に走らざるをえない。

 日経先物が12000円安ほどを演じていたが、このうち半分は先週末のニューヨーク時間で下げてしまっているから、月曜日に落ちた分というのは600円ほどである。それでも一段安するだけのパワーがあったのかというのは市場の驚きであった。米国株もグローベックスで大きく下げる中、安全資産への回避から米国債も値を上げた。10年ものの利回りはアジア時間で1.35%台を見るに至った。

 ドル相場もドル金利の動きに合わせる形となったが、リスクに敏感とされるクロス円の動きはさらに明白で強烈だった。ユーロ円はリスク回避とともに130.04まで安値をつけた。

 しかし東京終盤から欧州序盤にかけて株価の底打ち感が表れ、それが市場のリスク許容度の回復をもたらした。ニューヨーク時間にシフトしてもリスクの見直しの流れは変わらず、米国株は一段高へと向かった。ユーロ円も反転・上昇し、131円台のミドルまで戻して、そのまま高値引けしている。

 ニューヨーククローズ後にパウエル議長の声明が出されたが、「市場にリスクは残る」とするもの。マーケットが早期の緩和解除を織り込もうとする動きを牽制するためだろう。話しの内容は今晩話す予定だった議会演説からのものらしい。その分だけ、今晩のパウエル発言には関心がなくなってしまっている。


日本時間 15時30分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 jfx記事 トレーディングビュー記事
キャンペーンおすすめ10 jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る