ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
FXトレーダー(FX投資家)の取引手法を公開!

FXブロガー・EURO SELLERさんに聞く(3)
~ドル/円はこれからどうなる?~

2008年06月17日(火)15:18公開 (2008年06月17日(火)15:18更新)
ザイFX!編集部

「FXブロガー・EURO SELLERさんに聞く(2) ~トレンドラインを使わない理由~」からつづく)

 EURO SELLERさんには、これからの為替相場がどうなっていくか、少し長い目で見た見通しも聞いてみた。

 「先ほども言ったとおり、基本的に中短期のトレードをやっていますから、長期予測は苦手なんです。『前言撤回』ばかりしてますから、1週間も経たないうちに違うことを言い出すかもしれませんよ。その点、用心して聞いてくださいね」などと言いつつ、詳しくいろいろ話をしてくれた。
■事実上、金融機関に公的資金を投入するスキームとは?

 まずは米国経済の話からだ。EURO SELLERさんは米国の金融システム不安は3月で終わったとみている。

 「3月にベア・スターンズをJPモルガン・チェースが救済しました。FRB(米連邦準備制度理事会)が関与して…。あれが救済できたんだったら、あれ以上ひどいことは起きないだろうし、もしも起きそうになったとしても、またFRBが何とかするだろうという安心感が今の市場にはあると思うんです。

FRBはTAF(ターム・オークション・ファシリティ)、TSLF(ターム・セキュリティーズ・レンディング・ファシリティ)というスキームを作りました。TAFはFRBが短期資金を金融機関に貸し出すしくみ、TSLFは金融機関が住宅担保証券を差し出したら、FRBが国債を貸し出しますよというスキームです。

 これは事実上、金融機関に公的資金を投入するスキームなんです。こういうことは歴代のFRBはやってきませんでした。これがあるから、今はすごく安心感があるわけです」

 では、3月で金融システム不安がなくなって、その後はどうなったのか?

 「4月からは相場が変わって、米国の実体経済がどうなのかということに市場の焦点が移ったと思います。じゃあ、米国の景気はどうかというと、これは確かに良くないです。でも、GDPはまだプラスです。本当の景気後退の時はこれがマイナスになるのですが…」

■米国経済はなぜひどく悪くはならず、踏み止まっているのか?

 EURO SELLERさんは米国経済がひどく悪くはならずに踏み止まっている要因として、米国の利下げ開始の早さを挙げる。

 「2000年のITバブル崩壊時、FRBが利下げし始めたのは、四半期のGDPが2期もマイナスになった後でした。それと比べると、今回は利下げの初動が実に早いのです(下のグラフ参照)。先ほども言ったとおり、GDPはまだプラスですからね。早期に利下げを開始したことによって、まだ景気後退の入り口で止まっているんだと思います」
「ドル/円」「FFレート」などの推移

 上のグラフを見てみよう。ITバブル崩壊後、米国の政策金利であるFFレート(ピンクのライン)が下げ始められたのは2001年1月のことだった。6.5%で高止まりしていたFFレートは緊急利下げで0.5%下げられ、6.0%になっている。

 しかし、すでにこの時までに四半期GDP(茶色のライン)は2回マイナス圏に落ち込んでいた。

 一方、今回、5.25%で止まっていたFFレートが引き下げられ始めたのは昨年9月のこと。それ以降、猛スピードでFFレートは引き下げられ、現在は2.0%まで下がっているが、それ以前も引き下げ中も、四半期GDPは一度もマイナス圏に落ち込んでいない。

 また、EURO SELLERさんはそもそも米国経済の底力は侮れないともいう。

 「米国の労働生産性の上昇率は先進諸国の中でトップです。そして、米国は先進国の中では珍しく、いまだに人口が増加しています。このように米国経済は底力がありますから、米国の景気は今、少し減速していますが、これはひどいことにならず、ソフトランディングすると思いますよ」

 以上のようなことを踏まえ、結局、ドル/円相場はどうなるとEURO SELLERさんはみているのだろうか?

 「これから1年間で100~113円のレンジじゃないでしょうか。第2のベア・スターンズが現れない限り、95円をつけるようなことはないでしょう。日本経済が好調なわけでもないですし、円高にも限度があります。

 逆に米国経済の底力は侮れないといっても、やはり絶好調というイメージはありません。だから、上は120円まではとてもじゃないけど、行かないと思っています」

 ドル/円について、EURO SELLERさんの見通しは100~113円とのこと。あの3月17日の95円台が当面の底になるとの見立てだ。

 では、次にユーロについて、EURO SELLERさんはどうみているのだろうか?

「FXブロガー・EURO SELLERさんに聞く(4) ~ユーロ/ドルはこれからどうなる?~」へつづく)

(ザイFX!編集部・井口稔)
米ドル/円 週足
【2022年6月最新版】

FX初心者におすすめのFX会社はココだ!

■少額から取引できる「最低取引単位が小さいFX会社」!

SBI FXトレード⇒詳細情報ページへ

最低取引単位 スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.09銭 0.30銭 0.19pips 34ペア
※取引量が1~1000通貨までのスプレッド。2022年5月2日(月)7時00分~2022年6月1日(水)5時30分までの配信実績
【SBI FXトレードの関連記事】
「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレードの公式サイトはこちら!▼
SBI FXトレードの公式サイト

MATSUI FX(松井証券)⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.2~0.9銭 0.5銭原則固定 0.4pips原則固定 20ペア
【MATSUI FX(松井証券)の関連記事】
「MATSUI FX(松井証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼MATSUI FX(松井証券)の公式サイトはこちら!▼
MATSUI FX(松井証券)の公式サイト

パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
100通貨 0.0銭原則固定 0.0銭原則固定 0.1pips原則固定 18ペア
※スプレッドは取引量によって変化。ユーロ/円・ユーロ/米ドルは、2022年7月1日までのキャンペーンスプレッド
【パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の関連記事】
「パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の公式サイトはこちら!▼
パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の公式サイト

■スプレッドが狭くて「取引コストが安い、おすすめのFX会社」!

 米ドル/円

SBI FXトレード⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.09銭 0.30銭 0.19pips 34ペア 1通貨
※取引量が1~1000通貨までのスプレッド。2022年5月2日(月)7時00分~2022年6月1日(水)5時30分までの配信実績
【SBI FXトレードの関連記事】
「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレードの公式サイトはこちら!▼
SBI FXトレードの公式サイト

FXネオ(GMOクリック証券)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.5銭原則固定 0.4pips原則固定 20ペア 1万通貨
【FXネオ(GMOクリック証券)の関連記事】
「FXネオ(GMOクリック証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼FXネオ(GMOクリック証券)の公式サイトはこちら!▼
FXネオ(GMOクリック証券)の公式サイト

LINE FX(LINE証券)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.3銭原則固定 0.3pips原則固定 23ペア 1000通貨
※日本時間9時~翌27時までの時間帯に適用されるスプレッド。スプレッドはすべて例外あり。ユーロ/円・ユーロ/米ドルは、2022年7月2日までのキャンペーンスプレッド
【LINE FX(LINE証券)の関連記事】
「LINE FX(LINE証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼LINE FX(LINE証券)の公式サイトはこちら!▼
LINE FX(LINE証券)の公式サイト
 ユーロ/米ドル

LION FX(ヒロセ通商)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~0.9銭 0.4~1.6銭 0.3pips原則固定 51ペア 1000通貨
※ユーロ/米ドルは、2022年7月2日までのキャンペーンスプレッド
【LION FX(ヒロセ通商)の関連記事】
「LION FX(ヒロセ通商)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼LION FX(ヒロセ通商)の公式サイトはこちら!▼
LION FX(ヒロセ通商)の公式サイト

MATRIX TRADER(JFX)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~0.9銭 0.4~1.6銭 0.3pips原則固定 38ペア 1000通貨
※ユーロ/米ドルは日本時間9時~翌27時の時間帯に適用される、2022年7月2日までのキャンペーンスプレッド
【MATRIX TRADER(JFX)の関連記事】
「MATRIX TRADER(JFX)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼MATRIX TRADER(JFX)の公式サイトはこちら!▼
MATRIX TRADER(JFX)の公式サイト

外貨ネクストネオ(外為どっとコム)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.4銭原則固定 0.3pips原則固定 30ペア 1000通貨
※日本時間9時~翌27時までの時間帯に適用されるスプレッド。スプレッドはすべて例外あり。ユーロ/円・ユーロ/米ドルは、2022年7月2日までのキャンペーンスプレッド
【外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の関連記事】
「外貨ネクストネオ(外為どっとコム)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の公式サイトはこちら!▼
外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の公式サイト

※本コンテンツの調査対象は法人口座ではなく、すべて個人口座となっています。
※サービス内容は当社が独自に調査したものです。正確な情報を提供するよう努めておりますが、詳細は各FX会社にお問い合わせください。

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定5000円&オリジナルレポート

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引でもれなく限定5000円&オリジナルレポート!

link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

特別に3000円と書籍『月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門改訂版』プレゼント!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
JFX[MATRIX TRADER] キャンペーン比較 GMOクリック証券[FXネオ]
JFX[MATRIX TRADER] キャンペーン比較 GMOクリック証券[FXネオ]
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る